戦国の写真
          関ヶ原の戦い  開戦地


その他
開戦地
開戦地

 関ヶ原古戦場のほぼ中央に位置する 開戦地 です。
 (なお、碑の位置は整備により、実際の場所より北側へ
  移動しているそうです。)

 慶長 5年(1600年) 9月15日、霧が徐々に晴れはじめ、
 視界も広がってきた午前 8時頃。

 徳川家康の四男の 松平忠吉 と、徳川四天王の一人で
 ある 井伊直政 は、この一大決戦を徳川家の手によって
 開始したいと考え、東軍先鋒の 福島正則隊 の脇を偽り
 の言をもって通過し、西軍 宇喜多隊(一説には島津隊と
 も)の全面に出るや突如として発砲します。

 この銃声によって、天下分け目の戦いは、その火蓋を
 切って落とされたのです。



戦国の写真 関ヶ原地図へ