YUKIO SUZUKI projects

What is DANCE? This's just DANCE.

About

‘97年アスベスト館にて舞踏を始め、2000年より自身の創作活動を開始。しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスで、多くの観客を魅了する。現在は、「YUKIO SUZUKI projects」として幅広く活動展開し、「ダンストリエンナーレトーキョー」「シビウ国際演劇フェスティバル」等に参加。バレエダンサーや小学生、身体に障害のあるダンサーへの振付や「スピッツ」や「エゴラッピン」「plenty」等のMV・「ミナペルホネン」のカタログモデル出演、ダンサーとして、室伏鴻・中村恩恵・小野寺修二・白井剛などの作品に出演。また、舞踏のメソッドを基礎に身体を丁寧に意識するワークショップを各地で開催している。トヨタコレオグラフィーアワードでは、‘05年にオーディエンス賞、‘08年に次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。'12年フランス・パリ市立劇場「Danse Elargie」では10組のファイナリストに選ばれた。

【受賞歴】
2003 STスポット「ラボアワード」受賞。セッションハウス「LBP」観客投票第一位獲得
2005 トヨタコレオグラフィーアワード2005『やグカやグカ呼嗚』にて「オーディエンス賞」受賞
2007 京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート
2008 トヨタコレオグラフィーアワード2008『沈黙とはかりあえるほどに』にて「次代を担う振付家賞(グランプリ)」受賞
2011 「週刊オン★ステージ新聞」新人ベスト1振付家に選出
2012 パリ市立劇場「Danse Elargie 2012」にて10組のファイナリストに選出

【主な活動歴】
地域創造・現代ダンス活性化事業登録アーティストとして、国内各地域での活動を展開
パフォーマンス・キッズ・トーキョー(吉祥寺シアター/2011)(三鷹市公会堂/2016)
セゾン文化財団よりアーティストに対するサポート「フェロー(ジュニア・シニア)」助成(2008-2012年度)
お茶の水女子大学・舞踊教育学コース非常勤講師、日本工学院専門学校・ダンスパフォーマンス科講師、日本女子体育大学や早稲田大学での講師や振付委嘱作品の発表

【海外での主な活動】
香港アートフェスティバル-Asia Dance Platform(2009)
Time-Based Art(TBA) Festival(アメリカ・ポートランド/2010-2011)
シビウ国際演劇祭(ルーマニア/2011,2012)
パリ市立劇場 Danse Elargie(フランス/2012)
Odisha Biennale 2013(インド/2013)
Time to Dance (ラトビア・リガ/2014)
Singapore International Festival of Arts (SIFA)(シンガポール/2015)
TANEC PRAHA(チェコ・プラハ/2015)
Asian Coultual Council(ACC)のサポートにて半年間NYに滞在(2015-2016)
Buffer Fringe Performing Arts Festival(キプロス/2017)
STOPGAP dance companyとの共同リサーチ「ArtistLAB」(イギリス/2018)
NDA New Dance for Asia International Festival (韓国/2018)
ChangMu Perfroming Arts Festival(韓国/2018)

=================================

Yukio Suzuki is a dancer and choreographer. In 1997 he began studying butoh dance and later performed in works by Ko Murobushi and so on. And in 2000 he founded his own company "YUKIO SUZUKI Projects". The basic principle of his interpretation is not the technique, but the character of the dance language, for which he has been acclaimed even outside of his native Japan. He has been touring around over 40 cities in the world, and his pliant, delicate and tenacious movements have been enthralling the audience. Recently he has also been creating pieces for other dance companies and leads workshops. His works have won several important awards in Japan, and in 2012 he took part in Danse Elargie 2012 at the Theatre de la Ville in Paris, where he placed among the top ten.

"The new realm of contemporary dance pioneered by Yukio Suzuki, an inheritor of the compeling body movement of butoh"
(Quotation from website "Performing Arts Network"Japan")


【Main International Activites】
"agnes b" party /"La Biennale di Venezia" opening performance <1999,Italy>
Contemporary dance showcase 【Japan+East Asia】 <2008,USA/Japan Society>
Indonesian Dance Festival <2008,Indonesian>
HongKong Arts Festival―Asia Dance Platform <2009,Hong Kong>
INCHEON INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL <2009, Korea>
Time-Based Art (TBA) Festival <2010-2011,USA/Portland>
Sibiu International Theatre Festival <2011-2012, Romania>
Boulder Butoh Festival 2011 <2011,USA/Colorado>
Earth Festival 2012 <2012, England>
Danse Elargie 2012 <2012, France>
"55: Music and Dance in concrete" US tour <2012,USA/Port townsend, Arisona, Seattle>
Odisha Biennale 2013 <2013, India>
Time to Dance (Laiks Dejot) 2014 <2014, Latvia, Riga and Cesis>
TANEC PRAHA <2015, Czech>
Singapore International Festival of Arts (SIFA)<2015, Singapore>
Grantee by Asian Coultual Council(ACC)<2015-2016>
Buffer Fringe Performing Arts Festival <2017, Cyprus>
Exchange with STOPGAP dance company "ArtistLAB" <2018, England>
NDA New Dance for Asia International Festival <2018, Korea>
ChangMu Perfroming Arts Festival <2018, Korea>
















