本文へスキップ
 

【中小企業向け給与計算システム】と【サービス業、飲食業店舗向けposレジシステム】をスマホ対応でおすすめ

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)、スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム、予約管理機能付きサービス業(エステ・サロン)店向けposレジシステムのスマホ対応無料体験版システムをおすすめ

中小企業ソフトウェアサポーターのシステム製品『タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)、飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム、サービス業(エステ・サロン)向けposレジシステム』のおすすめの文字画像

 ●タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
  (勤怠管理システム) 『頑張れタイムカード給与計算』        
  9,800円〜のおすすめ                       
タイムカード・タイムレコーダーを廃止し、タイムカードからの入力担当者または勤怠時間計算担当者、更に支給額計算担当者といった従業員の方の業務を排除し、人手の不足している業務に携わっていただきます。
派遣業の中小企業様や出張、直行直帰等の頻繁な中小企業様では、スマホ・タブレットといったモバイル機器をご使用いただきます。従業員の皆様の現場からの勤怠状況(スマホ等モバイル機器での勤怠時刻)を送信していただくことにより、リアルタイムに本社のパソコン(タブレット)の給与計算システムで処理をします。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は、従業員様がパソコン(タブレット)に入力された出退勤(勤怠)データから勤怠時間計算(早出・残業・休日出勤等の時間計算)を自動計算後、各種手当(早出手当・残業手当・休日出勤手当等)、各種控除(社会保険料・源泉徴収税・雑費等)を計算し、給与支給額を自動計算して給与明細書を作成します。
賞与においても支払額と控除額より賞与支給額の自動計算を行い、賞与明細書を作成します。
更に、給与計算・賞与計算後は、以下の帳票及びデータを作成します。
 ・給与支給額集計表(支給額の正当性のチェックをします。)
 ・給与明細書(従業員に給与支給額を知らせます。)
 ・給与振込依頼書(給与振込時)若しくは給与金種表(給与現金支給時)
 ・賞与支給額集計表(支給額の妥当性のチェックをします。)
 ・賞与明細書(従業員に賞与支給額を知らせます。)
 ・賞与振込依頼書(賞与振込時)若しくは賞与金種表(賞与現金支給時)
 ・給与台帳(従業員への給与・賞与の支給記録簿)
 ・源泉徴収票(従業員に給与・賞与の総支給金額と確定税額を知らせます)
 ・被保険者報酬月額算定基礎届(社会保険料決定に関わる届)
 ・被保険者賞与支払届(社会保険料決定に関わる届)
 ・編集明細データ(エクセルでの統計に欠かせないデータ)等
また、コンビニや病院のようにシフト勤務で、人の手配が重要な中小企業様に必須の『シフト表』を装備していますので、人のやりくりも楽になります。

 【タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
     (勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』
             のシステム構成図】

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の標準的なシステム構成図の画像


 ●レストラン等飲食業向けposレジシステム               
  『グルメレジ』                          
  3,800円〜のおすすめ                     
レストラン・喫茶店・居酒屋等オーダー型の飲食業の店舗様ではオーダー受付(オーダーのスマホでの受付もできます)後、厨房にオーダー票を渡し、調理完了後に、料理と共にお客様への金額明細付きのオーダー票をお届けします。その後、お客様のお帰りの際のposレジでのお会計をオーダー票記載のオーダー番号で行っていただきます。勿論、追加オーダー・オーダーキャンセルにも対応しています。
洋菓子店・ベーカリー等の作り置き型の飲食業の店舗様では、オーダー票は使用しませんがお客様のご購入時にposレジでのお会計を売れ筋商品は数量のみを入力し、販売頻度の低い商品は、商品コードと数量を入力して行っていただきます。
どちらの形態の店舗様でも、レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』では、いわゆるレシートというものは作成しません。直接、お客様名・商品名・数量・単価・金額・消費税(平成31年度から導入の「店内飲食10%・持ち帰り飲食8%」消費税にも対応済み)記載の領収証を発行します。
閉店時には、日次精算業務をしていただき、売上額とレジ内の金銭の有り高との照合をします。結果は日次精算画面でも随時日別の一覧表で確認できます。
レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』では、お会計の売上データを基に以下の帳票及びデータを出力します。
 ・店舗日別売上表(日別の売上を商品別集計し総売上も計算します。)
 ・店舗月別売上表(月別の売上を商品別集計し総売上も計算します。)
 ・顧客分析表(期間を指定して売上を顧客別・商品別に集計します。)
 ・商品分析表(期間を指定して売上を商品別に集計します。)
 ・精算実施記録表等(日々の精算状況を一覧表にします。)
 ・編集明細データ(エクセルでの統計に欠かせないデータ)等

         【レストラン等飲食業向けposレジシステム
               『グルメレジ』
              のシステム構成図】

レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』の標準的なシステム構成図の画像


 ●サロン等サービス業posレジシステム                 
  『リラックスレジ』                        
  3,800円〜のおすすめ                     
リラクゼーショステ・サロン・理容院等の技術サービス業の店舗様には、スタッフの空き状況・指名を考慮した予約管理が行えます。お客様のお帰りの際にposレジでのお会計をご利用頻度の高いサービス商品は数量のみを入力し、ご利用頻度の低いサービス商品は、サービス商品コードと数量を入力して行っていただきます。
サロン等サービス業posレジシステム『リラックスレジ』では、いわゆるレシートというものは作成しませんが、直接、お客様名・商品・数量・単価・金額・消費税(平成31年度から導入の「店内飲食10%・持ち帰り飲食8%」消費税にも対応済み)記載の領収証を発行します。
閉店時には、日次精算業務をしていただき、売上額とレジ内のお金の有り高との照合をします。(結果は随時日別の一覧表で確認できます。)更に技術サービス店の多く見られるようになった「個人事業主」のスタッフの出来高日払い清算も行えます。(スタッフからの請求書と領収証とその控を発行します。)
posレジのお会計の売上データを基に以下の帳票及びデータを出力します。
 ・店舗日別売上表(1日の売上をサービス別集計し総売上も計算します。)
 ・日別売上表(1日の売上をサービス別スタッフ別集計します。)
 ・店舗月別売上表(1月の売上をサービス別集計し総売上も計算します。)
 ・月別売上表(1月の売上をサービス別スタッフ別集計します。)
 ・顧客分析表(期間を指定して売上を顧客別・サービス別に集計します。)
 ・商品分析表(期間を指定して売上をサービス別に集計します。)
 ・精算実施記録表(日々の精算状況を一覧表にします。)
 ・個人事業主スタッフからの請求書と控(日払いスタッフの代行発行)
 ・個人事業主スタッフからの領収証と控(日払いスタッフの代行発行)
 ・編集明細データ(エクセルでの統計に欠かせないデータ)等

         【サロン等サービス業向けposレジシステム
              『リラックスレジ』
              のシステム構成図】

サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の標準的なシステム構成図の画像


 ●個人向けパチスロ(ハナハナシリーズ)               
  シミュレーションゲームのおすすめ                 
パチスロはボーナス当選時の演出とコインを増やしていくことを楽しむ「確率」のゲームです。しかし、そこには、「設定」があり、その「設定」が起こす様々なボーナス当選状況をお金を使わず楽しんでいただきます。
今回は、『ハナハナ鳳凰』・『ニューキングハナハナハナ』・『ドリームハナハナ』・『ツインドラゴンハナハナ』の機種でお楽しみください。


