戦国の写真
          関ヶ原の戦い  松平忠吉・井伊直政 陣跡


東  軍
松平忠吉・井伊直政 陣跡
松平忠吉・井伊直政 陣跡

 徳川家康の四男の 松平忠吉 と、徳川四天王の一人
 の 井伊直政 は、東軍の中央付近に布陣します。

 東軍先鋒は 福島正則隊 と決まっていましたが、この
 天下分け目の決戦を、徳川家の手によって開始したい
 と考えた 直政 は 忠吉 を擁して、福島隊をすり抜けて
 西軍の宇喜多隊(島津隊とも)に銃弾を浴びせます。
 この銃声が、関ヶ原の合戦の開始の合図となり、各
 戦場で激しい戦いが展開されます。

 正午頃、西軍が総崩れとなり、孤立した島津隊が敵中
 突破を敢行して来たときに 直政 と 忠吉 はこれを追撃
 し、大いに戦果を挙げますが、二人とも傷を負ってしまい
 ます。
 特に 直政 の傷は深く、合戦の翌年にこの傷が悪化し
 て世を去ってしまいます。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   関ヶ原駅を降りて最初に目にするのが、この史跡
   だと思います。
   すぐ隣に「東首塚」もあり、これからの史跡巡りに
   胸を躍らすこと請け合いです。



戦国の写真 関ヶ原地図へ