戦国の写真
          関ヶ原の戦い  本多忠勝 陣跡


東  軍
本多忠勝 陣跡
本多忠勝 陣跡

 旧伊勢街道沿いにある 「本多忠勝 陣跡」 です。

 本多忠勝 は徳川四天王の一人で、関ヶ原では軍監と
 して、家康 の最初陣地である桃配山を背に陣を敷き、
 麾下の隊を指揮します。

 小早川秀秋 の西軍裏切りを機に流れが東軍に傾くと、
 本多隊も前進し、敵中突破を企てる西軍の島津隊と
 激戦を繰り広げ、首級90余を挙げる活躍をします。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   平成20年(2008年) 8月、三度訪れた関ヶ原の地。

   前夜の酒もようやく落ち着いた夕方(呑み過ぎ
   て二日酔いだった。。。)に散策したこの陣跡は、
   島津隊と激戦を繰り広げた旧伊勢街道沿いの
   民家の庭先にあるため、拝礼して写真撮影を
   すると素早く退散しました。



戦国の写真 関ヶ原地図へ