南北朝の写真
             鑁阿寺(ばんなじ)


大御堂(大日堂)
 名 称      : 鑁阿寺(ばんなじ)

 所在地      : 栃木県足利市家富町

 由 緒      :
   鎌倉時代の建久 7年(1196年)に 源義家 を曽祖父
   に持つ 足利義兼(あしかがよしかね) が、館跡に建
   てたと云われている真言宗の古刹で、足利市の中央
   に位置し、約 200m四方(12,300坪、約 40,000m
2
   の広大な寺域を誇ります。

   義兼 は、鎌倉幕府を開いた 源頼朝 の従兄弟に当り
   妻を 北条時政 の娘の 時子(頼朝 の妻である 政子
   の妹)とし、幕府の創建に大いに力を尽くしました。
   晩年、剃髪入道して 大御堂、鐘楼 等、後に多くの
   文化財指定を受けることになる七堂伽藍を建立し、
   足利氏の氏寺として完成させました。


   駐車場完備(太平記館 入口方向に注意)

     地図はこちらから → 地図(Map)
大御堂(大日堂)
 鑁阿寺の 大御堂(大日堂) です。

 建久 7年(1196年)に 足利義兼 が建立した鎌倉時代の代表
 的な建造物であり、本尊として 大日如来 、脇本尊として 薬
 師如来、聖観世音菩薩、聖天様 を祀っています。
 国指定重要文化財

楼門(山門) 鐘楼
楼門(山門) 鐘楼
 鑁阿寺 の入口とも言える 楼門(山門) です。

 建久 7年(1196年)、足利義兼 の創建と云われていますが
 室町時代に兵火に遭い、現在の建物は永禄 7年(1564年)
 に足利幕府13代将軍の 義輝 が再建したものです。
 栃木県指定文化財

 楼門 より入って右側にあります 鐘楼 です。

 建久 7年(1196年)に 大御堂 に次いで創建された
 本瓦葺、入母屋造りで鎌倉時代の禅宗建築の代表
 的なものと云われています。
 国指定重要文化財
多宝塔(塔婆) 中御堂(不動堂)
多宝塔(塔婆) 中御堂(不動堂)
 楼門 より入って左側にあります 多宝塔(塔婆) です。

 足利義兼 の創建と伝えられていますが、現在の建物は江戸
 時代の元禄 5年(1692年)に再建されたもので、金剛界大日
 如来 と 勢至菩薩 を祀ってあり、両側には 十六羅漢像 が
 安置されています。
 多宝塔 としては、国内最大を誇るそうです。
 栃木県指定文化財

 大御堂 の隣にあります 中御堂(不動堂) です。

 寺伝では建久年間、足利義兼 の創建と伝えられてい
 ますが、現在の建物は文禄元年(1592年)に再修され
 たもので、本尊として 不動明王 を祀っています。
 大御堂 が明治41年(1908年)に国宝に指定されるまで
 は、廊下でつながっていたそうです。
 
経蔵(一切経堂) 御霊屋
経蔵(一切経堂) 御霊屋
 中御堂 の東側に位置する 経蔵(一切経堂) です。

 足利義兼 が妻 時子の供養のため、一切経会を修する道場
 として、鎌倉時代に創建したと伝えられていますが、現在の
 建物は応永14年(1407年)にときの関東管領 足利満兼 が
 再建したものです。
 堂内には、八角の輪蔵(経棚)があり、一切経 2,000巻余を
 蔵しているそうです。
 国指定重要文化財

 境内の北東にあります 御霊屋 です。

 足利大権現 と称し、俗に 赤御堂 とも云われており、
 本殿に源氏の祖を祀り、拝殿には初代 尊氏 から 15代
 義昭 までの足利幕府将軍の木像を安置しています。
 本殿の裏には、当山開基 足利義兼 の父である 義康
 と、祖父の 義国 の墓があります。
 栃木県指定文化財
宝庫(校倉) 蛭子堂
宝庫(校倉) 蛭子堂
 境内の北部にあります 宝庫(校倉) です。

 宝庫 または 大黒堂 とも称し、永享 4年(1432年)、公文所
 奉行の創建と伝えられていますが、現在の建物は宝暦 2年
 (1752年)に再建されたもので、建築様式は校倉(あぜくら)
 風で、当山内の宝物を収蔵していたそうです。
 足利市指定重要文化財
 
 宝庫 の隣にあります 蛭子堂 です。

 蛭子堂 は 時姫堂 とも称し、当山開基 足利義兼 の妻
 である 北条時子(源頼朝の妻 政子の妹) を祭り、時子
 の法名から 智願寺殿 とも云われています。
 妊娠中の女人が、この堂にお参りすれば、栗のイガより
 栗が軽くもげるように安産できるとして、古くから信仰さ
 れています。
 足利市指定重要文化財
 
東門 土塁と堀
東門 土塁と堀
 鑁阿寺 の東の入口である 東門 です。(当たり前か)

 足利義兼 の創建と伝えられていますが、永享 4年(1432年)
 公文所奉行の再修で、本瓦葺、切妻造りの四脚門で鎌倉時
 代の剛健な風格がしのばれます。
 相対する 西門 とともに 栃木県指定文化財
 
 境内の周囲を取り巻いている 土塁と堀 です。

 鑁阿寺 は、足利氏の館跡に建てられたと云われており
 その名残として、約 200m四方に渡って周囲を取り巻い
 ている 土塁 と 堀 があります。
 現在は、写真のように綺麗に整備されています。
足利尊氏の像 逆さ藤天神
足利尊氏の像 逆さ藤天神
 楼門 へと続く 大門石畳通り にあります 足利尊氏 の像です。

 当山開基の 足利義兼 より六世後に生を受けた 尊氏 は、
 後醍醐天皇 による鎌倉幕府打倒の戦いにおいて、戦功を挙げ
 ると武家の棟梁としての地位を築き上げ、ついに 後醍醐天皇
 と袂を別ち、別系の皇統 光厳上皇、光明天皇 を立て、征夷大
 将軍の位を授かり、室町幕府を開きます。
 本像は、束帯姿をしている優雅な公卿風の趣きです。
 鑁阿寺 の外にあります 逆さ藤天神 です。

 建久 7年(1196年)、武勇の誉れが高い 足利忠綱 が
 思いもよらない嫌疑を着せられ、無実が晴れるように
 天満宮に祈願した折、社前に逆さに刺したまま置き忘
 れたムチ代わりの ゙藤の枝" が芽をふき、大木になった
 ことから名付けられたそうです。
 右に写っている 藤の木 がそうです。


〜 ken-you史跡巡り記 〜

   足利氏の館跡であり氏寺でもある ゙鑁阿寺(ばんな寺)" は、写真を見てお分かりのとおり、広大な境内に多くの指定
   文化財が建ち並んでいる大寺院の感がありますが、目を周囲に転じてみると 土塁と堀 に周囲を囲まれた、質朴であり
   ながら堅固な中世の豪族館の側面を見ることが出来ます。

   室町幕府を開いた 足利尊氏 が、この父祖の地 足利 へどれだけ足を運んだかは定かではないそうです。
   その生涯を 鎌倉、京都、そして戦場と過ごし、息絶えるまで心休まる日は果たしてあったのでしょうか?
   様々な歴史を感じることが出来る ゙鑁阿寺(ばんな寺)"、南北朝ファンは、一度足を運んでみることをオススメします!



南北朝の写真 次へ