YUKIO SUZUKI projects

What is DANCE? This's just DANCE.

About

‘97年アスベスト館にて舞踏を始め、2000年より自身の創作活動を開始。しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスで、多くの観客を魅了する。現在は、「YUKIO SUZUKI projects」として幅広く活動展開し、国内外のダンスフェスティバルやレジデントプロジェクト、コラボレーション企画などに参加。バレエダンサーや小学生、身体に障害のあるダンサーへの振付、「スピッツ」や「エゴラッピン」「plenty」等のMV・「ミナペルホネン」のカタログモデル出演、ダンサーとして、室伏鴻・中村恩恵・Luca Veggettiなどの作品に出演した。また、舞踏のメソッドを基礎に、身体と感覚を自由に開放し、個性や感性を刺激する表現を生み出すワークショップを各地で開催している。
トヨタコレオグラフィーアワードでは、‘05年にオーディエンス賞、‘08年に次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。'12年フランス・パリ市立劇場「Danse Elargie」では10組のファイナリストに選ばれた。

【受賞歴】
2003 STスポット「ラボアワード」受賞。セッションハウス「LBP」観客投票第一位獲得
2005 トヨタコレオグラフィーアワード2005『やグカやグカ呼嗚』にて「オーディエンス賞」受賞
2007 京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート
2008 トヨタコレオグラフィーアワード2008『沈黙とはかりあえるほどに』にて「次代を担う振付家賞(グランプリ)」受賞
2011 「週刊オン★ステージ新聞」新人ベスト1振付家に選出
2012 パリ市立劇場「Danse Elargie 2012」にて10組のファイナリストに選出

【主な活動歴】
地域創造・現代ダンス活性化事業登録アーティストとして、国内各地域での活動を展開
パフォーマンス・キッズ・トーキョー(吉祥寺シアター/2011)(三鷹市公会堂/2016)
セゾン文化財団よりアーティストに対するサポート「フェロー(ジュニア・シニア)」助成(2008-2012年度)
お茶の水女子大学・舞踊教育学コース非常勤講師、日本工学院専門学校・ダンスパフォーマンス科講師、日本女子体育大学や早稲田大学での講師や振付委嘱作品の発表

【海外での主な活動】
香港アートフェスティバル-Asia Dance Platform(2009)
Time-Based Art(TBA) Festival(アメリカ・ポートランド/2010-2011)
シビウ国際演劇祭(ルーマニア/2011,2012)
パリ市立劇場 Danse Elargie(フランス/2012)
Odisha Biennale 2013(インド/2013)
Time to Dance (ラトビア・リガ/2014)
Singapore International Festival of Arts (SIFA)(シンガポール/2015)
TANEC PRAHA(チェコ・プラハ/2015)
Asian Coultual Council(ACC)のサポートにて半年間NYに滞在(2015-2016)
Buffer Fringe Performing Arts Festival(キプロス/2017)
STOPGAP dance companyとの共同リサーチ「ArtistLAB」(イギリス/2018)
NDA New Dance for Asia International Festival (韓国/2018)
ChangMu Perfroming Arts Festival(韓国/2018)
メキシコダンサーへの振付作品発表 (メキシコ/2018)


【カンパニーダンサー】
安次嶺菜緒・赤木はるか
山田暁・田端春花・小谷葉月・阿部朱里・栗朱音

=================================

Yukio Suzuki is a dancer and choreographer. In 1997 he began studying butoh dance and later performed in works by Ko Murobushi and so on. And in 2000 he founded his own company "YUKIO SUZUKI Projects". The basic principle of his interpretation is not the technique, but the character of the dance language, for which he has been acclaimed even outside of his native Japan. He has been touring around over 40 cities in the world, and his pliant, delicate and tenacious movements have been enthralling the audience. Recently he has also been creating pieces for other dance companies and leads workshops. His works have won several important awards in Japan, and in 2012 he took part in Danse Elargie 2012 at the Theatre de la Ville in Paris, where he placed among the top ten.

"The new realm of contemporary dance pioneered by Yukio Suzuki, an inheritor of the compeling body movement of butoh"
(Quotation from website "Performing Arts Network"Japan")


【Main International Activites】
"agnes b" party /"La Biennale di Venezia" opening performance <1999,Italy>
Contemporary dance showcase 【Japan+East Asia】 <2008,USA/Japan Society>
Indonesian Dance Festival <2008,Indonesian>
HongKong Arts Festival―Asia Dance Platform <2009,Hong Kong>
INCHEON INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL <2009, Korea>
Time-Based Art (TBA) Festival <2010-2011,USA/Portland>
Sibiu International Theatre Festival <2011-2012, Romania>
Boulder Butoh Festival 2011 <2011,USA/Colorado>
Earth Festival 2012 <2012, England>
Danse Elargie 2012 <2012, France>
"55: Music and Dance in concrete" US tour <2012,USA/Port townsend, Arisona, Seattle>
Odisha Biennale 2013 <2013, India>
Time to Dance (Laiks Dejot) 2014 <2014, Latvia, Riga and Cesis>
TANEC PRAHA <2015, Czech>
Singapore International Festival of Arts (SIFA)<2015, Singapore>
Grantee by Asian Coultual Council(ACC)<2015-2016>
Buffer Fringe Performing Arts Festival <2017, Cyprus>
Exchange with STOPGAP dance company "ArtistLAB" <2018, England>
NDA New Dance for Asia International Festival <2018, Korea>
ChangMu Perfroming Arts Festival <2018, Korea>
"Contagions" collaboration with Mexican artists <2018, Mexico>


