鎌倉の写真
          武家の都 鎌倉  御霊神社


御霊神社(権五郎神社)
御霊神社(権五郎神社)

鎌倉権五郎景正
 鎌倉市坂ノ下の ゙御霊神社(ごりょうじんじゃ)" 別名 ゙権五郎神社(ごんごろうじんじゃ)" です。
 平安時代末期の創建と推定され、当初は関東平氏の祖霊を奉祀していましたが、後に ゙鎌倉権五郎景正(かまくらごんごろう
 かげまさ)" 一柱となったそうです。
 鎌倉権五郎景正は、鎮守府将軍 平 忠道 を祖父とし、父の代より鎌倉に住し、武勇の誉れ高く武士団を統率する一方で、
 現在の湘南地帯一帯の開拓に尽力するなど開発領主としても知られています。

後三年の役
 景正の武勇を伝える逸話として、奥州の地で起こった戦乱 「後三年の役」 がもっとも有名です。
 若干16歳で、源義家 の部下として参陣した 景正 は、出羽国金沢柵 (秋田県横手市金沢に構築した砦。城柵とも云う)
 に拠る 清原家衡(きよはらのいえひら)、清原武衡(きよはらのたけひら)を勇猛果敢に攻めます。

景正の気概
 このとき、敵兵の放った矢が 景正 の右眼(左眼という説もあり)に深々と突き刺さります。
 景正 は刺さった矢を抜くことなく、射た敵兵をかえって射殺してしまいます。
 そのまま陣中に帰って来た 景正 は仰向けに倒れこみ、朋輩(部下という説もあり) 三浦為次(みうらためつぐ) に矢を抜く
 ことを頼みます。
 あまりに深く突き刺さっているため、困った 為次 は 景正 の顔に足をかけて矢を抜こうとしました。
 すると、突然 景正 は仰向けのまま抜刀し、為次 を刺そうとしました。
 驚いて飛びすさった 為次 は、怒り心頭、理由を尋ねたところ、景正 が答えるには、
  「 弓矢で死するは武者の望むところだが、生きたまま顔に土足をかけられるは我慢がならぬ。
   されば、いま汝を仇として討ち、我も死なんとしたのだ 」 と。


 為次 は舌を巻き、かがめた膝で顔をおさえて矢を抜きました。
 これを見聞した者は、ひとりとして 景正 を褒めたたえぬ者はいなかったと云うことです。
 鎌倉権五郎景正の剛毅さ、気高さを伝える逸話ではないでしょうか。

  地図はこちらから → 地図(Map)

手玉石と袂石 弓立の松
手玉石と袂石 弓立の松
 御霊神社境内にあります 「手玉石と袂石(てだまいしと
 たもといし)」 です。

 左側の 「手玉石」 が 28貫(約105kg)あり、右側の
 「袂石」 が 16貫(約 60kg)あるそうです。
 それぞれ 景正 が、「手玉」に取り 「袂」に入れたそうです。
 景正 の並外れた膂力をあらわしている逸話ですね。

 とてもではありませんが、そんなことが不可能な重量で
 あり、大きさでした・・・ (^^;;

 御霊神社境内にあります 「弓立の松(ゆみたてのまつ)」
 です。

 景正 が領内視察の際に、弓を立てかけられたと伝えられる松
 の古木です。

 言い忘れましたが、神社のすぐ脇を 江ノ電 が走っています。
 それは良いのですが、踏み切りに ゙遮断機" が無いのです・・・
 ちょっとだけ恐いですね〜。(+_+)



城跡と鎌倉の写真 前へ