戦国の写真
          関ヶ原の戦い  藤堂高虎・京極高知 陣跡


東  軍
藤堂高虎・京極高知 陣跡
藤堂高虎・京極高知 陣跡

 中山道の南、柴井にある 「藤堂高虎・京極高知 陣跡」
 です。

 藤堂高虎 と 京極高知 の隊は、福島隊に続いて進軍
 し、松尾山の 小早川秀秋、山中村の 大谷吉継 らに
 備えるべく、この地に陣を敷きました。

 午前 8時に始まった戦いも正午を過ぎた頃、東軍へ
 内応した 小早川秀秋 の隊が、大谷隊に襲い掛かった
 のを機に、同じく西軍の 脇坂、朽木、小川、赤座 らの
 隊も同調し、裏切ったために戦局は一変し、西軍は
 総崩れの様相を呈します。
 この様子を見るや、藤堂・京極の二隊は戦いの只中
 に突入し、大谷隊を破ったと云われています。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   この碑は学校の敷地内にありますが、見学者が
   多いためか、訪れたときは門は開いていました。
   しかし、物騒な事件が多いので、長居は禁物だ
   と思います。

   偏見かも知れませんが、京極高知 は存在感が
   薄く、藤堂高虎 は印象が良くないです。。。

   平成20年(2008年) 8月 撮影。



戦国の写真 関ヶ原地図へ