お仏壇を祀(まつ)ろう!


貴方が分家であっても、貴方からその家が始まるのだからお仏壇を祀(まつ)ろう。
そんな高価な仏壇でなくて良いから購入し、神仏と先祖代々のお位牌を祀(まつ)ろう。
貴方の身体は先祖の集合体。だから先祖を祀(まつ)った仏壇は貴方そのもの。
自分を見つめ直すには、仏壇が必要だ。家庭を持ったら、嫁(夫)の先祖も祀(まつ)ろう。
宮沢賢治は言った。私の本当の名前は「南無妙法蓮華経宮沢賢治です」と。
家に仏壇を祀(まつ)る。その功徳に救われて新たな「お題目の人」と貴方はなるのです。


祀(まつ)り方がわからない方はお寺まで
рO72−232−5026
遠慮無く