◇ アドホックモードでの接続手順
アドホックモード (Ad Hoc Mode) では 無線アクセスポイント を介さず、直接パソコン
相互に通信を行います。アドホックモードにおいても ファイル共有・プリンター共有は
可能です。尚、1台がインターネットに接続している環境であれば 「ICS(インターネット
接続の共有)」 等により、他のパソコンもインターネットに接続させることは可能です。
■ 接続イメージ図
無線LANアダプタ(カード)
カード
◇必要なもの
  ・無線LANアダプター (カード) 2枚
          ・・・ノートパソコン用
  ・無線LANアダプター (USBタイプ)
          ・・・デスクトップ機用
 パソコン台数分の無線LANアダプター
 だけを準備するということですね。
アドホックモード/無線LAN導入パターン
無線LANアダプタ(カード)
カード
無線LANアダプタ
アダプタ
アドホックモードは、インフラストラクチャモードとは異なり 「無線アクセスポイント」 を介
さないので、準備するものは、パソコン台数分の 「無線LANアダプター」 のみです。
各パソコン毎に、次の手順で 「無線LANアダプター」 のインストール・設定を行います。
かんたん無線LANと小学校教育実践
パソコン3
パソコン1
パソコン2
PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋
Connectify LITE でアドホック(インターネット接続の共有)
インターネット、もっと使いやすく BUFFALO
(注)
デスクトップパソコン用として
は、PCIスロットに装着する、
PCIボードタイプもあります。
■ アドホックモード設定手順
パソコン1
パソコン3
パソコン2
(1) パソコン1
1.「無線LANアダプター」 ドライバのインストールを行う。(以下 Windows 7 で説明)
(2) パソコン2,3
通常の無線LAN (インフラストラクチャーモード) と同じ要領で
ESS-ID (接続先) の検索を行うと、パソコン1 でセットアップ
したネットワークの ESS-ID が検索されるので選択します。
4.
ネットワーク識別情報
ワークグループ名は半角英数字15文字以内で決定
5.
ネットワーク共有サービスの確認
Windows XP SP2 図説
ネットワークを構成する各パソコンの設定が終わったら必要
に応じ 「共有フォルダ」 を作成しファイル共有が出来るか等
通信が正常に行われているか確認しましょう。
を行う
2.
3.
アドホックネットワークのセットアップ
1台のパソコンでセットアップを行う
ローカルIPアドレスを設定
ICS機能を使う場合は 「自動的に取得」 にする
Windows Vista 図説
ICS (インターネット接続の共有) の図説はこちら
Windows 7 図説
Windows 8/Connectify LITE でアドホック・モード
無線LAN ジャンプリスト/Windows 7
【ひとこと】
 ◇ ワークグループ名 ・・・ パソコン1 と同じ値に設定します。
 ◇ ローカルIPアドレス ・・・ 「192.168.0.XX」 のように、
     同一セグメントとし、最後のブロックのみを変えて各々の
     パソコン間で重複しないように設定します。 
     ICS (インターネット接続の共有) を使う場合は 「自動的
     に取得」 にします。
Windows 8.1/netsh コマンド でアドホック・モード
Windows 8.1 図説