若松鉱山(鳥取県日野郡日南町湯河)  1/3   
                                 ・初 回 鉱山めぐりの日  2007年1月  1/3
                                 ・2回目 鉱山めぐりの日  同 年  9月  2/3  
                                                            3/3

鳥取と岡山の県境近くに若松鉱山というクロム(cr)を産出する鉱山があった。発見は19世紀後半ぐらいといわれているがよくは分からない。経営は「日本クローム工業」。閉山は最近で1995年(平成7年)頃。国内のクロム鉱山としては結構産出量の多かったヤマで一時は40%近くも産出していたと言う。私が行った時は2007年1月で積雪のためもっとも里に近い場所の選鉱所だけしか見られなかった。奥へは雪で入れませんでした。次回また行く機会があれば是非奥まで行きたいですね。


クロムの貯鉱所。写真真ん中の黒く積み上げているものがクロム。触ってみると"黒い砂"という感じ。 「若松鉱山」の看板の入った車両。ヤマは閉山と言うがクロムは採れているのか? 坑口周辺はキノコの栽培に使用中というが。


クロムの拡大写真。 これもクロムそのものです。


里に近い場所の選鉱所。見たところ全部木造?


上部のアップ写真。結構最近まで('95ぐらいまで操業)採掘していたのに建物は近代化などをしていないのか。内部の設備などの近代化は分からない。 これも最上部のアップ写真。やはり選鉱所自体が古いせいか全部木造だった。


施設を反対側から見たもの ここへ来るまでの道路。除雪が出来ている。が・・・


選鉱所から先はこんな調子。その為徒歩で。 でもしだいに雪が・・・20分ぐらい歩きましたがまだ先がありそうで、それに何となく冬眠のできない熊が出てきそうでこの辺りでUターンしました。今回はココまでです。

    1/3  TOP   NEXT