<活動報告> 2018.7〜2018.9

観音山ファミリーパークキッズ観察会

  7月21日(土) 県立観音山ファミリーパーク 総務企画部会 観察会の写真

 講師:関端孝雄、宇多川紘。
 参加者:一般4名、KFP職員1名、協会員13名。
 KFPの林の中と芝生広場で自然観察のビンゴをした後、室内でセミ抜け殻の観察と顕微鏡で植物観察をしました。参加者はセミの雌雄の識別が完璧にできるようになって嬉しそうでした。(大畠)

前橋市委託事業 @「森の中の生き物を見つけよう!クラフトも作ろう」

 7月22日(日) おおさる山乃家 受託協力部会
クラフトの写真

  今年度1回目の前橋市委託事業の自然体験活動をおおさる山乃家で行ないました。親子27名と協会員13名が、周辺の自然観察と流木や木の実などを使ったネイチャークラフトを通して夏の赤城山麓の自然を楽しみました。(中島)

自然体験事業@「木工を楽しもう」

 7月29日(日) あかぎ木の家 受託協力部会
木工の写真

 台風12号が関西地方を直撃し、前橋も強い雨が降ったり止んだりしている中、一般19名、協会員17名が参加して、CDラック作りを行いました。吉田卓一講師の説明の後、各グループに配置された協会員の助けも借りて、10個のCDラックが完成しました。細かいところまでこだわる子供もいて、協会員の巧みな指導で満足のゆく木工を楽しみました。(宇多川)

自然体験事業A「赤城の自然を楽しもう!」

 8月9 日(木) 赤城覚満淵周辺  受託協力部会
観察会の写真  赤城少年自然の家「夏の大冒険キャンプ」に集まった児童生徒43名とスタッフ7名を対象に協会員14名が 6班に分かれ、今年度から変わった6つの課題(赤城山の成り立ち、夏の昆虫、森を育てる土、水生生物、森の移り変わり、地中の根)を巡る自然体験学習を行いました。
 専門知識豊富な6名の講師 (亀井健一、須藤友治、関端孝雄、土屋清喜、浦野安孫、大谷正明)の課題に子供たちは熱心に、楽しそうに、取り組んでいました。(大澤)

前橋市委託事業A「川に入って生き物を見つけよう!水鉄砲を作って遊ぼう!」

 8月12日(日) おおさる山乃家と周辺 受託協力部会
川に入っての写真  一般24名(子供12名)、協会員10名が参加して、土屋清喜講師と田中和夫講師の指導で行いました。当日はおおさる川の水量が多く流れも強かったのですが、水生昆虫は多くの種類が見つかり、親も子供も楽しそうに分類していました。
 水鉄砲は毎年ピストン(水を押し出すシャフト)に改良がなされ、水の飛距離がのびて、子供たちは大喜びでした。講師は吉田卓一、五十嵐由記夫、大澤ひかるの3名でした。(吉田幸一)

わくわく子どもまつり

 8月19日(土) 前橋プラザ元気21 受託協力部会
巣箱作りの写真  「NPO住まいづくり相談室」の依頼により、協会員9名の指導で「小鳥の巣箱」作りを行いました。50キットの巣箱を用意しましたが、親子連れの来場者が次々と訪れ、全てなくなるほど人気がありました。(吉田幸一)




観音山ファミリーパーク観察会

 県立観音山ファミリーパーク 総務企画部会
観察会の写真 8月25日(土) テーマ「秋を探そう、昆虫も探そう」 講師:田中和夫、杉原隆。
クラフト工房裏庭を出発し、中央コース〜南コース〜寺尾城跡のルートで観察をしました。
雨上がりの晴天の下で、たくさんの昆虫が見られて、子供は大喜びし、大人は真っ赤なタマゴダケに驚き、食べられることを知り、再度驚きました。花や木の実も大変多く、充実した観察会ができました。
参加者:一般12名、KFP職員1名、協会員11名。(大畠)

観察会の写真 9月22日(土) テーマ「どんぐりの観察」 講師:亀井健一、田村福次。
園内の林でどんぐりを観察し、大人は説明に聞き入り、子供は夢中で拾い集めていました。工房に持ち帰ったどんぐりは絵を描いたり、どんぐりを切断して、中にいる虫(ハイイロチョッキリ)を見付けたりしました。
アンケートでは出席者全員が「楽しかった!!」でした。
参加者:一般11名、KFP職員1名、協会員15名。(大畠)

自然体験事業B「赤城の自然を観察しよう」

 9月9日(日) 赤城山 受託協力部会
観察会の写真  一般班は亀井健一講師と櫻井昭寛講師の2班に分かれ、覚満淵〜鳥居峠〜小沼一周の自然観察を行いました。霧で何も見えないため長七郎山登頂は諦めました。参加者の一人は「何度か来たことのある赤城山だけど今日は自然の解説があるので非常に楽しいです。」との感想でした。
 親子班は須藤友治講師の指導で覚満淵の自然観察と覚満川の生き物調べを行いました。
参加者は一般11名、協会員18名でした。(大畠)

桜の里整備

 インプリの森部会
森整備の写真  8月4日(土) 協会員11名参加。前回(7/28)が雨で中止となったため、今年度最初の 桜の里整備。恒例の安全祈願の後、終日刈払い作業を実施しました。
 8月25日(土) 協会員13名参加。天気に恵まれ、ひたすら刈払い作業を実施しました。
 9月15日(土) 協会員14名参加。小雨のため、インプリ研修所で、神宮開講師による刈払い機の安全講習を行いました。天気回復しなかったため、午後の作業は中止し解散しました。(酒井)

このページの先頭へ

Copyright © 2010 NPO Gunma Green Interpreter Society. All Right Reserved.
2010年11月1日更新