 ◆各製品の【無料体験版】システムお試しのおすすめ          
どのような製品を購入される場合でも同様ですが、通信販売、カタログ販売は勿論、店舗での購入する場合においても「思い通りの機能があるのだろうか、使い勝手はどうだろうか」といった不安が付きまといます。質問をして回答を得たとしても、不安はぬぐい切れません。
思い切って購入してみると、「そういうことだったのか残念」「我慢して使おう」ということは少なくありません。
特に、システム製品は形がないだけに購入してからの問題は発生しやすいものです。
正に「百聞は一見にしかず」
私共の給与計算システム・posレジシステム製品においては、上記のような不安を最小限にして頂くために、何度でもお試しいただける無料体験版システムダウンロードとその無料サポートを実施しています。また、無料体験版での問題発生時には、サポートに留まらずバージョンアップ改善を実施し、再度無料体験版をお試しいただくケースもあります。
給与計算システム・posレジシステム製品をご検討の際には、私共の無料体験版のダウンロードをお試しください。
尚、各システムの無料体験版のダウンロード時には、貴店・貴社の情報は全く不要です。迷惑メール・迷惑電話もありません。
各システムの無料体験版をダウンロードしていただき、そこから地域「チャンピオン」を目指していただきたいと思います。

・タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
 (勤怠管理システム) 『頑張れタイムカード給与計算』
                        【60日間無料体験】
・レストラン等飲食業向けposレジシステム
 『グルメレジ』                【30日間無料体験】
・サロン等サービス業向けposレジシステム
 『リラックスレジ』              【30日間無料体験】
※ 無料体験版システムにおける操作方法等も無料サポート
※ アーカイブを解凍しなおせば、何度でも実施可能


 ◆中小企業ソフトウェアサポーターのシステムはタブレットでも おすすめ
中小企業ソフトウェアサポーターのシステム製品『タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)、飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム、サービス業(エステ・サロン)向けposレジシステム』が使用できるタブレットの画像
中小企業ソフトウェアサポーターのシステム製品
・『タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)
・『飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム
・『サービス業(エステ・サロン)向けposレジシステム』
は、パソコンだけでなくタブレットでもご利用できます。
そのため、以下のような環境での幅広いご利用がして頂けます。

  ・カウンターが狭くてパソコンが置けない。
  ・余計な機器を無くして、お店の雰囲気を大切にしたい
  ・操作者以外(お客様)に確認して頂きたい
  ・移動して操作したい


※ タブレットでご利用になられる場合、以下の点には十分お気を付けて、必ずご利用システムの『無料体験版』でお試しいただき、正常に稼働する事をご確認ください。

タブレットには、Androidタブレット、IOSタブレット、Windowsタブレットがあり、中小企業ソフトウェアサポーターのシステム製品はWindowsタブレットでのみご利用できます。
中小企業ソフトウェアサポーターのシステム製品はエクセルVBAで作成されており、モバイル版Officeは無料でインストールできますが、タブレットによっては編集ができないなどの制限があります。あらかじめMicrosoft Officeがプリインストールされているタブレットを選ぶと安心です。

タブレットで使えるMicrosoft Officeには、高機能な順から「Office Premium Home & Business」「Office 365」「Microsoft Office Mobile」の3タイプがあります。


 製品詳細案内・ダウンロードは下記のインデックスから



タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は経営管理要素の《人・金・物・情報》の《人・金・情報》を管理するの文字画像
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は経営管理要素の《人・金・物・情報》の《人・情報》を管理するイメージの画像 「管理」という言葉がありますが、中小企業様(大企業様も)では、「やり繰り」と考えるのが一般的ではないでしょう。
企業は、「利潤の追求」の目的を果たすために《人・金・物・情報》のやり繰りを怠ることはできません。
その営みの中で、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の役割は、《人》と《金》と《情報》の管理(やり繰り)=勤怠管理・給与計算とその支給・支給した情報管理に真剣に向き合うことです。

●《人》の管理(やり繰り)は 法律でも定められていますし、一般的には「勤怠管理」は以下のように認識されています。
   ~労働時間の把握
   ~正しい賃金の支払い
   ~従業員の健康管理

これはどちらかと言えば、従業員を保護するための制度のように思われますが、この勤怠管理を怠ると中小企業様(大企業様も)の3本の柱の1本が崩れ、「利潤の追求」ができなくなります。
だからといって、「法律で定められていることをしていれば大丈夫」という考え方をしていたら経営の行き詰まりとなります。
「必要な場所に必要な人材がいるか」を確認し、いないとしたら「何故いないのか」を考え、「その人材をどう確保するか」を決めて実行する。当然のことながら、そこには「人的な無理」が発生し、その無理に対しての正当な報酬(給与等)と休息が必要になります。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では、必要人材を確保するため、いつ・どこで・何人必要で、誰に従事させるのかを前もってスケジュール化しておきます。
その上で、緊急時に代理として誰を従事させるかを決定するためのツール【シフト表作成・調整】を搭載しています。さらに昨日から現時点にかけての24時間超の勤怠状況を従業員全員について部門別にまとめて【出退勤入力(パソコン(タブレット)でのタイムカード打刻)画面】から一覧で観ることができます。
この2つのツールを使って、緊急の対応ができます。そして、「人的な無理」に対して、休息を与え、給与計算機能で適正な給与を支給できます。
また、緊急事態自身も【出退勤入力(パソコン(タブレット)でのタイムカード打刻)画面】で、上記の従業員全員の昨日から現時点にかけての勤怠状況の一覧を観ることにより把握でき、「今、会社に誰がいるのか」「人的な無理」が発生していないか等も即時に分かります。

●《金》の管理(やり繰り)はいかに早く、従業員の勤怠から給与(賞与)としての支給に必要な金額を把握し、現金を準備して間違いの無いように支給することです。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では、専任者のタイムカードの入力が省け、給与(賞与)締め切り後には、即時に勤怠時間の自動集計を行い、その結果から、更に支給額を自動計算して総従業員の支給に必要な金額を知らせてくれます。
また、銀行振り込みでは、振込依頼票を作成し、銀行に持ち込む金額が把握でき、現金払いであれば、金種表にて、必要な紙幣枚やコイン枚数といったものを把握でき、各従業員毎に必要な紙幣枚やコイン枚数を知らせてくれます。

●《情報》の管理(やり繰り)は法律等で必要な情報はほぼ整理して(※1)、各月の総給与(賞与)支給額や給与(賞与)手取り額、詳細な項目に至るまでの情報を財務会計システムといったような他の業務システムで利用するためや給与(賞与)を経営戦略としてとらえて、エクセル等で分析して頂くための情報を提供いたしております。
(※1) 法律・社会保険で必要な帳票の中には、その場限りのコメントに近い情報を必要とするものが少なくありません。そのような情報については、その場で入力して頂くまたは、手書き処理をして頂く方法が効率的であるために全ての情報を管理致しておりません。

