堺の
慈母観音(じぼかんのん)さん
慈母
慈しみの深い母.
実母(あなた)に代わって子を育てる女性。
観音(法華経 観世音菩薩)
お釈迦様真実の言葉 法華経 観世音菩薩普門品第二十五
衆生、困厄を被りて、無量の苦、身にせまらんに
観音の妙智の力は、能く世間の苦を救う。
観音は神通力を具足し、広く智の方便を修して
十方の諸の国土に刹として身を現ぜざることなし。
種々の諸の悪趣、地獄・鬼・畜生
生・老・病・死の苦は、以て漸く悉く滅せしむ菩薩様。



興覚寺
(こうがくじ)
大きな山門が目印
です。
門をくぐるときは一礼を忘れずに。



興覚寺「住職」

法要を執り行います

興覚寺住職略歴



水子さんの供養は、
「しない」より、「する」ほうがよい。

ご先祖や御霊(みたま)に対して
「ほったらかし」「ほったらかされる」のが
一番よくない。




と、思います。

興覚寺水子供養(小さな生命の旅立ち法要)

出来ますれば、どうか最後までお読み下さい。


難しい事は何もありません。
どうぞこのお寺を「供養の場」として活用下さい。


興覚寺参拝者専用無料駐車場あります
アクセス:地図


※個人情報の厳守※
まず皆様がお寺に入りやすいよう
派手な看板やのぼりは掲げておりません

又、ご供養に来られました方へ

住所、電話番号 お聞きしません 
地蔵や石像などの建立  ございません 
物品購入のすすめ いたしません 
たたり・災い・因縁の強調  いたしません 
はがき、メール等の発送  いたしません 
電話番号記録からの発信 いたしません 
年中行事への組込み いたしません 

お名前・ご相談内容等の情報はご供養後、即破棄しております。
興覚寺は上記行為を一切行っておりません。



「興覚寺ねころび地蔵」〜どこにいるか?さがしてね!

 
ご心配なくお参り下さい。

赤ちゃんのご供養はとても重要です!

『水子さんのご供養について』

残念ながら水子さんが出来てしまいましたね。
 本当に残念でした。
身体は大丈夫ですか?
心は大丈夫ですか?
心身共に回復をめざすには、
何はともあれ供養です!
これしかありません。
当然赤ちゃんのためにも・・・・
慰めのお経とお焼香。
 きちっとご供養されれば、
水子さんもホッとすると思います。

早く赤ちゃんのことを忘れて、前向きに生きる?
とんでもない。
忘れようとしないでください。
貴方(水子さん)のことを。

自然流産(赤ちゃんの体力がなかった) 中絶(男・女、大人あなたの都合で・・・)
産んでやれなくてごめんね。忘れないよ。 ごめんなさい。本当にごめんなさい。忘れないよ。



「興覚寺やすらぎ地蔵」〜どこにいるか?さがしてね!


私の人生の中に足りなかった、
人として本当に大切ことを貴方は教えてくれた・・・

命について。
生きることについて。
生きぬくことについて。
貴方のために生きぬきます。
貴方と共に生きぬきます。
与えられたささやかな幸せが、
大いなる褒美だと感じとれるように・・・
「供養」
読んで字の如く、「(供)ともに(養)やしなう」


これしかありません。


慈母観世音菩薩安置

興覚寺
(こうがくじ)
大きな山門が目印です。
まず供養の方法には二種類あります
@Aどちらかをお選び下さい
@合同毎月一日供養
(合同供養)
A個人別予約申込供養
(特別供養)

供養日:毎月一日
次回 10月1日(日)
二時より
供養日:申し込み予約制
(下の予約表を参照ください)
受付:毎日受付ます。 受付:毎日受付ます。
お布施目安:初回5千円
     二回目2千円

予約・問い合わせ рO72−232−5026
お布施目安:1万円
予約・問い合わせ рO72−232−5026
当日:毎月50名程お参りです。 年間:120組以上お参りです。
受付の仕方

