妙見大菩薩

北斗七星を神格化した道教の神を佛教に取り入れて菩薩としたもので、北辰菩薩・尊星王とも云う。
鎧を着て右手に刀を持つ。
国土守護、長寿・眼病平癒に力を発揮すると云われる。