城跡の写真
          信濃国 龍岡城(たつおかじょう)


水堀
 城 名   : 龍岡城

 所在地   : 長野県佐久市

 伝築城   : 慶応 3年(1867年)  松平乗謨

 伝廃城   : 明治 4年(1871年)  廃藩置県

 形 式   : 平城 (西洋式城郭)


 国指定史跡

 駐車場完備

  地図はこちらから → 地図(Map)
水堀
 東側より大手への 水堀 です。

 五稜郭独特の直角に曲がる 水堀 が分かります。

土塁 龍岡城 要図
土塁 龍岡城 要図
 土塁 です。

 大手にある 土塁 で、高さ 2.2m×幅 7.3mと記録されて
 いますが、現在はあまり残存していません。
 説明板にある 龍岡城の要図 です。

 函館の五稜郭とほぼ同一形状であることが分かります
 が、財政面や藩主の乗謨の多忙のため、未完成のまま
 竣工したと云われています。


幕末の激動から明治へ
 三河奥殿藩に本領を持つ松平乗謨(まつだいらのりかた)は、信州佐久にも陣屋を置き、領内を統治して
 いましたが、幕末激動の情勢を鑑み、ここ龍岡の地に居館を移すことを計画し、元治元年(1864年)から
 慶応 3年(1867年)にかけて、自身の洋学知識から陵堡式築城法を用いた゛五稜郭"を築城させ、地名を
 取って 「龍岡城」 と名付けます。
 しかし、老中格・陸軍総裁などの要職にあった乗謨に、この゛五稜郭"建設に係わっている時間も、財政
 的な余裕も無かったようで、堀、石垣、内部の建物が未完成の状態で竣工したと云われています。
 その後、明治 4年(1871年)の廃藩置県で、明治政府が全国の城郭の取り壊しを命じたことから、龍岡城
 もほとんどを取り壊されてしまいますが、御殿の一部の御台所は、翌明治 5年(1872年)に学校としての
 使用が認められたため、校舎として使用され、現在は遺構として残されています。

城の構造
 ゛五稜郭" は、陵堡の組み合わせで、360度に渡り、死角が無いのが特徴で、十四世紀にフランスで考案
 されましたが、ヨーロッパでは土塁のみで構築されるところを、日本では石垣を各所に取り入れて築城され
 ているところが異なるようです。
 龍岡城の石垣は、堀底から高さが 3.6m、直立に近い勾配に、石垣をよじ登る敵の侵入を防ぐ「武者返し」
 が設けられ、さらに石垣の上には高さが 2.2m、幅 7.3mの土塁が築かれています。
 堀は、幅が大手橋の付近が 9.1m、他はやや狭く平均 7.3mありますが、北・北東・東南の三陵堡にしか
 なく、南西・西の二陵堡を囲む 200mにはありません。
 また、御殿、太鼓櫓、火薬庫などの内部建物のほとんどが瓦ではなく、板葺きのまま竣工しており、上述
 の堀と同じく未完成であることが分かります。
 余談ですが、有名な ゙箱館の五稜郭" は、ここ龍岡城の築城が開始された元治元年(1864年)に、やはり
 財政的な面から「半月堡」が未完成な状態で竣工しています。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   平成16年の 3月中旬、山上ではまだ残雪が残っている信州での散策となりました。
   この城跡の特徴は、゛箱館の五稜郭" とともに日本に二つしかない星型陵堡の西洋式城郭という点で
   あり、水堀が一部しか無いなど未完成の状態ですが、その独特な形状は一見の価値があります。
   現在は、この城跡に小学校があり、散策のときも小学生が遊具で遊んでいました。
   小さいときから、史跡に触れ合うことができるのは、とても良いことだとつくづく感じました。(笑)



城跡と鎌倉の写真 前へ