戦国の写真
          関ヶ原の戦い  大谷吉継の墓


西  軍
大谷吉継 墓の碑
大谷吉継 墓の碑

 藤川台にある 「大谷吉継の墓」 です。

 大谷吉継 は 石田三成 と同じく若年の頃、その才を 秀吉 に見出されて配下と
 なった人物で、秀吉 をして 「百万の軍の軍配を預けてみたい」 と言わしめた
 ほどの智謀の持ち主でした。
 関ヶ原の合戦前には、その不利を 三成 に切々と説きますが、三成 の決心は
 固く翻すことは出来ないのを知ると、古くからの友誼に殉ずることを決意します。

 関ヶ原の西南、山中村に布陣し、かねてより 裏切りの風評が高い 小早川秀秋
 の部隊に備えつつ、配下の 平塚為広、戸田重政 とともに 藤堂高虎、京極高知
 らを相手に押し気味に戦いを進めますが、正午頃、吉継 の読みどおり、小早川
 隊は東軍に内応して突如、大谷、平塚、戸田隊 に襲い掛かって来ます。

 僅か 600ほどの手勢で、15,000にもなる 小早川 の大部隊を二度に渡って退け
 ますが、同じく 小早川隊 への備えとして布陣していた 脇坂、朽木、小川、赤座
 の部隊も同調し、裏切ったために 平塚、戸田 の両将が討ち死にし、大谷隊も
 総崩れとなります。
 このとき、吉継 はハンセン病を患い、視力もほとんど失っていたと云われており、
 病で崩れた顔が敵にさらされるのを嫌い、家臣の 湯浅五助 に首を討たせ、土中
 に隠させたと云われています。

大谷吉継の墓 湯浅五助の墓
大谷吉継の墓 湯浅五助の墓

 大谷吉継の墓 です。

 鬱蒼とした森の中にあって、荘厳な
 雰囲気を醸し出しています。

 吉継 の家臣であり、最後の介錯を
 した 湯浅五助の墓 です。

 吉継 の墓のとなりに寄り添うように
 あります。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   鬱蒼とした森の中にある 大谷吉継の墓 は、その人柄を表すかのような荘厳
   な雰囲気に包まれています。
   一千に満たない軍勢で、十倍以上にもなる敵を二度に渡って押し返すなど、
   士気が高く統率が行き届いた部隊だったことが窺い知ることができます。
   関ヶ原の合戦において、欠くことの出来ない逸話の一つです。



戦国の写真 関ヶ原地図へ