Schedule

  

●●AUDITION オーディション●●
2019年3月21日@神奈川県橋本での、鈴木ユキオプロジェクト サイトスペシフィックパフォーマンスに出演するパフォーマーを募集しています。

<オーディション日時>11/19(月)・20(火) 18:30-21:30 *どちらか1日
<オーディション会場>杜のホールはしもと・多目的室
<応募期間>8/15(水)ー10/31(水)
*その他、詳細は、相模原市民文化財団のwebsiteをご覧ください。たくさんのご応募お待ちしております!

We are looking for some dancers who join the site-specific performance (21st March, 2019 @Hashimoto, Kanagawa) choreographed by Yukio Suzuki.
<audition date> 19th (mon) Nov or 20th (tue) Nov 18:30-21:00
<audition venue> rehearsal room of MORI no Hall, Hashimoto, Kanagawa
<apply period> 15th (wed) Aug - 31st (wed) Oct
*For more information, please see the website of Sagamihara Foundation, or contact us by e-mail.

チラシはこちらから The Flyer



10.4 (thu) - 31 (wed), 2018 メキシコツアー Second Term
             Mexico tour -Second Term-


鈴木ユキオがメキシコに滞在し、幾つかのプロジェクトに参加します。詳細は後日、こちらでご案内します。
(助成:公益財団法人セゾン文化財団

【振付プロジェクト「Contagions」】
 鈴木ユキオが現地のダンサーに15日のリハーサルをかけ、振付し、新作を発表します
 10/22-23 (公演) @Teatro de la danza


The second term of Yukio Suzuki's residence in Mexico.
【Choreograph Project「Contagions」】
 Yukio Suzuki will create the new work with local dancers and artists.
 22-23 October (performance) @Teatro de la danza


イメージはこちらから The Image



11.3 (sat), 2018 マチ×マチ フェスティバル
        MACHI×MACHI festival


長野県上田市の「マチ×マチ フェスティバル」に鈴木ユキオが登場します。 犀の角でのショーケース、そしてサントミューゼの大ホール舞台上で開催されるワークショップは、コンテンポラリーダンスの魅力を体験する貴重な機会。研ぎ澄まされた身体表現の可能性、ひたすらに向き合う唯一無二の世界をご堪能ください。

【鈴木ユキオ ワークショップ】
 サントミューゼ・大ホールの舞台上で、一緒にカラダを動かし、感じ、新しい感覚の発見をしませんか?
 高校生以上ならどなたでもご参加いただけます。
 10:00-12:00 @サントミューゼ 大ホール舞台上
 定員:20名(定員に達し次第締切)
 参加無料
 *お電話・サントミューゼのHP内メールフォームからお申し込みください

【鈴木ユキオ ショーケース】
 ゲストハウスやスタジオも併設するスペース「犀の角」でパフォーマンス。
 劇場空間とは違う、臨場感溢れるダンスにご期待ください。
 15:00 start (14:30 open) @犀の角
 料金:500円(全席自由・税込み)*当日受付にてお買い求めください

<<詳細はコチラ>>https://www.santomyuze.com/hallevent/machimachi_suzukiyukio2018/


Yukio Suzuki will join the local art festival "MACHI×MACHI" in Ueda city, Nagano. Yukio's workshop at the big stage of SANTOMYUZE, and mini-performance at the gallery space SAI-no- TSUNO will be held. Please join us!!

