戦国の写真
          関ヶ原の戦い  福島正則 陣跡


東  軍
福島正則 陣跡 月見宮の大杉
福島正則 陣跡 月見宮の大杉

 春日神社境内にある 「福島正則 陣跡」 です。

 福島正則 は桶屋の伜として生まれ、養子先の福島家
 が 秀吉 と縁続きにあったため、近習に取り立てられた
 のが武将としての始まりでした。
 この頃、石田三成 も近習として取り立てられています
 が、武人肌の 正則 と文人肌の三成 が相容れあう事
 はなく、後日の反目は目に見えていました。

 関ヶ原では 「秀吉子飼い」 でありながら、゙三成憎し"の
 念から東軍に与し、6,000の兵で松尾の春日神社付近
 に布陣し、南天満山に布陣する西軍の 宇喜多秀家隊
 と相対し、東軍先鋒として倍以上の兵を有する宇喜多
 隊と一進一退の激しい攻防を演じます。


 春日神社境内の 「月見宮の大杉」 です。

 関ヶ原町の天然記念物にも指定されている、この杉
 の巨木は、関ヶ原合戦図屏風にも描かれており、その
 樹齢は 800年余りと推定されています。

 高さは約 25mとのことですが、幾多の栄枯盛衰を
 見て生きて来た ゙樹" という事実に、圧倒的な存在
 感を感じ、それ以上に大きく見えます。



戦国の写真 関ヶ原地図へ