情報過多・世間の常識の危険性
2002/1/8

いろんな意味でこの世の中は混乱しています。
あまりにもいろんな見解や、情報が交錯して私達に届きます。
今の日本は、物があふれ、食物があふれ、
その他ありとあらゆる「物」があふれて、
押しつぶされてしまう生きにくい一時代のように思います。

あふれて溺れる原因は、世間の常識によって本物も偽物にも全てに、
受け入れすぎているように思います。
その反面、自欲を満たすためだけの浅はかな行動、
核家族による家庭の崩壊など「心の貧困」は進む一方です。
 
目の前の「素晴らしい偽物」にとらわれ、
「大切な本物」を捨てないで下さい。
取り返しが付かなくなりますよ。

それは貴方にとって本当に必要な物ですか?
一時期の欲を満たすためだけに衝動的に動いていませんか?

前にも申し上げましたが、
「二十一世紀は本物と偽物を見きわめる時代」です!