一日二時迄に直接お寺へ来て頂くか、
前もって電話をする

一日二時にお寺へ来て頂く

アクセス:地図
受付の仕方

直接お寺へ来て頂くか、電話をする
072-232-5026

日にちを調整予約する

予約日の当日、確認の電話をする
(葬儀等優先の場合あるため)


当日予約時間10分前までにお寺へ来て頂く

アクセス:地図

A個人予約申込供養(特別供養)予約表
〔土日祝日分〕
9/2現在
                             空欄:予約可・お問い合わせ下さい  ×:予約済み・不可  
10:00〜 11:00〜 12:00〜 13:00〜 14:00〜 15:00〜 16:00〜 17:00〜
9/2(土)    ×  ×    ×      × 
9/3(日)  ×  ×  ×   × ×       
 9/9(土)                
9/10(日)  ×  ×  ×           
9/16(土)                 
9/17(日)  ×  ×             
9/18(月祝)                 
9/23(土祝)  ×  ×  ×  ×         
9/24(日)        ×         
9/30(土)  ×  ×  ×           
上表「空欄」であってもお受けできないときがあります。
ごめんなさい。

予約されました方は
時間厳守願います。
(後の方々に
迷惑がかかる為)
遅れそうな時はお電話をどうかお願い致します。
平日は午後なら
ほぼ毎日大丈夫です
※ご了承下さい
葬儀・法事・急用優先にて時間変更をお願いする場合があります
無断遅刻なされた場合は順番を変更して頂きます(あとの方に迷惑がかかる為)

お題目道場 興覚寺(こうがくじ)
堺市堺区櫛屋町東4−2−9

п@072-232-5026
午前8:00〜午後8:00



よくあるQ&A
質問:駐車場はありますか? 答え:あります。興覚寺参拝者駐車場先着15台分ありますが、
   満車の場合徒歩5分堺東駅界隈コイン駐車場を利用下さい。
質問:お布施はいくらですか? 答え:本来お布施に決まった額はありませんが、
   無理のない目安をお示ししております。
   気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
   рO72−232−5026
質問:当日何か用意する物はありますか? 答え:特にありませんが、お供えしたい物
   (お花やおもちゃ等)がありましたらお持ち下さい。
質問:服装は喪服でないと駄目ですか? 答え:普段着で結構ですが、あまり派手な物はお避け下さい。
質問:予約の時間に遅れそうなのですが・・・ 答え:後の予約の方に迷惑がかかりますので、すぐお電話下さい。
    рO72−232−5026
質問:法要の時間は何分ぐらいですか? 答え:約30分です。
質問:毎月供養したいのですが・・・ 答え:毎月一日(一月は十五日)2時から月参り供養できます。
質問:納骨は出来ますか? 答え:出来ます。年数毎にて申し込めます。
質問:永代供養は出来ますか? 答え:20年間の永代供養があります。毎月お経をおあげします。
質問:年間供養はありますか? 答え:1・3・5・10年供養があります。毎月お経をおあげします。
質問:合同供養は何人くらいお参りがありますか? 答え:毎月70名前後お参りです。
質問:供養は一回だけでよいですか? 答え:なるべく続けてお経を。一年に一回ぐらいはお経をおあげしましょう。
質問:昔、他のお寺で供養したのですが・・・
    こちらで供養して頂けますか?
 
答え:大丈夫です。 

ご供養について
宗派は問いませんが、
お世話になっているお寺さん(菩提寺)等ありましたら
そちらの方に「ご供養をしてほしい」と聞いてみて下さい。
遠慮は無用です。
必ずや良きアドバイスが頂けると思います。


お子様連れの方、遊び場ルームあります
興覚寺参拝者専用無料駐車場あります
アクセス:地図

興覚寺本堂で住職が法要を致します

お題目道場 興覚寺(こうがくじ)
堺市堺区櫛屋町東4−2−9


п@072-232-5026
午前8:00〜午後6:00



堺の慈母(じぼ)観音さん
興覚寺
水子供養





水子さん月参り法要
水子さん月参り法要

 供養して、
「もうこれで良いわ」
「供養したからもう忘れよ」

と思う方がたくさんいます。
供養をして
後はほったらかし。
それではいけません。
水子さんにしてみれば、忘れ去られ、
ほったらかされることが
一番残念(さみしい)なように思いますが・・・
どうでしょうか?(逆の立場なら・・・)
 供養は十三回忌ぐらいまで
お続けになることを
「おすすめ」致します。



