「アマフェス2007〜天野月子withプレイボーイズ〜」
ライヴ・リポート

〜東京キネマ倶楽部:28/07/2007〜

 チケットがあっという間にソールド・アウトしたということもあり、会場は満杯で熱気ムンムン。ソールド・アウトしてしまうというところが、天野の人気を物語っている。フォーク・ロックがかかる会場では、サウンド・チェックが行われていたが、その時からギターは轟音。それが今日のライヴを楽しみにさせてくれる。
 ステージが暗転し、「菩提樹」のインストゥルメンタル・ヴァージョンが流れ、天野のオープニング・コメントが流れる。
「皆様、こんばんは。天野月子です。本日は、お婆ちゃんが言っていました、天野の天は天城越えの天、略して、アマフェスです」
 会場の雰囲気がほぐれる。いつもながら、このオープニング・コメントにはおかしみがある。メンバーが紹介され、ひとりずつ入ってきては拍手喝采を浴びる。最後に、ラフな出で立ちの天野が入ってきて、一層大きな拍手に包まれた。
 オープニングは、「菩提樹」。安定した歌唱で、演奏陣もいつにも増して安定感のあるプレイ。
 そのまま曲は「混沌 -chaos-」へ。テクニカルなこの曲は特にJ.Jのドラムが巧妙で、聴く者を不思議な感覚にとらわせる。コーラス部分の赤いライトが眩しかった。
 さらに曲は続き、「鮫」へ。すさまじい音圧で、聴く者を圧倒する。コーラスでは観客が拳を振り上げる。二日連続とは思えないヴォルテージの高さだ。
「こんばんはー。ようこそアマフェスへ」
 ここでさっそくメンバー紹介。各人を紹介しては客席から各人の名前があがる。さすが「withプレイボーイズ」だけあって、バックの演奏陣も人気が高いのを証明している。
「ミドル・ネーム占いって知ってる人いる? 名前を入力すると勝手にミドル・ネームを付ける占いなんだけど、天野月子、って入力してみたら……『天野“ファンキー”月子』だって」
 他にも可笑しいミドル・ネームが紹介される。シャラは石原“グレイシー”慎一郎、あっきーは山田“シュークリーム”章典、J.Jは武並“2004”俊明(天野の「3年遅れてるんだね」というMCが笑いを誘った)、Rieは谷塚“最強”りえ、プロデューサー、戸倉は戸倉“限定品”弘智。各人に似合った(?)可笑しいミドル・ネーム紹介だった。
 ここで、曲に戻る。曲は「Stone」。グルーヴィに唸る演奏は、前日の聴かせるアコースティック・ヴァージョンとは違って迫力のある演奏になっている。続けて隠れた人気ナンバー「砂糖水」。そして「風船」と、叙情的なナンバーが続いた。
「『ウマ・サーモン』が完売しました! その中から1曲」
 とアナウンスされて始まったのは「国道」。『ウマ・サーモン』のヴァージョンに近いながらも、ドライヴするブルージィなギターから始まり、ギターの早弾きで終わるこのヴァージョンは、ほぼ別物といった感じだ。
「昨日、アンケートを読んでたら、新潟の被災地から来てくれた人がいて、元気をあげられたかなぁ? と思いました」
 今日も、被災地から来たという観客もいた。何はともあれ、早い復興を願いたいところだ……。
「『ウマ・サーモン』ね、いろんな人からアレンジされたデモ・テープを作ってもらったんですが、まったく聴かせてもらえず、そのうちに『そろそろ曲順よろしくねー』と言われて、ええっ? て」
 無理な注文である。笑ってしまったが。
 さて、曲は「箱庭」へ。ギターの一閃から始まるこの曲は、しっとりと、しかし激しく歌われる。そのまま曲は「蝶」へ。劇的な歌唱が聴く者の胸を打つ。続いては「月」。昨日のアコースティック・ヴァージョンが「静」なら、今日は「動」だろうか。さらに曲は続き、「カメリア」へ。ベース・ソロが即興的で、どこかアクティヴな赴きさえあった。
「後半戦の時間がやってきました」
