ところで、無線LANアダプタのドライバ
が Virtual WiFi に対応していない場合
は、「アドホックモード」 でインターネット
接続を共有することができます。
「Wi-Fi Ad-Hoc Encrypted (WEP)」
を選んだ Settings 画面です。
Hotspot Name は、
Connectify-adhoc としました。
かんたん無線LANと小学校教育実践
BACK
Connectify 5 でソフトウェアアクセスポイント
《 Windows 7 画面での説明 》
「Sharing Mode」 欄右側の ▼を押して
「Wi-Fi Ad-Hoc Encrypted (WEP)」 を
選ぶと アドホックモードになり、暗号化
の方式は WEP になります。
それでは他のパソコンからソフトウェアアクセスポイントに接続してみましょう。
接続方法は通常の場合と全く同じで、SSID (Hotspot Name)と、WPA2-PSK
の暗号化キー(Password) を入力すれば接続できます。
Windows XP SP3 ワイヤレスネットワークの選択
ソフトウェアアクセスポイントが構築された
状態で、Hotspot となる Windows 7
パソコンの無線LAN ジャンプリストを確認
すると、左図のようになります。
Windows XP SP3 パソコンの
「ワイヤレスネットワークの選択」画面
です。ソフトウェアアクセスポイントが
検索されています。

● Connectify Hotspot LITE でソフトウェアアクセスポイント 4/4
Internet to Share は、無線LANでの
インターネット接続はサポート外のよう
なので、左図では有線LANのアダプタ
を選択しています。
Connectify LITE で
アドホックモード本文
Windows 7 無線LANジャンプリスト
Wi-Fi Ad-Hoc Encrypted (WEP)