戦国の写真
          関ヶ原の戦い  東首塚


その他
東首塚
東首塚

 松平忠吉・井伊直政陣跡 のすぐ隣にある 東首塚 です。

 ここは合戦後、家康 によって実検をされた将士の首を
 葬った塚であり、この地の領主である 竹中家 によって
 築かれたと云われています。

 昭和15年に名古屋より護国院の大日堂と門が移築され
 東西両軍の戦没者の供養堂となっています。



戦国の写真 関ヶ原地図へ