城跡の写真
          武蔵国 菅谷館(すがややかた)


三の郭 の土塁
 館 名   : 菅谷館

 所在地   : 埼玉県比企郡嵐山町

 伝築城   : 鎌倉時代     畠山重忠 説

 伝廃城   : 不明

 形 式   : 平城(崖城)



 国指定史跡


 駐車場完備 (敷地内に埼玉県立歴史資料館あり)

  地図はこちらから → 地図(Map)
三の郭 の土塁
 三の郭 の土塁です。

 高さは 2mほどあり、綺麗な状態で保存されています。

復元木橋 空堀
復元木橋 空堀
 三の郭 と 西の郭 の堀にかけられた木橋です。

 三の郭側は、西の郭より 1mほど高く盛り土されており、木橋に
 傾斜を付けています。
 また、橋の正面には 「蔀土塁(しとみどるい)」 と呼ばれる小型
 の土塁があり、橋から中に侵入した敵の視界を遮っています。
 様々な工夫で、敵の侵入に対応しているのが分かります。

 本郭 と 二の郭 を分断している空堀です。

 土塁の高さと相まって、深さは 4〜5mほどあります。

 なお、館内は地下水位が高く、また湧水点以下まで掘り込まれ
 ているため、一部が水堀あるいは泥田状の堀であったと考え
 られているそうです。
井戸跡 本郭
井戸跡 本郭
 三の郭 から発掘された井戸跡です。

 発掘調査時も常時水が湧いていたそうです。

 本郭です。

 畠山重忠の居館は、この場所にあったと考えられています。
畠山重忠の像 菅谷館跡の碑
畠山重忠の像 菅谷館跡の碑
 三の郭 の土塁の上に建っています。

 史跡公園にある ゙愛馬を背負う像" と違い、静かな雰囲気です。

 二の郭 に建っている碑です。

 隣には説明看板も建っています。
 

菅谷館の構造
 菅谷館 は、埼玉県のほぼ中央に位置する約 12万uにも及ぶ広大な面積を持つ複郭式の平城で、南側を 都幾川 に浸食されて
 切り立った断崖、東側と西側を 幾筋も形成された谷 に囲まれた台地上に、これら自然の地形を巧みに利用して、複雑な縄張り
 で築かれています。

謎に包まれた歴史
 菅谷館 は、坂東武士の鑑と称えられた 畠山重忠 の居館跡と伝えられており、建久 2年(1205年)に北条氏の陰謀により鎌倉へ
 向かう際にここから出発したと云われていますが、現存する遺構は全て戦国期のもので、重忠 の時代にさかのぼるものは発見
 されていないそうです。
 残念ながら、菅谷館 の名は僅かな文献に出て来る程度で詳しい変遷を明らかにしていませんが、現在のような大規模な中世城郭
 に改修されたのは、戦国期の末期頃と考えられており、その築城様式から後北条氏の手によるものだと云われています。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   館跡とは名ばかりで、完全なる城跡です。(笑)
   遺構の保存状態は極めて良く、゙折"、゙出枡形" といった形状の「土塁」や、落差のある「堀」 を楽しむことが出来ます。
   全域を城跡公園として整備しており、三の郭内にある 埼玉県立歴史資料館 は入館料 50円という安さに見合わず充実しており
   また、館内で販売している非売品の書籍も見逃せない内容です。
   オススメの城跡です!



城跡と鎌倉の写真 前へ 次へ