自 殺防止の最善策は、「対話」
・話す、事は生きるための特効薬
あなたは1人ぼっちじゃないよ。
悩み、不安、心配ごと、誰でも持って
いるもの。他の人も同じだよ。


 ■掲示板
 @ 無料電話相談は、初 回(30分以内)お試し利用できます。
 A リラックス法講座 を、500円/回
で随時開催しています。

 B 通院中の方は、ご利用案内の<2>を ご覧下さい。


 ■リンク集■

全国いのちの電話

法 テラス

DV に関する公的機関

暮らしの相談窓 口
総 合労働相談


■無料電話相談:対象地域■
 北海道 青森 岩手 宮城 
 秋田 山形 福島 東京 
 神奈川 埼玉 千葉 茨城
 栃木 群馬 山梨 新潟 
 長野 富山 石川 福井 
 愛知 岐阜 静岡 三重 
 大阪 兵庫 京都 滋賀
 奈良 和歌山 鳥取 島根
 岡山 広島 山口 徳島 
 香川 愛媛 高知 福岡 
 佐賀 長崎 熊本 大分
 宮崎 鹿児島 沖縄 
・海外在住の方もご利用できます。







           

前も後ろも見なくちゃ。



 

悩みと病気の関係


ここでは、市販の書籍から、悩み と病気の関係をみていきましょう。

悩み(ストレス)が体にどんな影響を与えているのか。
市販の書籍を紐解いてみましょう。
ストレスから胃潰瘍や十二指腸潰瘍になることは、良く知られています。
しかし、それだけではなく、もっと深刻な状態に関係しているのです。

個人的な表現での記載です。
著者や出版社の真なる意味、表現、文字の使い方は、下記の書籍をご覧下さい。

*身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価
 ガポール・マテ著 伊藤はるみ訳 
 日本教文社
患者の多くは、人生の重要なところでノーと言うことを学んでいなかった ため、それで、深刻な病気を抱えている」

「突然の失業、結婚生活の破綻、大切な人の死などのストレスは、体にもっと長期 的な害をあたえる

より明るい考え方をし、悩みが少ないように見える人のほうが病気が重くなると いう研究結果がいくつも出ている。一般的には意外に思う。ポジティブな気持ちをもつことは健康に良いと考えられるからだ。喜び や満足感は体に良い影響を及ぼすが、精神的な不安のままで「ポジティブ」なようにふるまっても、それは病気に対する抵抗力を弱める」

子供のころの苦痛や葛藤は、大人になってからの病気への抵抗力のなさにつなが る

*こころと治癒力 心身医療最前線
 ビル・モイヤーズ著 小野善邦訳
 草思社
マーゲレット・ケメニー(心理学博士、カリフォルニア大学)との対談 から
「一般的に、悲しむことは健康によくないと考えられている。ところが、実際には キラー細胞が増え、病気からその人を守ることがわかってきた」という。

感情を抑圧する傾向は、心理学的にみても有害である

「感情の高まりが長期間にわたって続くような状況では、生理的反応を起こす危険がある」

「感情や思考により、脳は何かを感じたり考えたりする。この活動が、心臓、消化 器官、肺、そして免疫系の働きに影響し、体の中での変化により、健康に影響を与える 」という。

*ストレスが脳をだめにする 心と体のトラウマ関連障害
 J・ダグラス・ブレムナー著 北村美都穂訳
 青土社
極度のストレスは生涯にわたって持ち続ける

「ストレス因子は、精神障害の危険性の増大のほか、心臓病、ガン、感染症、など の危険性の増大に移行し得る

幼少時に性的虐待を受けた少女は、虐待を受けなかった女性に比べ、二倍喫煙す るようになりやすい」

PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された人では、さらに喫煙の危険性 が増大する

ストレスは心と脳と身体に深刻な影響を及ぼす

*******まとめ********
これらから、ストレスは単なる不愉快なものという程度ではなく、最悪は直接に身体の損傷等に大きな影響を起こすものであると考えられます。
過去のことはやり直せない、忘れるしかない、ということでは済まされないことがわかってきました。
上記3冊の書籍においては、さらに広範囲な内容、貴重な記述が多くあり、一度は読んで頂きたいと思います。
肉体のケア、と同様またはそれ以上に、メンタルケアの重要性がそこにあると思われます。

ここ数年、一日100人の自殺者が出ています。
病や生活苦などの理由が多くあるとのことです。
メンタルケアにより、治療中の病気が治るということではないにしても、病とストレスの関係がこれだけ明確になっているのですから、「心の状態」について今一度考えてみることが大事だと思います。