◇ アドホックモードでの接続手順
アドホックモード(Ad Hoc Mode) では 「無線アクセスポイント」 を介さず、直接パソコン
相互に通信を行います。アドホックモードにおいても ファイルの共有・プリンタの共有は
可能です。また 1台がインターネットに接続している環境であれば 「ICS(インターネット
接続の共有)」 等により、他のパソコンもインターネットに接続させることは可能です。
■ 接続イメージ図
無線LANアダプタ(カード)
カード
◇必要なもの
  ・無線LANアダプター (カード) 2枚
          ・・・ノートパソコン用
  ・無線LANアダプター (USBタイプ)
          ・・・デスクトップ機用
 パソコン台数分の無線LANアダプター
 だけを準備するということですね。
アドホックモード/無線LAN導入パターン
無線LANアダプタ(カード)
カード
無線LANアダプタ
アダプタ
アドホックモードは、インフラストラクチャモードとは異なり 「無線アクセスポイント」 を介
さないので、準備するものは、パソコン台数分の 「無線LANアダプター」 のみです。
各パソコン毎に、次の手順で 「無線LANアダプター」 のインストール・設定を行います。
かんたん無線LANと小学校教育実践
パソコン3
パソコン1
パソコン2
PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋
Connectify LITE でアドホック(インターネット接続の共有)
インターネット、もっと使いやすく BUFFALO
(注)
デスクトップパソコン用として
は、PCIスロットに装着する、
PCIボードタイプもあります。
■ アドホックモード設定手順
パソコン1
パソコン3
パソコン2
(1) パソコン1
1.「無線LANアダプター」 ドライバのインストールを行う。(以下 Windows XP で説明)
(2) パソコン2,3
パソコン1 と同じ手順を行います。無線LANアダプターのインストール
が完了したら、次の要領で設定を進めてください。
 ・ESS-ID・・・・・パソコン1 で決めたのと同じ ESS-ID を設定
 ・チャンネル・・・パソコン1 で決めたのと同じ値を設定
 ・ワークグループ名・・・パソコン1 で決めたのと同一に設定
 ・IPアドレス・・・「192.168.0.XX」 のように最後のブロックを変えて
    重複しないように設定。ICS機能を使う場合は「自動的に取得」。
4.
ネットワーク識別情報
(ワークグループ名は半角英数字15文字以内で設定)
5.
ネットワーク共有サービスの確認
6.
Windows XP SP2 図説
(3) 接続してみましょう!
ネットワークを構成する各パソコンの設定が終わったら、必要に応じ
共有フォルダ
を設定し、ファイルの共有が出来るか等通信が正常に
行われていることの確認をしましょう。
7.
アドホックモード接続に限定
する場合は設定する。
を行う。
2.
3.
ESS-ID の設定
をする。(ESS-ID は半角英数字32文字以内で任意に決める)
チャンネルの設定
をする。(各パソコンを同じ値にする、または「自動」にする)
ローカルIPアドレスを設定
但し、ICS機能を使う場合は「自動的に取得」にする。
Windows Vista 図説
Windows Vista 図説
Windows XP SP2 図説
ICS (インターネット接続の共有) の図説はこちら
Windows 7 図説
Windows 8 Connectify LITE でアドホック・モード