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をパソコン(タブレット)化する上での注意点の文字画像

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をインストールする上での注意点の画像1 1)入力の分散化と非重複化を行う
給与計算(勤怠管理)をパソコン(タブレット)で行う(電子化する)場合の最大のネックは人が行う「入力」作業です。
「入力」にとって大切なことは「ミスなく、時間と労力を費やさない」こと。
そのためには、発生源入力と入力の分散化を行うことが必要です。
給与計算入力(勤怠管理)担当者がまとめてバッチ入力するのは、専門家が入力するため、「入力ミスがない・効率が良い」と考える方がおられるかもしれません。
しかし、バッチ入力をするためには、現場でタイムカードのような報告書を作成する必要があり、それを入力するとなると二重の手間となります。
更に、発生源でなければ分からないミス(例えば、他人のタイムカードを押してしまった等)に気づかないで、給与計算入力(勤怠管理)担当者に渡ってしまうと結果(給与の支給)に大きなミスが出てしまいます。
また、個々の従業員が勤怠入力をするような分散化を行うことにより、入力が単純になり、ミスがおこりにくくなることや入力専門の知識や費用を無くすことができます。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をインストールする上での注意点の画像2 2)ミスを最小限に食い止める工夫をする
いくら、給与計算(勤怠管理)をパソコン(タブレット)で行う(電子化する)といってもミスを無くすことはできません。
「ミスは発生するもの」ということを忘れてはいけません。
大切なのは、ミスをしたことをいち早く認識して、早急に訂正することです。
給与計算システム(勤怠管理システム)にとって、「操作した直後にミスを知らせてくれる」「訂正がすぐにできる」このような仕組み(人間の運用も含めて)を創り上げることが必要です。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をインストールする上での注意点の画像3 3)情報の保護を行う
現代では、個人情報漏洩が社会にとっての大きな罪悪となっています。
給与計算(勤怠管理)においては「個人情報」そのものを扱います。
この給与(勤怠)に関する情報を扱うときにはその給与(勤怠)情報に対して責任の持てる立場の人が行わなくてはなりません。
従って、給与(勤怠)情報はパスワード等の保護をして、扱える人を制限しておく必要があります。
クラウドの給与計算(勤怠管理)をお使いでも、給与計算代行会社に依頼しているにしても、「個人情報の漏洩をしてはならない」ことを強く意識してください。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をインストールする上での注意点の画像4 4)万一の場合を想定しておく
万一の場合というのは、「ハードディスクが破損して、データが無くなってしまう」「ハードディスク以外の機器の故障で給与計算(勤怠管理)ができなくなってしまう」「回線の不良によって給与計算(勤怠管理)ができなくなってしまう」「給与(勤怠)情報取扱者がパスワードを忘れてしまう」等、様々なことが考えられます。
それらを洗い出して対策を用意しておかねばなりません。
●例えば、「ハードディスクが破損して、データが無くなってしまう」に対しては、日々のバックアップを一定のタイミングで行うことを業務化して2世代以上のバックアップを取っておく。
●例えば、「ハードディスク以外の機器の故障で給与計算(勤怠管理)ができなくなってしまう」に対しては、代替機を用意しておき、バックアップデータを使うことにより、給与計算(勤怠管理)業務が停止するのを防ぐ。
●例えば、「回線の不良によって給与計算(勤怠管理)ができなくなってしまう」に対しては、種類の違う回線を準備しておく(WI−FIと有線等)。
●例えば、「給与(勤怠)情報取扱者がパスワードを忘れてしまう」に対しては、「給与(勤怠)情報を扱う権限」のみを扱う権限を持つ人を作っておく等々。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をインストールする上での注意点の画像5 5)給与計算(勤怠管理)操作マニュアルを作成する
給与計算(勤怠管理)をパソコン(タブレット)で行う(電子化する)上での操作や運用といったものが必ずあります。
それを第三者が見て理解し、初めてでもそのマニュアルがあれば、給与計算(勤怠管理)業務が進んでゆくようなものが必要です。
いつもパソコン(タブレット)で行う(電子化する)給与計算(勤怠管理)業務を行っている担当者が、病気欠勤したり、給与計算(勤怠管理)業務の担当替えなどが発生した時に必須です。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をインストールする上での注意点の画像5 6)給与計算の新・旧システムの並行稼働を行う
パソコン(タブレット)の使用を問わず、給与計算(勤怠管理)の従来のシステムから新システムに移行するときには、新しい給与計算(勤怠管理)システムが、操作・運用が実践でうまく稼働するか、給与計算(勤怠管理)が正しいか等を確認するために、最低一か月は新・旧のシステムを稼働する必要があります。
何らかの理由により、給与の支給が給与支給日に間に合わないと大変です。
また、並行稼働することによって、新しい給与計算(勤怠管理)システムがうまく機能しない場合には、新しい給与計算(勤怠管理)システムの導入を断念し、従来の給与計算(勤怠管理)システムを続行する、別の給与計算(勤怠管理)システムを検討する等の思い切った対応が必要です。

※ 給与計算(勤怠管理)を電子化する時の注意点として述べましたが、これは、給与計算業務(勤怠管理)に限らず、全ての業務においての電子化の注意点です。私共の2つのposレジシステムにおいても同様の注意点となります。


タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)、飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム、サービス業(エステ・サロン)向けposレジシステムの機密保護と権限の文字画像

事業を営む上で、パソコン(タブレット)とシステムが存在すれば情報が発生します。その情報には価値があり、保護をしなければなりません。中小企業ソフトウェアサポーター(CKSS)は以下のようなポリシーを基にシステムをおすすめしています。

 ◆タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
    (勤怠管理システム)  『頑張れタイムカード給与計算』の場合

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』における機密情報と権限についての画像 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では各種の個人情報等重要な情報が取り扱われます。中でも従業員のマイナンバー(個人番号)は最重要情報です。このような業務においては、各業務毎に担当者が決まっているはずですから、その担当者が不在だからといって他の担当者が取り扱うなどというのは「誤情報の発生」・「情報漏洩」の元となり非常に危険です。
従って給与計算(勤怠管理)業務においては業務効率よりも機密保護を優先すべきです。
そこで、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では上図のように担当者別の業務の洗い出しと振り分けを行い、給与計算(勤怠管理)業務に携わる担当者にはIDとパスワードを設定(一般従業員の方は除外)し、その業務に権限を持って従事します。権限外の業務はできません。
しかし、いくら「業務効率よりも機密保護が優先」とはいえ、給与支給が遅れたり、税務支払いに支障が出てしまってはいけません。そのような場合には、一時的に「権限を管理する」立場の上司の権限で、遅れている業務遂行の権限を任意の方に与え、業務遂行後、「権限を管理する」立場の上司の権限で権限を外します。
更に、最重要情報の「マイナンバー(個人番号)」の取扱業務については、「マイナンバー(個人番号)」の取扱担当者2名の権限を必要としました。
このようにタイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では中小企業様にも大手企業に近い機密保護を実現しています。

 ◆レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』
  /サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の場合

レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』における機密情報と権限についての画像 レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』及びサロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』では業務効率を優先しています。 そこで、上図のように一般スタッフと経営者(店長等)の業務という2種類の業務に分けて、権限としては、経営者(店長等)のみが管理するパスワードを設定し、業務に従事します。従って、一般スタッフは、経営者(店長等)の業務には携われません。
このようにレストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』及びサロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』では、機密保護を無視はしませんが、緩やかな機密保護としております。

