インターネット接続環境別の無線LAN導入パターン
無線LAN の構築と言っても何を準備すれば最も合理的なのかは、現在のインターネット
(1) デスクトップ機1台のみのケース
1台のデスクトップパソコンで ADSL や CATV の「ルータタイプモデム」、または FTTH
で 「ルータ機能のある回線終端装置」 経由でインターネットに接続しています。
インターネット
インターネット
■ ノートパソコンを追加
ノートパソコンを買ったので、この際LAN にしよう!どうせなら無線LAN が便利でいいな
と考える人は多いですね。この場合のイメージ図と、必要なものは次のようになります。
インターネット
インターネット
カード
無線アクセスポイント
・無線アクセスポイント
・無線LANアダプター・・・ノートパソコン用
・ハブ(LANポートが足りない場合必要に応じ)

 (注) 「無線アクセスポイント」ではなく、「無線ルータ」 を購入した場合は?
ノートパソコン1台のみのケース /無線LAN導入パターン ルータタイプモデム
かんたん無線LAN


導入前
導入
かんたん無線LANと小学校教育実践
◇必要なもの

接続環境によって異なります。
「かんたん無線LAN」 では、ルータタイプモデムでの有線LAN を 「無線アクセスポイント
の導入によって、有線LAN と無線LAN を混在させたネットワーク」 としています。
それでは、みなさんの現在のインターネット接続環境、機器はどうなっていますか?
ここで、よくあるパターンの例をあげてみましょう。
デスクトップパソコン
デスクトップパソコン
ノートパソコン
無線LAN 製品のWi-Fi
(ワイファイ)ロゴ とは?
無線ルータの売れ筋商品はこちら!
ルータタイプモデム
・ルーティング機能を
 内蔵しているモデム
ルータ
モデム
ルータ
モデム
AP
ハブ
ハブは LAN
ポートが足り
ない場合
ルータ
モデム
ルータ
 AP
となり「ルータ機能」が2重になって
しまいます。(2重ルータ)
この場合は一方のルータ機能をオフにして使用しましょう。
通常は、インターネット側から見て遠い方(無線ルータ)の
ルータ機能をオフ (アクセスポイントモード) にします。
<参考>モード切替の設定機能が無い場合は?
◇デスクトップ機を無線化するメリットはあまり無い
  ので有線のままにしておきましょう。
ブリッジタイプモデムを使用している場合は、こちらの図説へ!
インターネット、もっと使いやすく BUFFALO
インターネット接続は不要/アドホックモード はこちら!
ソフトウェアアクセスポイントは、こちらの図説へ!
IEEE802.11b/g/a /n
の相違点は?
FTTH の場合は 「回線終端装置」