競技役員は、次の事柄について監督・コーチ・競技者に対し、十分徹底するよう伝達・指導し、
 競技会運営の円滑化を図ることが大切である。
1.監督・コーチは、競技会要項の決定事項を確認の上、競技会前の監督者会議に必ず出席し、
 決定された指示や要望事項を競技者に確実に伝達すること。
 また、競技者はその指示および要望事項を遵守すること。
2.招集所には、指定された時間から必ず集合すること。
 集合していない場合は棄権と見なされる場合がある。
3.一時的に競技能力の上昇を図る目的で、薬品または嗜好品等を用いないこと。
4.作為により自己の競技能力を低下させないこと。
5.招集所からスタート台までの誘導は、招集員が行うのでその指示にしたがうこと。
6.競技中は、次の競技者はスタート以前に水に入らないこと。
 (これに違反すると失格として競技から除外される)
7.スタート台後方にある競技者用椅子に、ウェア、タオル等をかけないこと。(用意された衣類箱等に納める)
8.競技者紹介に際しては、椅子から立ち上がり一歩前に出る。
−出発の用意−
9.出発合図員の「用意」の号令が発せられたら、直ちに構えること。
 構えたらピストルが鳴るまで静止していること。
 (作為によって遅らせた場合は、他の競技者を妨害することになる。)
10.全自動装置を使用している場合は、タッチ板の有効面内に十分な圧力でタッチし、装置を作動させること。
11.ゴールしたら、速やかに水から上がること。
 特にリレーの場合は、引継ぎの判定、ならびに全自動装置の作動を妨げないように注意すること。
12.競技が終了したら、競技者は速やかに退場すること。
 (計時員に記録時間を聞いたりしないこと)
13.入賞者は、表彰式の進行に協力し、招集員・表彰係の指示にしたがうこと。
14.観戦は選手席ですること。
15.アリーナヘ出て応援してはならない。監督・コーチは、アリーナヘは役員の許可なく入らないこと。
16.競技中コーチを行うと、その競技者は失格となる。
17.全ての競技者・監督・コーチは、競技場内で、大きさ20cm2を超える商標(ロゴ)・商標名をつけた衣類・持ち物を着用したり、携行して宣伝・広告の媒体とならないこと。
 (ただし、協賛企業等については、別途規約による)