源平の写真
             一の谷の戦い


戦の濱 碑  兵庫県神戸市須磨区の 須磨浦公園内 にある源平
 史跡 「戦の濱(いくさのはま)の碑」 です。

 都を逐われ西海をさまよった平家でしたが、屋島に
 本拠 を構えるや勢力を盛り返し、要害の地である
 ここ 「一の谷」 に前進基地を築き、都奪還の機を
 窺っていました。 

 寿永 3年(1184年) 2月 7日、源氏との激しい戦さが 
 始まります。戦闘は膠着状態に陥りますが、源義経
 の奇襲により勝敗は決し、平氏は屋島を目指して船
 で退却 します。

  地図はこちらから → 地図(Map)

 兵庫県神戸市中央区の 「生田神社」 です。

 「一の谷の戦い」 は、北に険峻な山々、南に瀬戸内海
 を望む平氏の陣地に、源氏軍が挑んだ戦いです。
 この生田神社の付近は、長大な陣地の大手口に当た
 り、平氏の軍事面の統率者とも言うべき 知盛 が守備
 していました。

 神社境内には、梶原景季の「梅箙(うめえびら)」の碑
 や、謡曲「生田敦盛」の碑などがあります。


  地図はこちらから → 地図(Map)
生田神社

平重衡とらわれの遺跡 碑  山陽電鉄 須磨寺駅を下車して、すぐのところにある
 「平重衡 とらわれの遺跡」です。

 平重衡(たいらのしげひら)は、清盛の五男で武勇の
 人で知られています。
 「一の谷の戦い」 では、生田の森を守備していました
 が、敗走中に捕らえられます。
 この碑は、その場所をあらわすのでしょうか。

 重衡 は鎌倉に送られ、壇ノ浦 に一門が滅んだ後、
 処刑されました。

  地図はこちらから → 地図(Map)

 兵庫県神戸市須磨区の 「須磨寺」 にある、平敦盛
 を呼び止める 熊谷直実 の像です。
 左側が 平敦盛 で、右側が 熊谷直実 です。
 砂の色の違いを海と陸(浜辺)に見立てて、躍動感
 溢れる姿で見るものを圧倒します。

 「一の谷の戦い」 で退却の船に乗り遅れた 敦盛 は
 船に向かって泳いでいるところを 直実 に呼び止め
 られます。直実は、敦盛 の年齢を知り助けようとし
 ますが、周囲は敵に満ちており、助けられません。

 敦盛 は静かに云いました。「我が首を討て」 と...

 平家物語でもっとも哀しい逸話ではないでしょうか。

平敦盛と熊谷直実の像

平敦盛の首塚  須磨寺境内にある 「敦盛首塚」 です。

 境内には他にも、義経 が 敦盛 の首実検をしたとき
 に腰掛けたという 「義経腰掛松」 や敦盛の首を洗った
 という 「首洗池」 などもあります。

 また、無料開放の宝物館には、敦盛所用といわれる
 「青葉の笛」 や 「弁慶鐘」 等がに展示されています。
 ボタンどおりに押すと「青葉の笛」のメロディーが奏で
 られる装置もあります。
 全体的にほのぼのとしてとても良い雰囲気です。


  地図はこちらから → 地図(Map)

 神戸市兵庫区西出町にある 「平経俊の墓」 です。

 平経俊(たいらのつねとし)は、清盛の弟の経盛 の
 次男で、上の写真にある 敦盛 の兄に当り、官位は
 ゙若狭守" の位にありました。

 「一の谷の戦い」 においては、゙鵯越"(ひよどりごえ)
 を守備していましたが、利あらず長田の森を経て、
 西出の浜まで落ち延びて来たところを、源氏軍の総
 大将 源範頼(みなもとののりより) の郎党の 名和
 太郎 に追い迫られ組み打ちとなりますが、武運つた
 なく討ち死にしてしまいます。
 御歳わずかに 18歳だったと云うことです。
 
 古来とくに子供の守護神(夜泣きの神様)として、
 信仰されており、五輪塔には、真っ赤な ゙よだれ
 かけ" が結ばれています。

  地図はこちらから → 地図(Map)
平経俊の墓



源平の写真 前へ 次へ