 と言う天野のバックに流れているのは、「A MOON CHILD IN THE SKY」。ということは――続くは、やはり「Devil Flamingo」。一音一音が攻撃的で、迫ってくる。そのまま流れは「人形」へ。歌にミスがあったが、それも気にならないほどのグルーヴ感。続いてやはり、「日曜日」へ。一気にたたみかけるような展開がたまらない。さらに曲は続き、ドライヴ感溢れる「烏」、ライヴ初登場となる、オリジナル・ヴァージョンでの「太陽」。原曲ではサイケデリックだったギターがハード・ロックしている。初登場の曲は続き、今度は「光線」。これには観客も盛り上がり、ハンド・クラップで拍子を取る。ブライトな曲調がややハード・ロック・テイストになった感がある。
「皆さん、合唱の時間だよ」
 そう宣言されて始まったのは、意外と久し振りの「B.G.」。観客がみんな、Rieに合わせてハンド・クラップしている。さらに続くのは、合唱といえばこれ、もちろんの「スナイパー」。早弾きもまじえたギター・ソロが効果的。最後の一音がエクステンドされ、天野が叫ぶ。
「次は解りますねー! みんな、せーの!」
 というわけで「トムパンクス」へ。このパターンはもはや王道だ。この「合唱の時間」では度々マイクが客席に向けられ、まさに合唱となっていた。
「熱いですねー。(水かけてー! という客声)いいの? じゃあかけちゃうよ」
 と、先頭の観客には水の洗礼。みんな嬉々としていて、嫌がる者はいなかった。
「今日は隅田川の花火大会だそうじゃないですか。でも、こっちはもっと熱いよね! こっちの花火大会は、みんなが花火ね!」
 そう言えば筆者も現地まで来る電車の中で浴衣や甚平姿の乗客を見た。
「残り、少なくなってしまいました」
 えー! と客席が駄々をこねる。やだ! オール・ナイト! など、口々に惜しむ声が漏れる。
 この曲は5周年記念シングルの頃に書いた曲だったのですが、と前置きされて始まったのは、待望の「Howling」。プレイボーイズでの演奏は初めてとなる。これが本物なんだな、と思わせるクオリティだった。
「本日はどうもありがとうございました。最後の曲です」
 それはもちろん、「巨大獣」。この曲にしては珍しく歌をミスってしまったが、それほどに感無量だったのだろう。
「ありがとうございましたーっ!」
 そう叫んで天野はステージの奥に姿を消し、演奏を終えたプレイボーイズも姿を消した。「菩提樹」のS.E.がかかるが、拍手はやまない。今の天野はアンコールにも応じてくれる筈だ。
「ただいまー! お主も好きよのう」
 そうおどけて、天野が単独で登場した。
「歌える曲がいい? 聴ける曲がいい?」
 と天野が尋ねると、客席から「聴ける曲ー!」と早々に声があがった。
「聴ける曲かぁ。楽屋で譜面見て練習してきたんだけど、大丈夫かなぁ」
 と苦笑する天野。
「デモ・テープはわたしは、昔はMDで録っていたんですけど、隣りからうるせー! とか言われて、そっちがうるせー! とか言い返したりしてね。そんな、裸ん坊になって歌います」
 宣言されたのは、意外にも「HONEY?」だった。弾き語りでの演奏はもちろん初めてのこと。曲の骨格を抜き出したような、シンプルでありながら、真摯な感情の伝わる仕上がりだった。
「アマフェス二日目、チケット即完だって聞きましたので、来年はもっと大きい会場で演りたいと思います。みんな来いよ〜! 風邪引かないでねー!」
 即日完売だったとは! インディーズになりながらも、天野の人気は絶えることがない。
「本日はどうも、ありがとうございました」
 まさに天野の集大成、という内容でありながら、初登場や別アレンジなどの曲もあり、注目に値するライヴだった。


「アマフェス2007〜天野月子withプレイボーイズ〜」:28/07/2007
〜おしながき〜
S.E. 菩提樹(インストゥルメンタル)
1. 菩提樹
2. 混沌 -chaos-
3.
4. Stone
5. 砂糖水
6. 風船
7. 国道
8. 箱庭〜ミニチュアガーデン〜
9.
10. カメリア
11. A MOON CHILD IN THE SKY
12. Devil Flamingo
13. 人形
14. 日曜日
15.
16. 太陽
17. 光線
18. B.G.〜Black Guitar + Berry Garden〜
19. スナイパー
20. トムパンクス
21. Howling
22. 巨大獣
S.E. 菩提樹(インストゥルメンタル)
<Encore>
23. HONEY?