『大企業・中小企業を問わない給与計算(勤怠管理)を社内で行うメリット』の文字画像

 ◆企業の会計の構造
大企業・中小企業を問わず経営を行う上での会計の構造についての画像
大企業・中小企業を問わず、各事業を経営されていれば、会計の損益計算書が上記のような構造になっており、この損益計算書やその補助簿・統計表を作成し、その分析から企業の目的である「純利益」を増加させるプランを立て、アクションを起こされているかと思います。
その為に「売上」や「仕入」には日々神経を使い「粗利」の増加を目指されていることでしょう。
しかし、「一般経費」や「人件費(給与・賞与)」についてはいかがでしょうか。
精々「用紙の裏を使わせる」・「コピーを最小限の使用にとどめさせる」・「無駄な残業はさせない」といった抽象的な掛け声だけのアクションになっていませんでしょうか。
なぜこのような抽象的なアクションにとどまってしまうのでしょうか。
それは、「一般経費」や「人件費(給与・賞与)」では分析の基となるデータが財務会計のデータに依存しているからではないでしょうか。
「一般経費」は水道光熱費やガソリン代とかの月一度の請求書が届かないと分かりませんし、文房具やコピーなどに関しては、対象が細かすぎて売上に対しての貢献度が把握しきれない為です。
ところが、「人件費(給与・賞与)」はどうでしょう。
「人件費(給与・賞与)」の基データとなる「給与計算(勤怠管理)」というものは、自社で発生させたデータを処理するもので、日々管理しようと思えば管理できるもののはずです。
ただ、「給与計算(勤怠管理)をする人がいないから」・「月一回の給与支給だから」といって、社会保険労務士や税理士の先生方や給与計算代行会社に任せてしまっている為にせっかく日々報告されている「人件費(給与)」のデータを分析できないものだと決めつけてしまっていませんか。
そこで、従業員数100名以下の中小企業様へのおすすめです。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の導入をおすすめいたします。
 ◆メリット 1.
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』を導入することで、タイムカードやタイムレコーダーといったものは使用せず、出退勤(勤怠)報告は直接パソコン(タブレット)に従業員の方に入力していただき、そのデータを使うのです。(入力操作の簡便性・正確性については以下の【『頑張れタイムカード給与計算』は過剰機能をカット】で説明しております。)
但し、これで月一回の給与計算で終わらせてしまっては意味がありません。
必要な時(毎日でも結構です)タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の【タイムカード集計】と【給与支給額集計】を自動計算で行ってください。この随時(日次)の処理によって、月初めからの残業時間や支給予定金額が従業員別に出力され、全従業員の合計も出力されます。
この集計値の把握により、例えば、昨日までの「売上」と「人件費(給与)」が比較分析でき、残業時間等が適切であったかどうか、適切でなければ、どのように作業をすればよかったのか具体的に分析し、従業員に具体的な業務指導ができます。
 ◆メリット 2.
更に、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』を導入していただくことにより、現在タイムカードとタイムレコーダーを使った手の給与計算(勤怠管理)をしている中小企業様であれば、給与計算(勤怠管理)専任の担当者がなくせます。
また、給与計算(勤怠管理)を外部に委託している中小企業様であれば、委託費用の低減ができます。(社会保険労務士や税理士の先生方に決算処理やアドバイス、面倒な法定作業をお願いする費用は必要かとは思います。)

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は過剰機能をカットの文字画像
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)を利用して経営者と従業員が協力体制を作るイメージの画像 現在の技術では、以下のような タイムカード/タイムレコーダー機能搭載給与計算システム(勤怠管理システム)が開発され、実用化されています。
   ・指紋をはじめとするバイオテクノロジーで認証を行う
    給与計算システム(勤怠管理システム)
   ・ICカード等を使った媒体で認証を行う
    給与計算システム(勤怠管理システム)
   ・スマホを代表とする電子機器をかざして認証を行う
    給与計算システム(勤怠管理システム)

どれも素晴らしい給与計算システム(勤怠管理システム)です。どこの企業様でも一度は導入を検討されるかと思います。
しかし、中小企業と言われる企業様におかれては「給与計算(勤怠管理)のシステムそのものが高額である」・「認証するための機器が高価な物である」・「認証が厳しすぎて、本人以外の方が出退勤(勤怠)報告せざるを得ない場合にそれができない」・「認証ツールを紛失してしまった」等の壁があり、そこまでのハイテクノロジーな給与計算システム(勤怠管理システム)が使えないのが現状かと思われます。
かと言って、昔ながらのタイムカードをタイムレコーダーで「ガシャン」と押していたのでは、個々のタイムカードを入力担当者が入力して、それを集計担当者が集計をし、最終的に給与支給担当者が給与の支給額を計算する。
これでは、給与計算(勤怠管理)に人件費がかかりすぎます。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』はそのジレンマを解決しました。
現在、パソコン(タブレット)をお持ちではない企業様はほぼ皆無といっていいはずです。そして、一人・二人といった従業員数の企業様でも『Microsoftのエクセル』はご使用されているかと思います。仮にお持ちでないとしても、数万円で購入できます。キーボードが苦手な方であれば、バーコードリーダーを使用する必要があるかもしれません。しかし、それも3000円前後で購入することができます。
「でも、入力ミスが多くなるんじゃないの」と思われるでしょう。しかしタイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は、従業員の方が出勤または退勤で入力していただく項目を最小限の2回とし、氏名の文字と画像と音声の三点で確認していただきますから、タイムカードを打刻するより遥かに精度が高くなります。万一、入力ミスをしたとしても、タイムカードの時刻を消しゴムで消して書き直す感覚で修正できます。
従業員の方にとって、給与計算(勤怠管理)は間違いがあってはならないもので、いつも気にかけるものです。タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では、出退勤(パソコン(タブレット)タイムカード打刻)入力の画面で従業員の方がご自分の勤務状況を知るためにパソコン(タブレット)上のタイムカードを閲覧や印刷、PDFに出力してメールに添付しその従業員の方宛に送付することもできます。紙やインクや給与明細の袋を使う必要はありません。タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は資源に対しても優しい給与計算システム(勤怠管理システム)です。

フレックスタイム制や三交代制での給与計算も楽々
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)を利用してシフト勤務や三交代制勤務を行うイメージの画像 フレックスタイム制の導入や昼夜を問わない業種のため、勤務形態が複数できてしまって、毎月、給与の締め日から給与の支払日までの間、タイムカードとローテーション表と給与規定をひっくり返して、残業時間計算、遅刻時間計算をして、そこから残業手当・深夜手当等を計算して必死の思いで給与支払いを給与支払い日に間に合わせる。このような状況の給与計算となってしまい、給与計算(勤怠管理)の担当者の方は、給与計算(勤怠管理)のための残業や休日出勤となっていませんか。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は、このような状況を打破します。
三つの勤務パターンを持ち、従業員の出勤時刻を判断し、自動で勤務形態を決定します。三つの勤務形態はそれぞれ就労開始時間・就労終了時間・休憩時間を独自に持っていますから、早出・残業・深夜・遅刻の計算や手当の計算といった給与支給に必要な計算を自動で行えます。
また、給与計算では日をまたいだパターンも非常に厄介ですが、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では、出勤をした日付と時刻から24時間を1日の就労計算範囲と考えて勤務時間計算します。
例)1月21日の21:00:00出勤の場合、1月22日20:59:59までを  1月21日の就労日と考えます。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は、このような考え方で「給与計算(勤怠管理)」という業務を考えて作成されたシステムですから、非常に複雑な中小企業様の勤務形態の勤務時間計算・勤務手当計算も楽々こなします。
現代ビジネスでは、以前のような9時から18時までの稼働、土・日・祝は休業、というのでは、特に中小企業(小規模企業)様におかれましては生き残りが厳しいと思われます。どのような顧客のニーズにも応えられる体制が必要でしょう。それと同時に、今現在、求人状況が売り手市場となっており、給与・賞与というもので、従業員に報いていかなければならないと思います。
今現在、「我が社ではそんな複雑な勤務形態はありえないよ」と思われている中小企業様でも、従業員に複雑に働いて貰わないと生き残れない状況がやってくるでしょう。
導入されなくても結構です。
是非、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の無料体験版をダウンロードして頂き、60日間試してみてください。