【Company Dancer】
Nao Ashimine, Haruka Akagi
Sato Yamada, Haruka Tabata, Hazuki Kotani, Akari Abe, Akane Kuri
















Schedule

  

3.6 (fri) - 8(sun), 2020 warp mania #2 「人生を紡ぐように 時の流れを刻むように」
           warp mania #2 "Life Spins, Time Flows


<公演実施についてのお知らせ>
新型コロナウィルスの状況が落ち着かない中ですが、感染拡大予防対策を行った上で開催したいと思います。
詳細は、こちらをご覧ください。

【公演開催にあたって】
このような状況下ではありますが、作品は日々進化・深化を続けており、身体のチカラを感じていただけるものになっております。 体調に心配がない方は、ひとときの時間ではありますが、不安やざわつきから解放され、ダンス・身体の魅力にゆっくりと感覚を委ねていただける時間になればと思っています。ご来場お待ちしております。
=======


鈴木ユキオプロジェクト新作劇場公演。
The premier of New dance piece choreographed by Yukio Suzuki.

Day&Time: 3/6 (fri) 19:30 ・ 3/7 (sat) 19:30 ・ 3/8 (sun) 14:00 *door open is before 30 min.
Venue: 東京/シアタートラム Theatre TRAM, Tokyo

fee: 一般前売 3,500円 ユース(18-24歳)3,000円 高校生以下前売 2,000円 
世田谷パブリックシアター友の会 3,200円・せたがやアーツカード 3,300円 U24 3,000円
「関ユキオ」セット券 6,600円
*チケットの詳細は、劇場websiteをご参照ください
https://setagaya-pt.jp/performances/suzukiyukio202003.html

【ご予約】鈴木ユキオプロジェクト
  https://www.quartet-online.net/ticket/warpmania2


振付・演出:鈴木ユキオ choreographed by Yukio Suzuki
出演:鈴木ユキオ・安次嶺菜緒・赤木はるか・山田暁・田端春花・阿部朱里・栗朱音
カンパニーサポート:小谷葉月
舞台監督:原口佳子(モリブデン)/照明:筆谷亮也/サウンドデザイン:齊藤梅生
宣伝美術:八ツ橋紀子/記録写真:bozzo/記録映像:イリベシン


「ダンス」を疑い続けた振付家がたどり着いた「ダンス」
命のたくましさと尊さ、醜さと美しさを、飄々と動き続ける身体で描き出した前作「堆積」から3年。鈴木ユキオのカラダと思考は、さらなら飛躍を繰り返し、言葉や理屈を超越した地点へと誘われる。
「ダンス」を疑い続けた振付家が、2020年にたどり着いたのは、時間感覚をも狂わすカラダの居場所。紛れもない「ダンス」だけが確かにある。
***
大きな時間の流れの中で、生きることを積み重ねていく
そこにいること、自分でいること
自分の中身がこの空間に流れ出し、瞬間であり続けること
時の流れとはきっとそのような黙された瞬間の積み重ねであり、
私は常に海のような、このうねりの瞬間でありたい
鈴木ユキオ

チラシはこちらから The Flyer

対談後編image
期間限定販売(1/31まで)の「関ユキオ」セット券を記念した、関かおりさんとの対談<後編>はこちら







Latest Works

●堆積 Accumulations●

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine, 堀井妙子 Taeko Horii, 赤木はるか Haruka Akagi and more

premiere: Tokyo/Theatre TRAM, 2016


●春の祭典   The Rite of Spring●

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine

premiere: Tokyo/d-soko 2015


●number NINE●

choreograph and dance: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki

premiere: Tokyo/ DANCE VISION 2016
"NDA New Dance for Asia International Festival" (Korea/ 2018) 参加



●EVENESCERE●

choreograph and dance: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki

premiere: USA/ TBA Festival, 2011
"Butoh Festival" (France/ 2014) 参加
" Cuerpos en Revuelta (Bodies in Revolt) - International Butoh Festival in Latin America-" (Mexico/2016)参加
"ChangMu Performing Arts Festival"(Korea/ 2018)参加


●Lay/ered●

perfomer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 山川冬樹 Fuyuki Yamakawa

premiere: Tokyo/Monnaka Theatre, 2015
"Shingapore International Festival of Arts" (2016) 参加

Archive of YUKIO SUZUKI projects

鈴木ユキオプロジェクトのこれまでの軌跡をすべてまとめたアーカイヴサイトです。
舞踏を始めた頃、SAL-VANILLA、室伏鴻 Ko&Edgeの活動への参加の記録や、
自身のカンパニーの変遷などの情報もすべて網羅しています。
今後、レパートリー作品のリストアップやメディア記事などをさらに充実させる予定です。
The archive website of YUKIO SUZUKI projects opened!!
You can see his some works, details of his activities and many fryers.
We continue to construct.

https://kingyocompany.wixsite.com/yukiosuzuki-archive

Contact Us

鈴木ユキオへの出演依頼や活動に関するご質問はこちらからどうぞ
Please feel free to contact us with questions about Yukio SUZUKI and his projects.

kingyo.company@gmail.com