戦国の写真
          関ヶ原の戦い  脇坂安治 陣跡


西軍(反応軍)
脇坂安治 陣跡 脇坂安治 陣跡

 脇坂安治 は合戦当時、淡路国の洲本城主で、
 かつては 秀吉 による賤ヶ岳の戦いにおいて
 福島正則 や 加藤清正 らとともに 「七本槍」 の
 一人に列せられたほどの人物でした。

 しかし、西軍に属していながら戦闘が始まって
 も東軍 福島隊を睨みながら、全く動く気配を
 見せません。
 正午頃、小早川隊 の裏切りを見るや、朽木、
 小川、赤座隊 らとともに矛先を転じて、味方で
 あるはずの 大谷隊 に襲い掛かります。
 合戦後、他の多くの反応軍が取り潰される中、
 所領が安堵されたことから、家康 との密約が
 早くからあったものと思われます。



戦国の写真 関ヶ原地図へ