 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)を利用しての勤怠管理・給与計算のシステム化は従業員が鍵の文字画像
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)を利用して経営者と従業員が協力体制を作るイメージの画像これから給与計算(勤怠管理)のシステムを導入して、効率化を図りたい、もしくは現在の給与計算(勤怠管理)のシステムを乗り換えて更に効率化したいとお考えの中小企業様へ恐縮ながらアドバイスさせていただきます。
新システム導入を成功するには「従業員の協力」が鍵となります。いくら、経営者の方が「給与計算(勤怠管理)を改善するぞ!」と言っても、従業員の方々の協力がない限り、途中で挫折するか、期待した効率化を得ることができません。
具体的には、従業員の協力が得られず、システムの総合テストが完了した後までも、従来のシステムを残しておかねばならなかったり、従業員のモチベーションが低いためにいつまでたってもミスが減らず、その訂正に明け暮れてしまうといった事象が起こります。
そのような事を避けるために経営者の方は、まず、「新しい給与計算(勤怠管理)システム」を導入するとどのようなメリットがあり、そしてそのために発生するデメリットがあるかを説明し、従業員の方々に理解して頂く必要があります。その後、従業員の方々の声に真剣に耳を傾けるのです。そして、経営者の方と従業員の方々共に「新しい給与計算(勤怠管理)システムの導入を成功させよう」という意識を高めてくださることです。
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は、このような取り組みをされている中小企業様を応援します。
『頑張れタイムカード給与計算』は、「パッケージシステムだから現状のまま売れれば良い。バージョンアップは最大公約数的な機能を付けて、再度販売すれば良い。」といった量販的な考え方をしていません。
色々な面で苦労されている中小企業様1社1社の皆様にタイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』を導入してよかったと思っていただくことを願っています。
そのような思いから、後述の『システムのカストマイズとバージョンアップ』にあるように、カストマイズのご依頼を真剣に検討し、中所企業の経営者の方と従業員のが協力して、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の導入を成功させていただきたいと思っております。

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では紙のタイムカードをパソコン(タブレット)へ入力しても使い易さが光るの文字画像

 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
 (勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』のタイムカード入力
             (補正)画面

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』のタイムカード入力(補正)の入力画面の画像 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』は従業員の方がパソコン(タブレット)操作で出退勤(勤怠)を入力していただくことを目標として作成されていますが、永年の習慣やパソコン(タブレット)にどうしてもなじめない方がいらっしゃる中小企業様は少なくないと思います。
そのためにパソコン(タブレット)での入出退勤(勤怠)入力がうまくできず、紙のタイムカードで出退勤(勤怠)を打刻していただいて、給与締め日以降にパソコン(タブレット)入力して頂く事をしなければならないかもしれません。
そのような事も考慮して、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では、紙のタイムカードをパソコン(タブレット)に入力する際の効率アップを考案しました。
 ・紙のタイムカードをパソコン(タブレット)へ入力する画面をタイムカードに似せました
 ・パソコン(タブレット)の入力画面の先頭を給与締切日の翌日(翌月度の初日)にしました
 ・入力しようとする日付に曜日を表示しました
 ・入力しようとする日付が休業日かどうか判断する表示をしました
 ・テンキー操作だけで入力できるようにしました
 ・出退勤(勤怠)入力の時刻は数字以外の文字不要としました
  例)0時05分の場合、 5 → 0:05 に自動変換します
    8時11分の場合、 811 → 8:11 に自動変換します
    20時23分の場合、 2035 → 20:35 に自動変換します
 ・入力の必要なセル以外の入力することができないようにしました
 ・入力不要な個所は【Enter】キーで次の入力個所に移動します
そのため、導入当初は、全ての従業員の方が紙のタイムカードを打刻するのも良し、一部の従業員のみ紙のタイムカードを打刻して他の従業員はパソコン(タブレット)で出退勤(勤怠)を入力するのものも良しとして、最終的に全従業員の方がパソコン(タブレット)で出退勤(勤怠)を入力するように、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』をご利用して頂くことをおすすめします。

給与計算代行会社様・社会保険労務士先生へのおすすめ

 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
     (勤怠管理システム) 『頑張れタイムカード給与計算』
         を採用して頂く場合のイメージ図

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』を給与計算代行会社様・社会保険労務士に採用していただいた場合の給与計算代行会社と給与計算委託会社の関係のイメージ図の画像
色々な事情があり、給与計算(勤怠管理)の委託をされる中小企業様があると思います。そこで、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』を導入していただき、給与計算代行会社(事務所)様と中小企業様との「給与計算代行」という業務委託のコストパフォーマンスを高くしていただくおすすめをいたします。
おすすめ内容としては、上図のように給与計算代行会社(事務所)様と委託される中小企業様にタイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』をインストールしていただきます。
その後、給与計算代行会社(事務所)様と委託される中小企業様との間で、どちらでどの作業(JOB)を行うのか・どのタイミングで互いの情報をやり取りするのかを取り決めていただきます。
後は、契約期間中、給与計算代行会社(事務所)様と委託される中小企業様が取り決めに従った作業(JOB)を同期をとって行っていただきます。
 ◆ 当おすすめのメリット
1)タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』のライセンスはパソコン(タブレット)1台に付き1つです。給与計算代行会社(事務所)様のパソコン(タブレット)1台の中に何社の給与計算(勤怠管理)の情報が入っていても1つのライセンスで導入できます。
2)給与計算代行会社(事務所)様と給与計算(勤怠管理)を委託する中小企業様は同一のタイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』を導入するので、作業(JOB)分担が明確になります。
3)情報のやり取りがエクセルブック・pdf文書でできるため、便利です。
4)給与計算代行会社(事務所)様に存在する、給与計算(勤怠管理)を委託している各中小企業様の情報は、フォルダにより分けられて、その中のエクセルブックに全て入っているため、依頼主の中小企業様同士の情報が完全分離しています。1つの中小企業様の全情報を移動させたり、削除したりの操作が物理的に簡単です。
※ 上記 4)を拡大運用をすると、契約終了後、給与計算代行会社(事務所)様の持っている給与計算(勤怠管理)を、そのままの状態で、委託している中小企業様のパソコン(タブレット)に移して運用して頂けるということです。その逆も可能です。(但し、このような運用を行うにはライセンス上の制約があるため専用のサポートが必要になります。詳細については別途対応させていただきます。)
上記のようなメリットがあるため、給与計算代行会社(事務所)様は委託される中小企業様に、コストパフォーマンスの高いサービスを提供できます。

『グルメレジ』・『リラックスレジ』の割引・値引は販促の切札
  A)レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』
  サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』
         の割引・値引入力画面

レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の割引・値引入力部分のの画像
  b)レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』
  サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』
         の割引・値引コード画面

レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の割引・値引コード表の画像
レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』には、B)図のような割引コード画面・値引コード表から、A)図のような割引コード・値引コードを入力して頂くシステムになっています。
割引・値引というのは理由別に分類すると「マイナス理由」と「プラス理由」とに大別できます。
「マイナス理由」とは例えば洋菓子店を例であれば、型崩れの商品を購入してもらう・賞味期限間近な商品を購入してもらう等、貴店に問題点が在り、それを補うための割引・値引です。
逆に「プラス理由」とは、一周年記念アニバーサリーや3,000円以上お買い上げ時に付与するといったような現在から将来にかけての売上(粗利)を伸ばすための割引・値引です。
「マイナス理由」による割引・値引は店のイメージをマイナスから「0」に戻すためのもので、従業員の教育・訓練といった行動が必要になることはすぐに理解できることと思います。
では「プラス理由」による割引・値引というのは、どのようなものかというと、P=プラン・D=実施・C=確認・A=アクションという、「PDCA」の考えのもとに実施しているものと考えます。
その中のP=プランについては、D=実施である割引・値引をしている段階では、「500円毎のスタンプキャンペーンを実施してみよう」とか「地域情報誌に存在を知ってもらうために割引をしてみよう」といった具合に、実施済みのはずです。では、C=確認・A=アクションという点についてはいかがでしょうか。多くの店舗様ではC=確認ができていないのではないでしょうか。従って、C=確認の結果分析によって、次の段階である正しいA=アクションに結びつかないのが現状ではないかと推測します。割引・値引というのはコストであり、店舗にとっての売上(粗利)を伸ばすための『切札』です。
割引・値引の場合には、「詳細な理由」・「いつ」・「誰に」・「いくら」の情報を正しくposレジに入力し、現在から、1週間先、1か月先・・・と売上(粗利)推移を確認していく必要があります。そして、その結果を検討して次のA=アクションを起こしてください。そして、このサイクルを回してください。
必ず、良い結果が出るでしょう。
レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』はその効果を意識して、上図A)b)のような機能を持つposレジ画面を作成して、そのposレジデータを【戦略基礎情報】シートに集約する仕組みになっています。そして、レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』自体が、その【戦略基礎情報】の集約データを分析するためのシステムである『エクセル』で開発されているのです。
エクセルでposレジシステムが作成されていることの意味合い(メリット)は、後述の『エクセルプログラムは最強の武器』でご確認ください。

レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』は大手チェーン店並みの機能を搭載の文字画像
レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』は大手チェーン店並みの機能を搭載のイメージの画像 一度は大手の飲食チェーン店に足を運ばれたことがあると思います。
スタッフがオーダー専用受付端末を持ってオーダーを受付、厨房にオーダー伝票を流し、オーダー品と共にお客様に明細金額の入ったオーダー伝票をお届け、そしてそのオーダー伝票でお客様がposレジ会計をされる。
大手のチェーン店は資本力がありますから、このようなオーダー受付からのposレジ会計が行えるのです。では、このようなシステムは資本力で劣る小規模な飲食店様ではできないのでしょうか。
複写伝票を使ってオーダー受付を手で行えばできますが、オーダー品目が多くなってオーダー伝票に料金まで記載するとなると大変な作業です。更に、追加オーダーやキャンセルが発生して、その伝票でお客様にレジ会計をしていただこうとすると、「何が」「いくらが」正しいのか分からなくなってしまいます。
そんな状況を解消すべく、小規模な飲食業店舗様にも、大手チェーン店並みの飲食業向けposレジとして使っていただくためにレストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』は生まれました。
レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』は専用のオーダー端末の代わりにスマホを使います。オーダー専用プリンターやレジ会計専用のサーマルプリンターに代えて5000円程度から販売されている汎用プリンターで結構です。キーボードの苦手な方でもコンビニのようにバーコードリーダーが使えます。そのバーコードリーダーは3000円前後から購入できます。オーダーの追加やキャンセルもその伝票番号を入力するだけでいいのです。posレジ会計の際にお持ち帰り品があっても、posレジでのお会計時の追加入力が可能です。更にうれしいのは、平成31年に改定される消費税は、店内飲食と持ち帰りの商品の消費税が10%と8%と分けて計算しなければいけないのですが、それができるのです。そして、領収証にも明確に税率の違いが分かる消費税の内訳が記載されて、税務上も問題ありません。
パソコン(タブレット)と『Microsoftのエクセル』をお持ちでしたら、3800円〜のレストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』の無料体験をおすすめいたします。

レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』は人気商品は数量を入力するのみの文字画像
レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』は簡単な操作でレジ会計ができるのイメージの画像 レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』のオーダー受付、posレジでのお会計の際、人気商品については数量のみ入力すれば、金額・消費税を計算してくれます。
更に、画面にスクリーンキーボードを表示させておけば、邪魔なキーボードは不要。マウスだけで数量入力ができて、オーダー受付、posレジでのお会計が完結できます。
逆に、「マウスよりキーボード操作の方が早くできます」という店舗様は、画面上のボタンがファンクションキーに割り付けられておりますから、該当のファンクションキーを押下することで、マウスを使わずキーボードだけでオーダー受付、posレジでのお会計が完結できます。
また、入力をしてはいけないセルについては、入力が拒否され、【Enter】キーのみで入力個所が移動していきます。
尚、当機能はレストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』と同様にサロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』にも搭載しています。

サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』はスタッフへの日払いの強い味方の文字画像
サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』はスタッフへの日払いの強い味方のイメージの画像 技術サービス提供を商品とされる、リラクゼーションやネイルやサロン等の業界では、個人事業主の方をスタッフとして採用されている場合が多くなってきていますね。それも外国人のスタッフが増えてきた関係で日払いスタッフが増加しているようです。サロン等サービス業向けposレジ『リラックスレジ』はそんなニーズに応えました。スタッフ毎の一日の報酬を計算し、請求書と領収証を出力し、金銭の授受を明確にしてくれます。
更にサロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』にはスタッフを意識した予約管理機能がついています。本体システムであるposレジ会計とは独立していますから、キャンセルや予約時刻の変更も自由にできます。
パソコン(タブレット)と『Microsoftのエクセル』をお持ちでしたら、3800円〜のサロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の無料体験をおすすめいたします。

サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の予約管理は使える!の文字画像
サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の予約管理は使える!のイメージの画像 サロン・リラクゼーション等の技術サービス業では、当日や翌日以降の予約・スタッフ指名が多々発生している事と思います。一人でお店を運営している場合であれば、その予約もメモを使うなどして管理できるでしょう。しかし、二人以上のスタッフになるとどうでしょうか。予約がダブってしまったり、予約依頼が発生した時に、その予約が受けられるかどうか完全に把握できているでしょうか。こんな状況にサロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の予約管理が以下のように機能します。
 ・予約依頼日の出勤スタッフ・スタッフ別予約状況が視覚化確認できる
 ・予約依頼の日時に、予約が成立するか自動的に判断する
 ・予約のキャンセルや移動ができる(移動の可否も自動判断)
 ・予約のスタッフの指名・スタッフ変更ができる(変更の可否も自動判断)

サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の予約管理を使いこなしてお客様からの予約依頼に最適なご案内を差し上げてください。

タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』におけるミス(間違い)は直ぐに発見直ぐ訂正の文字画像
 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』におけるミス(間違い)は直ぐに発見直ぐ訂正のアニメ画像<a><br>
            <br>
            有線(イーサネット)・無線(WIーFI)を問わず、また、特定のサーバーを持つ・持たないを問わずパソコン(タブレット)間でデータを共有することにより、上記の図のようなシステムを構築することが可能です。<br>
            2階・3階のお客様には、オーダー内容と金額を明記したオーダー票をお渡しせし、1階でオーダー票に記載のオーダー番号を入力、もしくはバーコード入力することにより、スムーズなお会計ができます。<br>
            また、1階ではオーダー票を発行せず、直接お会計ができます。<br>
            更に、どちらの形式でのお会計でもレシート代わりの領収証が発行できます。<br>
            是非、レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の【LAN対応版】を30日間無料体験していただき、理想の飲食業posレジシステム・サービス業posレジシステムをご検討ください。<br>
            <br>
            <span style=
世の中のにミス(間違い)はつきものです。パソコン(タブレット)システムでの給与計算システム(勤怠管理システム)・posレジシステムにおいても同じです。では、そうした時にどうしたらよいのでしょうか。
基本は、気づいたときには上司に「即時」報告、上司の指示に「即刻」従い訂正することです。そうして、業務やパソコン(タブレット)システムの内容をいつもクリーンな状態に保っておく必要があります。
では、どのようにしたら、ミス(間違い)は防げるのでしょうか。
それは、1つ1つの業務を丁寧に確認することです。そのためには、良識あるパソコン(タブレット)システムを導入している場合、その助けがあります。例えば、入力ミスをしたときの「赤いメッセージ」・「エラーである旨のビープ音」のようなものがそれに該当します。
そして、それは、良識意識の高まるにつれて、高度なものになっていきます。
例を挙げると、一般の給与計算システムでは、二重打刻のエラー程度は教えてくれるでしょう。しかし、打刻忘れはどうでしょうか。
通常のタイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』では、そのような事にも気を使っています。以下は、勤怠入力時におけるその機能例です。
  1)本日の出勤打刻が無いのに、本日の退勤打刻をした。→エラー警告
  2)前日の退勤打刻が無いのに、翌日の出勤打刻をした。→エラー警告
  3)1)2)と同様に、外出・外出戻りも含めてエラー警告としています
  4)名前・画像・音声での本人確認
  5)前回の打刻区分と時刻を表示して、今回の打刻区分の妥当性を確認
  6)全社員の打刻状況が一覧で見える【勤怠状況確認】表の表示
  7)各従業員別にタイムカードが見える【タイムカード確認】表の表示

