pingコマンド
NEXT
● ipconfigコマンドによる情報表示 と IPアドレスの再取得 1/2

コマンドプロンプト画面です。
> の後に、ipconfig /all と
入力し Enterキーを押します。
(ipconfigの後は半角スペース)
かんたん無線LANと小学校教育実践
ipconfig は ネットワーク接続の設定情報を表示するコマンドです。
次のような情報を表示できるのでパソコンとルータ間が正常かを
確認でき、また、IPアドレスの解放・再取得も可能です。
スタートメニューから、すべてのプログラム >
アクセサリ > コマンドプロンプト を選びます。
(1) 正常動作している場合

上図で、Enterキーを押した後
の画面です。

物理アドレスと表示されている
のは、MACアドレス です。
(次のページへ続く)

左図のように IPv4アドレスの
取得が出来ていない場合は、
DHCP と TCP/IP の設定の
見直しをしてください。
物理的な障害が無い場合はこのコマンドで
IPアドレスの解放・再取得を行ってみましょう。
(3) IPv4アドレスが 「169.254.**.**」 となっている場合 (限られた接続)
DHCPサーバへのアクセスに失敗し DHCP による IPアドレスの自動取得が出来なかった
場合に Windows の機能(APIPA)により割り当てられた「リンクローカルアドレス」です。
(2) IPv4アドレスが取得できない場合
・(無線)LANアダプタ名
・(無線)LANアダプタの MACアドレス
・IPアドレス (IPv4/IPv6)
・ブロードバンドルータの IPアドレス
スタートメニュー/コマンドプロンプト
ipconfig /all
ipconfig /all から Enter
IPv4アドレスが取得出来ない
《 Windows Vista 画面での説明 》
ネットワーク診断
Windows 10
Windows 7
Win XP SP2
Windows の起動時にブロードバンドルータの電源が入っていなかったり、ケーブルが抜け
ていた等、物理的障害の場合が多いので再確認してください。又、新たにパソコンを 無線
LANに追加した場合は、通信データの暗号化 (WPA2/WPA/WEP) の 暗号化キーや、
MACアドレスフィルタリングの 「MACアドレス」に入力ミスがないか再確認してください。