6922 ライン・プリアンプ(ダサイ例)Haji's Audio HomePage




このアンプは、多少数値等をいじっていますが、ほとんど 情熱の真空管 の「真空管式差動ラインプリアンプ」そのままです。
このアンプには、パワーアンプ用のサービスコンセントを設けて、本アンプの電 源オン/オフで、パワーアンプも連動でオン/オフできるようにしました。
一応それで完結したのですが、パワーアンプの電源部に整流管を使っていること もあって、電源オフの時にスピーカーのコーンががボコっ前後にと動くのが気に なって、後付けで遅延回路を付け加えました。(パワーアンプの電源切断後、数 秒後にプリアンプの電源が切れるように)
遅延回路はてすとぺーじv0.0.7の回路を参考にさせていただきました。

以下2014年3月追記
この遅延回路は、一応トラブルもなく4年近く動作していました。
リレーのカチッという音は、私は結構気に入っていたのですが、常時待機電流が 流れているのと、機能の割りに回路が複雑になっている点は、引っかかっていま した。
しかし、先日「情熱の真空管」を覗いていたら、素晴らしい回路が紹介されてい たので、早速置き換えてみました。過渡電圧防止回路
CdS素子は、LCR-0203を選別しました。その際、LED OFFの場合の抵抗値が不安定 なものが多く、しばらく悩んだのですが、もしやと思い、Cds素子を暗がりに入 れて測定したところ、全ての素子が安定しました。
この回路に置き換えても、電源の投入/切断の時のふるまいが変わるだけ、と思っ ていましたが、アンプの音質が変わったような気がします。
気のせい?、いや、そうではないような...
ともあれ、リレー式に戻すことはないでしょう


回路図中、入力セレクタ、テープモニターSW部は省略しています。


遅延回路を一旦アンプ完成後に後付けで詰め込んだので、電源部が少し密集してしまいました。

シャーシはエスエス無線のA20(300x200x50xt1.0アルミ)です。アンプの重量は軽 く、形状を保持するには問題ないですが、振動を拾うことを考えるとt1.2〜t1.5 は欲しいところです。テープモニター用のスナップSWは店頭でなるべく柔らかい 動作のものを選んだのですが、アンプに組み込んで操作すると、けっこうスナッ プ動作音を拾って響きます。
程度問題ですが、シャーシの肉厚を上げるとか材質を鋼板に変えることで聴感で わかるレベルの音質変化がある可能性があると思います。



最終更新日 2010年8月8日