これらの機能がついているために、一時的に打刻行為が遅れることもあるでしょうが、気づかずに締日を迎えてそこで訂正するのでは、記憶が消えていたりして、正しい勤怠管理ができるとはいいがたいものになります。ましてや、気づかずに給与支給をしてしまったとしたら、大変なことになります。
少し時間をかけても確認はしましょう。

 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』の無料体験版システムが語りますの文字画像
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』の無料体験版システムが語りますのイメージの画像 前述の[◆各製品の【無料体験版】システムお試しのおすすめ]でも述べていますが、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』・レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』の真の詳細が実操作でご確認いただけます。
高額なシステムであればデモンストレーションや説明会を開催して貰ったりとお願いをすることも可能でしょう。しかし、それにも限界はあります。
しかし、60日間または30日間の無料体験システムがあったらどうでしょうか。それも納得のいくまで何回でもできたなら。
無料体験のシステムは正規版システムに移行後もすべての情報を引き継ぎますから貴中小企業様・貴飲食業店舗様・貴サービス業店舗様自身の生の情報をそのまま入力していただけます。
すると、無料体験のシステムは導入後の現実を見せて、以下を行ってくださいと語ってくれます。

1)疑問点の洗い出しと質問事項をまとめて中小企業ソフトウェアサポーターに回答を求める
2)余計な機能と不足の機能を洗い出して、まずは必要な機能でシステムの運用を考える
3)不足機能を補わないと運用ができない場合、中小企業ソフトウェアサポーターにシステムのバージョンアップまたはカストマイズを相談する
4)システムの運用が決定すれば、図式化してみる
5)具体的なシステムの運用で、いつ、どこで、だれが、なにをするを文章化してみる
6)イレギュラー事項を思いつく限り洗い出してみる
7)イレギュラー事項の対策を練る
8)上記より、システム運用マニュアルを作成する
9)一部でシステム運用を開始して、評価する
10)満足のいく評価であれば、全体でおシステムテストを実施し、評価する
11)中小企業ソフトウェアサポーターにシステムの発注をする


上記のように、購入せずに無料で総合的なシステムテストまでできてしまいますから導入の失敗が避けられます。

また、上記で述べていますが、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』のご購入と同時のカストマイズ、エクセルで開発したい新規プログラムについてのご相談を承ります。

【ご参考】
・各システムの体験版でのお問合せ・サポート・ご相談・お見積もり・ご購入は「お問い合わせ」・「ご購入の流れ」のページにて無料で承ります。
・上記の各無料体験版は、パソコン(タブレット)、エクセル、プリンターがあれば稼働します。(【パソコン版】以外の無料体験版は、アクセスも必要となります。)
・上記のイレギュラー事項での不慮の事故等によるシステム復旧等のメンテナンスをご希望の場合は正規版での有償サポート料の3000円/年(税込み・送金手数料別)でお受けいたします。(但し出張は別途お見積もり))

 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』のシステムのカストマイズとバージョンアップの文字画像
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』のシステムのカストマイズとバージョンアップのイメージの画像 ・タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』
・レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』
・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』
・パチスロシミュレーションゲームシステム『ハナハナシリーズ』
に於きましては、基本、有料として、以後の無償バージョンアップも受けられないことになっています。
しかし、カストマイズ依頼の内容によりますが、まずは、他のユーザー様でも有効になるようであれば、システムに組み込む。それが出来なければ更に踏み込んで、カストマイズをカストマイズしてシステムに組み込んで他のユーザー様に有効なシステムとならないかに考えます。そのように考え、カストマイズの無料化と無償バージョンアップとを受けて頂こうと努力しております。しかし、完全に矛盾するようなカストマイズ依頼や、完全にシステム構築ポリシーから外れるカストマイズ依頼については、残念ながら、有料として、以後の無償バージョンアップも受けられないことになりますのでご理解賜りたくお願いいたします。

 タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』を作成している『エクセルプログラム』は最強の武器の文字画像      
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』/サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』/レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』を作成している『エクセルプログラム』は最強の武器のイメージの画像 「まだ、エクセルで給与計算してるの」・「エクセルで給与計算してるから間違えるんだよ」などと良く聞きますが、それはエクセルを単に『表計算システム』として使い、それを人の手で加工して、張り合わせるような使い方をしているからでしょう。私共の
・タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム
 (勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』
・サロン等サービス業向けposレジシステム
 『リラックスレジ』
・レストラン等飲食業向けposレジシステム
 『グルメレジ』

という各システムは、「VB」や「C++」といった言語と同等のエクセルの「VBA」という立派な言語で作成されており、オブジェクト指向プログラムとして扱われ、「システム設計」の中での位置づけがなされています。
そして、システムの最終形としてのデータを出力し、そのデータは貴中小企業様・貴飲食店様・貴サービス業店様が必要とされる分析表やグラフを『表計算システム』で作成して頂く元データです。この点をまずご理解しておいていただきたくお願い申し上げます。

   クーポンや各種値引が売上をどれだけ押し上げてくれてるの?
   男性と女性の売上の比率は?
   売上の落ち込む曜日は何曜日?
   売上の伸びない時間帯は?
   割引や値引きの割合は?
   粗利はどうなってるの?


こんな独自の疑問を即解決できるのは、上記説明のシステムの最終形としてのデータがあるからです。
皆様は身近な表計算システムとしての『エクセル』でピポットテーブル、ピポットグラフ、各種書類を作成したり、操作していらっしゃいませんか?その作業をすればよいのです。
アプリケーションパッケージシステムでは、どんなにたくさんの資料を揃えたシステムを見ても貴中小企業様・貴飲食店様・貴サービス業店様の思った通りの資料を揃えたシステムは簡単には見つけられません。
また、エクセルでほしい資料を独自に作成しようとすると、元のシステム(給与計算システム(勤怠管理システム)やposレジシステム)が必要なデータをCSV等でエクスポートしてくれてないといけません。
ところが、エクセルのVBA言語で作成されたシステムは、元々エクセルシートにデータを持っていますから、単にコピー&ペーストで貴店・貴社の思い通りのブックのシートに移せます。そして、エクセルツールでさくさくと加工できます。
また 画面サイズ・画面分割・印刷サイズ等々の本来の業務機能以外の細かなカストマイズもエクセルの標準機能でご利用者様自身で行うことができます。
ほんの少し、エクセルの勉強をして頂き、少し工夫をして頂ければ、給与明細や賞与明細や源泉徴収票でもpdfに出力し、メールに添付できます。

特筆すべきは、OneDrive・エクセルオンライン等のクラウドツールとエクセルのブックとの共有機能を使用して、スマホ・タブレット・MAC等の端末とWindowsパソコン(タブレット)上のエクセルのブックとのデータ交信が可能であることです。
これらの特徴は、大手チェーン・大企業等が多額の費用をかけて実施している機能で、エクセルのVBA言語システムである私共の各システムは、貴中小企業様・貴飲食店様・貴サービス業店様にとっての最強の武器となりえます。

