みずさわ珈琲店ロゴ

●ご家庭で本格的なコーヒーを

店主 当店は1988年に開店して29年、田園都市線の高津駅から徒歩5分の
住宅地の中にあります。
美味しい珈琲をお届け出来ますように、日々焙煎しています。 
 (店主近影)  

●焙煎の紹介

焙煎機   
焙煎機 5K(キロ)釜の直火式焙煎機を使い、豆を焙煎しています。直火式は
焙煎が難しいと言われていますがうまく使いこなすと珈琲豆のもってい
る香り・旨味を最大限生かすことが出来ます。又、遠赤外線を入れて
いない為、豆から油成分が出ますが、それが美味しさの秘訣です。
 生豆  
焙煎前の生豆  生産地で珈琲豆を収穫してからなるべく早く日本に届いた、より新鮮なものを業者から仕入れています。新しい豆の方が体によい成分が多く含まれていて、味と香りに奥深さがあります。お米と同じように、珈琲も手間隙かけて作られたもの、ハンドピックが丁寧にされているものの方が美味しく値段も高いです。当店では特にハンドピックを丁寧に行い、美味しい珈琲をお届けするように心がけています。
 焙煎について  
焙煎後の豆  珈琲豆には、柔らかい豆と固い豆、大きい豆と小さい豆があり、1釜目に焙煎した方がいい豆と2釜目に焙煎した方がいいものがあります。今まで積み上げて来たデータに基づき、豆の弾ける音や一定の温度上昇を確かめ、ストップ・ウォッチで時間を計り、豆の個性にあったちょうどよい焙煎をしています。出来上がり具合も、目で見て豆の色を確認します。全て試飲をし、店主の納得出来たものだけをお客様にお出ししています。
保存について  
焙煎後、豆から炭酸ガスが発生しますので、エージレス(脱酸素剤)を入れ、吸収する様にしていますが、そのまま常温で保存すると真空が外れます。外れても品質に問題はありませんが、より新鮮なままお飲み頂く為、袋のままの冷凍保存をお勧め致します。その場合も1ヶ月以内にお飲みになって下さい。
(冷凍保存も2ヶ月、3ヶ月となりますと味が落ちます)