<活動報告> 2018.10〜2018.12

  10月14日(日) おおさる山乃家 受託協力部会 ゲームの写真

 「ここに来る途中、道路で角が生えた鹿に会いましたよ。」という会話で始まったイベントでした。森の中で、「葉っぱじゃんけん」、落ち葉を傘に入れてクルクル回し落ち葉が降ってくる「落ち葉のシャワー」や「カモフラージュ」「ネイチャービンゴ」などの遊びをしました。
午後は、落ち葉をラミネートしてオリジナルのしおりを作りました。ワクワク、ドキドキ、驚きと感激に満ちあふれた一日でした。
講師は今井利之、五十嵐ルリ子、参加者は一般13名(子ども7名)、協会員8名でした。
(中村久和子)

会員資質向上研修5「シカ食害対策ネット巻き」

 10月21日(日) 赤城山厚生団地と外輪山尾根 総務企画部会
ネット巻きの写真

  協会員7名が参加し、赤城山厚生団地のウラジロモミをシカの食害から守るため、アミを巻きました。厚手のアミを使って40本ほど巻きましたが、手慣れたもので1時間ほどで終了しました。
昼食後、4名で出張山からの尾根伝いの木に薄手のアミで60本ほど巻きました。保護すべき木はまだまだありました。講師:櫻井昭ェ。
(櫻井)

自然体験事業C「竹炭を焼こう!クラフトも作う!」

 11月4日(日) インプリ広場 受託協力部会
竹炭焼きの写真

 秋晴れの下、炭焼きを行いました。保管していた竹を窯に入るように全員で切り分け、節を抜いたり割ったりして、窯に入れ、11時に点火。一般参加者は室内に移動し、竹のカトラリー作り。協会員は、宇多川さん作成の送風機を利用して、薪をくべました。
午後は、ランプシェードを作りました。2時頃、煙が透明になったので、火を止め、窯から取り出しました。出した炭の中には、青い色を放つ炭もありました。
 参加者は一般5名、協会員15名、講師は佐藤泰一郎、櫻井昭ェ、田村福次、大澤ひかるでした。
(吉田)

会員資質向上研修6 炭焼きとクラフト研修

 12月1日(土)、2日(日) インプリ広場 総務企画部会
炭焼きの写真  1日は17名が参加し、岩崎式ドラム缶窯を使ってシラカシとサクラの炭を焼きました。窯の長さに切り揃えた木をパズルのように隙間なく並べ10時半過ぎに着火、送風機の力を借りて薪を燃やしました。煙の色が変わった15時頃に火を止めて窯全体を密封しました。その間、手作りピザを焼き、クラフトは竹トンボ、篠笛、バードコールやネームプレート、リースを作りました。暖かく野外でのクラフトも気持ちよくできました。
翌2日は14名が参加し、炭の取り出しを行いました。多少崩れたものもありましたが 綺麗な炭が出来上がりました。
炭焼き講師は田村福次、櫻井昭ェ、佐藤泰一郎、吉田幸一、ピザ作り講師は櫻井陽子、クラフト講師は五十嵐ルリ子、大澤ひかるでした。
(萩原)

桜の里整備

 インプリの森部会
桜の里整備の写真  9月29日(土) 10名参加。午前中涼しく作業が進むも、午後から雨のため早期に終了。
10月13日(土) 11名参加。絶好の刈払い日和で作業が捗り、南北の一部が貫通しました。
10月20日(土) 11名参加。終日好天に恵まれ、今年度予定の刈払いが終了しました。
11月10日(土) 12名参加。過年度分も含め仕上げ作業と「ゴミ捨て禁止」の看板を立て、 3年間の作業が全て終了しました。参加された皆様、大変お疲れ様でした。
(酒井)

観音山ファミリパーク観察会

 県立観音山ファミリパーク 総務企画部会
観察会の写真  10月20日(土) テーマ「実りの秋」
講師:朝山洋子、坂井康良。参加者:一般10名、KFP1名、協会員7名。
参加者の声:「身近にこんなに沢山の種類の実が有ったことに驚いた。」「通学路に有る木の実の名前がわかってうれしい。」でした。
 11月24日(土) テーマ「葉痕と冬芽」 講師:住谷収、登坂璋典。参加者:一般3名、KFP1名、協会員13名。
参加者の声:「葉痕なんて気にして見たこと無かった。よく見ると可愛い!」また、クロマツの枝を見て、マツボックリができるまでの解説に聴き入っていました。
(大畠)

このページの先頭へ

Copyright © 2010 NPO Gunma Green Interpreter Society. All Right Reserved.
2010年11月1日更新