水子慰霊月参り法要
毎月一日
(一月は十五日)二時より
どうか月一回はお経とお焼香を赤ちゃんに


当寺では昭和54年(1979)より約30年間毎月
水子慰霊法要(月参り供養)が開かれています。




水子さん月参り法要
毎月供養に来られない方のためには
下記方法があります。
年間供養
一年・三年・五年供養



水子さん月参り法要

お年忌法要是非お勤め下さい!
一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌
供養日 申し込み予約制 

平成29年度年忌表
   
一周忌   平成28年寂
三回忌 平成27年寂 
七回忌 平成23年寂 
十三回忌  平成17年寂 
十七回忌  平成13年寂
二十三回忌  平成 7年寂
二十七回忌 平成3年寂 
三十三回忌  昭和60年寂 
三十七回忌  昭和56年寂 
五十回忌  昭和43年寂 
 各年忌法要は大切です
ぜひお申し込み下さい



水子さん月参り法要

○慈母観音廟埋葬
○興覚寺本堂(一年・三年・五年・十年・永代)納骨

当寺納骨所に安置し、年後観音廟へ埋葬します
お布施の目安  内容
 慈母観音廟埋葬   一万円   法要後観音廟へ御埋葬 
興覚寺本堂一年間納骨  三万円   興覚寺納骨堂にて一年間安置後、観音廟へ御埋葬
興覚寺本堂三年間納骨  五万円  興覚寺納骨堂にて三年間安置後観音廟へ御埋葬
興覚寺本堂五年間納骨  七万円  興覚寺納骨堂にて五年間安置後、観音廟へ御埋葬
興覚寺本堂年間納骨  十万円  興覚寺納骨堂にて十年間安置後、観音廟へ御埋葬
永代供養付き納骨 二十万円  興覚寺納骨堂にて二十年間安置、毎月一日に供養後、観音廟へ御埋葬

お問い合わせ下さい





供養の受付(申し込み)
ご相談お受けします。
お寺へお越し下さるかお電話下さい。
お布施に関しましては(額の目安)、
無理の無いようにご指導しております。
(本来お布施に決まりの額はありませんが)


お題目道場 興覚寺(こうがくじ)
堺市堺区櫛屋町東4−2−9

興覚寺参拝者専用駐車場あります
アクセス:地図

п@072-232-5026
午前8:00〜午後6:00 ご遠慮無く。











注意!!
水子さんは「祟り」(たたり)を貴方に与えたり、
呪い(のろい)を貴方に与えることは決してありません。

しかし、私が思うに、掌(て)を合わせてほしい、
供養、合掌をするという貴方の日常に気づかなかった、

信仰心(感謝)
を養ってほしいと、ただただ願っていると思います。

信仰心とは貴方の生活において、
仏様や神様、先祖様に手を合わす(偶然の貴方の命ではない)という事は勿論、
「貴方自身が決めた」規則正しい生活をし、
「貴方自身が決めた」自己節制
された生活を
自分に科するということです。

貴方が少ない喜びと多い悲しみに満ちあふれた人生を「生き抜いて」、
普段身近にある何気ない幸せを幸せと感じとれる心になることを
水子さんは願っていると思います。


ぜひご供養を。


人生、苦8割、楽2割。
我も尊し。他もすべて尊し。
過(あやま)ちを、くり返さない智慧(仏の教え)を持ち、
修行の人生をただ生き抜くのみ。




堺の慈母(じぼ)観音さん
お題目道場 興覚寺(こうがくじ)
堺市堺区櫛屋町東4−2−9

興覚寺参拝者専用無料駐車場あります
アクセス:地図

п@072-232-5026
午前8:00〜午後8:00 ご遠慮無く。



当「興覚寺」ホームページ内の画像、文章、記事等の無断転載、複写は禁止致します。
悪質と判断しました場合は警察に通報捜査依頼を致します。



興覚寺ホームページ表紙へ