更に、有償(年額3000円)ではありますが、有償サポート契約をしていただいている方には、「エクセルのVBA言語システム(プログラム)のソースコード」の解放はできかねますが、「エクセルのVBA言語システムの設計レベルの仕様」については解放させていただきます。
「エクセルのVBA言語システムの設計レベルの仕様」の解放とは、例えば、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』であれば、従業員の出退勤(パソコン(タブレット)でのタイムカード打刻)時刻はエクセルのどのブックのどのシートに記憶されているか、出退勤(パソコンでのタイムカード打刻)入力画面の時刻はどのように表示しているか等のご説明を差し上げることです。
また、レストラン等飲食業向けposレジシステムの『グルメレジ』であれば、各帳票・データの基本となる売上明細データはクセルのどのブックのどのシートに記憶されているか、バーコードはどのようにして表示しているか等の技術的なレベルまでご指導いたします。(但し、「エクセルのVBA言語システムの設計レベルの仕様」に無いことについてはサポートできません。)
この「エクセルのVBA言語システムの設計レベルの仕様」の解放によって、ご自分でエクセルを使って(エクセルVBA言語やマクロの使用をする・しないを問わず)、新たな帳票作成やデータ加工をされる場合に非常に容易になります。
また、エクセルというシステム自体、そのような仕様のシステムです。

※ エクセルでピポットテーブル・グラフを手操作で作成する方法については
  「中小企業ソフトウェアサポーターのツイッター」で動画にてツイートし
  ておりますのでご参考になさってください。

『LAN環境で共有できること』の文字画像
 LAN導入飲食店でのオーダー及びposレジ会計の例
 スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム『グルメレジ』でLANを使用して複数フロアのオーダー処理後にお客様が一括お会計をされた場合の画像

有線(イーサネット)・無線(WIーFI)を問わず、また、特定のサーバーを持つ・持たないを問わずパソコン間でデータを共有することにより、上記の図のようなシステムを構築することが可能です。
2階・3階のお客様には、オーダー内容と金額を明記したオーダー票をお渡しせし、1階でオーダー票に記載のオーダー番号を入力、もしくはバーコード入力することにより、スムーズなお会計ができます。
また、1階ではオーダー票を発行せず、直接お会計ができます。
更に、どちらの形式でのお会計でもレシート代わりの領収証が発行できます。
是非、レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』・サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』の【LAN対応版】を30日間無料体験していただき、理想の飲食業posレジシステム・サービス業posレジシステムをご検討ください。

※ レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』/
  サロン等サービス業向けposレジシステム『リラックスレジ』
  【LAN対応版】の30日間の無料体験版を
  ダウンロードしていただきますと
  現在LAN環境をお持ちでないお店様用に 
   ・無料でパソコンでのデータ共有を行うための【簡単LANの構築】
  を同梱しておりますので、ご一読ください。

『オンライン環境で入力できること』の文字画像
LAN・スマホ導入レストランでのオーダー及びposレジ会計の例
スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム『グルメレジ』でスマートフォン・LANを使用してオーダー受付から厨房への依頼を経てお客様がお会計をされた場合の画像

貴飲食店様では、お客様のごオーダーを記憶、もしくは、手書きのオーダー票を使用して承っていらっしゃいませんか?
記憶間違いや厨房への伝達ミスがあったり、お客様が「会計までオーダー金額が分からない」そのようなことが現実に起こっていませんでしょうか。
スマホ等の端末でお客様のごオーダーを入力して、復唱確認後、パソコン(タブレット)から出力されるごオーダー票を厨房とお客様にお渡しする事によってそのような事態が避けられます。
また、お会計でもオーダー票の番号を入力、もしくはバーコードを読み取ることで正確でスムーズな会計が行えるようになります。
勿論、お会計時には消費税の内訳が分かるレシート代わりの領収証をお渡しできます。
もう、大手チェーン店には、負けません。
是非、レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』の【スマホ対応版】を30日間無料体験していただき、理想の飲食業posレジシステムをご検討ください。

※ レストラン等飲食業向けposレジシステム『グルメレジ』【スマホ対応版】  の30日間の無料体験版をダウンロードしていただきますと
  現在LAN環境とオンライン環境ををお持ちでないお店様用に 
   ・無料でパソコンでのデータ共有を行うための【簡単LANの構築】
   ・無料でスマホ等でのデータ入力を行うための【『グルメレジ』
    OneDrive版 設定と操作】
  を同梱しておりますので、ご一読ください。



スマホを使用して出先からの給与計算の為の出退勤(勤怠)入力の例
タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』にてスマートフォン(スマホ)を利用して外出先から出退勤入力(パソコン(タブレット)タイムカード打刻)をして本社にてデータ処理を行う場合の画像

いつも、会社に不在の方、たまに会社に寄らないで仕事を開始される方、どうしていらっしゃいますか?
「電話でタイムカード打刻依頼する」、「後日担当者に報告する」ではありませんか?
派遣従業員の方は、出退勤(勤怠)の報告はどうされてますか?
「手書きで報告書に記載している」、もう少し合理的に「エクセルで報告書を作成する」ではありませんか?
事後や人への依頼は間違いのもとです。「エクセルで報告書を作成する」の形式でも再入力等の二度手間になるでしょう。
自分の給与を得るためには出退勤(勤怠)の管理も大切な仕事です。
今はスマホの時代。従業員も、労務管理者も、経営者も正確でシンプルな出退勤(勤怠)入力を目指しませんか。
是非、タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』の【スマホ対応版】を60日間無料体験していただき、理想の出退勤(勤怠)入力と中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)をご検討ください。

※ タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム  (勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』【スマホ対応版】
  の60日間の無料体験版をダウンロードしていただきますと
  オンライン環境ををお持ちでない会社様用に 
  無料でスマホ等でのデータ入力を行うための
   ・【『頑張れタイムカード給与計算』OneDrive版 設定と操作】
  を同梱しておりますので、ご一読ください。

『参考画像』の文字画像

各種分析グラフ
【タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム『グルメレジ』・予約管理機能付きサービス業(エステ・サロン)店向けposレジシステム『リラックスレジ』】の開発システム「エクセル」が標準装備しているピポットグラフを利用した売上解析円グラフ画像【タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム『グルメレジ』・予約管理機能付きサービス業(エステ・サロン)店向けposレジシステム『リラックスレジ』】の開発システム「エクセル」が標準装備しているピポットグラフを利用した売上解析棒グラフ画像
【中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム『グルメレジ』・予約管理機能付きサービス業(エステ・サロン)店向けposレジシステム『リラックスレジ』】の開発システム「エクセル」が標準装備しているピポットグラフを利用した売上解析折れ線グラフ画像【タイムカード/タイムレコーダー機能搭載中小企業向け給与計算システム(勤怠管理システム)『頑張れタイムカード給与計算』・スマホ対応飲食業(レストラン・喫茶)店向けposレジシステム『グルメレジ』・予約管理機能付きサービス業(エステ・サロン)店向けposレジシステム『リラックスレジ』】の開発システム「エクセル」が標準装備しているピポットグラフを利用した売上比率解析グラフ画像

スクリーンキーボード(『リラックスレジ』『グルメレジ』標準装備)
レストラン等飲食業向けposレジシステムとサロン等サービス業向けposレジシステムが搭載しているWindows標準装備のスクリーンキーボード画像



                 当サイトのリンクバナーはこちらから

中小企業
ソフトウェアサポーター

〒493-8003
愛知県一宮市北方町中島字南辻ノ内20−45
ナビタウン一宮マンション807号

    三輪 明弘

お問合せ・お見積もりは下記に

TEL
080-9724-2434
MAIL zan09934a.fox@orange.zero.jp

プロフィールへのリンクボタン画像

 製品案内へのリンクボタン画像

お問い合わせへのリンクボタン画像

ご購入の流れへのリンクボタン画像

エクセル/Windows-OS情報ボタン画像

 給与支給計算に関する知識ボタン画像

  posレジに関する知識ボタン画像


『中小企業ソフトウェアサポーター(CKSS)』ツイッターへのリンク画像
copyright©2017中小企業ソフトウェアサポーター(CKSS)