2007年11月02日/上関町皇座山より
ペルセウス座とホームズ彗星(68KB)
皇座山の赤い鳥居を前景に昇るペルセウス座とカペラです。
よく見るとペルセウス座の光跡がへん。α星の左、ややボケた光跡はバーストした 17P/Holmes 彗星です。
11月2日はバースト後、1週間目でした。
2005年10月16日/上関町皇座山より
皇座山からのカノープス(57KB)
私の定点観測地「皇座山」から見たカノープスです。 船の明かりをたどった先は山口県最南端の島「八島」、その向こうに点々と連なるのは 四国佐田岬沿いの明かりです。
この場所は大気の浮き上がりを考慮すると南十字γ星を狙える位置にもあります。
2004年8月13日/柳井市池ノ浦海岸より
夜明けのオリオン(74KB)
2004年のペルセウス座流星群の朝に撮影したものです。 画面左の月が海面を照らし、沖を行く漁船の明かりがよいアクセントになってくれました。
島影左の明かりは松山市の光です。
19**年*月*日/平生町大星山山頂より
瀬戸の夕暮れ (53KB)
この写真ははたしていつ頃撮影したのかなぁ。
夕焼けがやけにあざやかので、ピナツボ火山の噴火の頃?? でも結構気に入っている一枚なのです。
2001年12月12日/竹富町黒島より
夜明けの南十字 (34KB)
12月の朝は夜明けとともに南十字星が昇ってきます。
民宿くろしまの屋上から撮影しました。夕方、地面に目を下ろすと、草むらの中に蛍の明かりがぽつぽつと 浮んでいて、とてもきれいでした。
2001年12月11日/竹富町黒島より
カノープスと流星(48KB)
八重山諸島の黒島から見たカノープスです。 下のカノープスの写真を見比べてください。北緯24度と、本土より10度ほど緯度が違います。 偶然、ふたご群の流星が飛び込んできました。
2001年9月25日/涸沢キャンプ場より
北穂とカシオペア(76KB)
7年越しの構図の写真がやっと撮れました。このカットを撮るため5回足を運びました。我ながら呆れてしまいます(^^; 初めてエクター200を使いました。良い発色しますね。星好きが好んで使うのも頷けます。
1996年01月30日/熊毛郡上関町より
夜明けのさそり(24KB)
夜明けシリーズ第2弾(^^)。この頃、瀬戸内海から昇る星景色に凝っていて、 特にこの"冬の昇るさそり"は、何度も夜明け前に海岸に出かけ、撮影していた対象でした。 しかしイメージ通りの写真は今もって撮れていません。
2000年01月16日/石垣市内より
石垣市内からの南十字星(54KB)
石垣市内から望む南十字星です。写真を見ると意外に高度がありますよね。
中央左に見える、ぼやっとした光跡はω星団です。
1991年10月8日/平生町大星山山頂より
夜明けのカノープス(28KB)
カノープスは冬の星と思われがちですが、秋の明け方にはすでに南の空低く姿を現します。
これは、その姿をとらえた一枚。夜明けの空の美しさはいつ見ても感動的です。
1994年8月28日/剣御前より
剣岳から昇る北斗 (27KB)
早朝4時に起き出して見ると、下弦の月に照らされた剣岳から北斗七星が昇ってくるところでした。
画面右下に見える山は白馬、山小屋の明かりが微かに見えてます。