Virtual WiFi と SoftAP は Windows 7 以降で標準サポートされてた機能
ですが、これと 「ICS (インターネット接続の共有)」 を連動させることに
より、分割された論理的な無線LANアダプターでパソコンをルータ機能付
きの 「ソフトウェアアクセスポイント」 として機能させることが出来ます。
■ Virtual WiFi/SoftAP で ソフトウェアアクセスポイント
無線LANアダプターの設定
Virtual Router で ソフトAP
← Virtual WiFi が動作しているときの表示例
《 Windows 7 ネットワーク接続 》
  Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter
《 Windows 10/8.1 ネットワーク接続 》
  Microsoft Hosted Network Virtual Adapter
かんたん無線LANと小学校教育実践
物理的な LANアダプターはインターネットに接続していることが前提です。
「ワイヤレスネットワーク接続」を共有しますが有線でのインターネット接続
の場合は 「ローカルエリア接続」 を共有することにより 「ワイヤレスネット
ワーク接続 2」 をルータ機能付きの 「ソフトウェアアクセスポイント」 として
機能させることが出来ます。それでは Virtual Router で試してみましょう。
■ Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter/Microsoft Hosted Network Virtual Adapter
この例では 「Atheros AR928X Wireless Network Adapter」 が物理的な無線LANアダプター
で論理的に「ワイヤレスネットワーク接続」 と 「ワイヤレスネットワーク接続 2」に分割されて
います。Virtual WiFi と SoftAP の機能を使うソフトにより 「ワイヤ レスネットワーク接続 2」
をソフトウェアアクセスポイントとして動作させることが出来るようになります。
◇Virtual WiFi
  1つの物理的な無線LANアダプターを仮想化し複数の論理的な無線
  LANアダプターとして動作させる機能。
◇SoftAP (Wireless Hosted Network)
  ソフトによりパソコンを無線アクセスポイントとして動作させるしくみ。
先ず、Virtual WiFi/SoftAP の設定が 「許可」 になっているか事前に確認しましょう。
(1) コマンドプロンプト (管理者特権) で次のコマンドを入力してください。
又、Virtual WiFi と SoftAP を使用するソフトウェアが別途必要ですが、Windows
10 v1607 以降は別の考え方、又、Win10 v1511 以前は netshコマンド、8.1/7
ではフリーソフト Virtual Router を使って、ソフトウェアAP を構築してみましょう。
Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter
■ Virtual WiFi/SoftAP 使用許可の事前確認・準備
netsh wlan set hostednetwork mode=allow
(2) 結果画面の確認
 「ホストされたネットワーク
  モードは許可に設定され
  ています」
 の表示を確認して下さい。
netsh wlan set hostednetwork mode=allow
《 Windows 7 》
管理者特権は、

コマンドプロンプトの
右クリックメニューから、

 「管理者として実行」

を選んでください。
《 Windows 10/8.1 》
管理者特権は、
コマンドプロンプト管理者
Windows 7 コマンドプロンプト 管理者として実行
Windows 10/8.1 コマンドプロンプト (管理者)
Virtual Router の導入図解は
次のページです!
netshコマンド Win10図説
Virtual Router Win8.1図説
Virtual Router Win7図説
Windows 10 v1607
以降 はこちらです
(注)無線LANアダプターのドライバーが Virtual WiFi 対応か、を確認します。