戦国の写真
          関ヶ原の戦い  宇喜多秀家 陣跡


西  軍
宇喜多秀家 陣跡
宇喜多秀家 陣跡

 西軍の 「副大将」 宇喜多秀家 は、17,000 の大兵を
 擁して、南天満山に布陣します。

 秀家 は備前国の大名 宇喜多直家 の嫡男に生まれ、
 幼少の頃より 秀吉 の恩寵を受け、秀吉 の養女 豪姫
 (前田利家の娘)を妻に娶り、数々の合戦で功を立てる
 など 秀吉 の信頼によく応え、若年ながら豊臣政権下
 での五大老に列せられるほどでした。

 合戦では西軍に属し、東軍の猛将 福島正則隊 と両隊
 の旗幟が交互に前進と後退を繰り返すという激しい攻
 防を演じます。

 西軍総崩れとなると伊吹山中に逃れ、島津氏を頼って
 薩摩に落ち、やがて死罪を免れて 八丈島 へ流されま
 す。 それから 50年余りを過ごした 84歳にこの世を去り
 ます。



戦国の写真 関ヶ原地図へ