【WORKSHOP by Yukio Suzuki】
 Let's enjoy feel and move your body, and get your original dance.
 10:00-12:00 @SANTOMYUZE big stage
 capacity:20 persons(Reservation is required.)
  Admission Free
 +Reservation+ https://www.santomyuze.com/contact/

【MINI-perfromance by Yukio Suzuki】
 The venue is the gallery space which has the studio and geust house and so on.
 Please enjoy Yukio's performance at close range.
 15:00 start (14:30 open) @SAI-no-TSUNO
 Fee:500 yen *only Day Ticket, please come to the venue

+Detail Information+ https://www.santomyuze.com/hallevent/machimachi_suzukiyukio2018/

チラシはこちらから The Flyer



11.30 (fri) - 12.1 (sat), 2018 「ブルーノ・ムナーリ」展パフォーマンス
              Special Performance at the Museum


ムナーリのシンプルで明快な造形思考を導きの糸としつつ、彼の良き理解者だった作家ディーノ・ブッツァーティのエッセイにも想を得た「風が吹くかぎりずっと」。振付家のルカルカ・ヴェジェッティ、美術家の吉田萠、ダンサーの鈴木ユキオ、竹内英明とのコラボレーションから生まれる繊細で遊び心あふれるパフォーマンスが、世田谷美術館の一隅から始まります。

【「ブルーノ・ムナーリ」展記念パフォーマンス】
  ---風が吹くかぎりずっと――ブルーノ・ムナーリのために---
 日程:11月30日(金)・12月1日(土)18:00開演
 会場:世田谷美術館
 定員:各日約70名
 料金:予約/当日:一般3,000円/3,500円 小・中・高・大生1,500円/2,000円
 ※「ブルーノ・ムナーリ」展チケット付き。
 ※ 途中での移動を含む、立ち見の公演です。お体の不自由な方にはイス等をご用意しますので、お申し出下さい。

【予約フォーム】 鈴木ユキオプロジェクト 予約フォーム
【予約・詳細】世田谷美術館 website

  原案・構成・振付:ルカ・ヴェジェッティ
  出演:鈴木ユキオ、竹内英明
  美術:吉田 萠
  音楽:パオロ・アラッラ作曲「Nothing」  


Yukio Suzuki will join the performance choreographed by Luca Veggetti at the exhibition [Bruno Munari: The Man who made Useless Machines]

【Special Performance at the Museum】
    "Tanto quanto dura il soffio: per Bruno Munari"(As long as the wind blows)
Date: November 30 (fri) and December 1 (sat) 18:00 start
Venue: Setagaya Museum
Capacity:70 persons
Fee: adv. 3,000yen /Door 3,500Yen Students Adv. 1,500yen/ Students Door 2,000yen
*including exhibition ticket
*This is round performance. Audience walks around the museum with the performance.

【Reservation/Information】 Setagaya Museum Website

  Concept and choreography: Luca Veggetti
  Artworks: Moe Yoshida
  Music: Paolo Aralla
  Dancers: Yukio Suzuki, Hideaki Takeuchi

チラシはこちらから The Flyer



12.21 (fri), 2018 鈴木ユキオ オープンクラス
       OPEN CLASS by YUKIO SUZUKI


Venue:東京/森下スタジオ Morishita studio, TOKYO
Time: 19:00-21:00 (studio open 18:30)
Fee: 2,000yen (定員20名:Capacity 20 persons)
ご予約 Reservation:kingyo.company@gmail.com


鈴木ユキオプロジェクトのオープンクラス。基礎のカラダ作りから、レパートリーワーク、クリエイションのヒントに繋がるワークまで、幾つかのプログラムを通して、カラダ・ダンスを再認識するクラスです。経験・年齢・国籍全て問いません。
いろいろなカラダ・感覚・意識を自由に旅するようなダンスの時間。丁寧にカラダや感覚を探求し、時に無邪気な子供のように、知らないことに飛び込みましょう。
Yukio Suzuki's OPEN CLASS.To know, hear, and feel the body, will guide participants to move and feel their bodies on a conscious level. Through connecting and separating between body and consciousness, participants will explore their “body of freedom,” opening up a new way of experiencing and moving the body. It all begins when the body is felt carefully.
This class is given in Japanese, but Yukio will guide in English if you need.

チラシはこちらから The Flyer


Latest Works

●堆積 Accumulations●

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine, 堀井妙子 Taeko Horii, 赤木はるか Haruka Akagi and more

premiere: Tokyo/Theatre TRAM, 2016


●春の祭典   The Rite of Spring●

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine

premiere: Tokyo/d-soko 2015


●number NINE●

choreograph and dance: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki

premiere: Tokyo/ DANCE VISION 2016
"NDA New Dance for Asia International Festival" (Korea/ 2018) 参加



●EVENESCERE●

choreograph and dance: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki

premiere: USA/ TBA Festival, 2011
"Butoh Festival" (France/ 2014) 参加
" Cuerpos en Revuelta (Bodies in Revolt) - International Butoh Festival in Latin America-" (Mexico/2016)参加
"ChangMu Performing Arts Festival"(Korea/ 2018)参加


●Lay/ered●

perfomer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 山川冬樹 Fuyuki Yamakawa

premiere: Tokyo/Monnaka Theatre, 2015
"Shingapore International Festival of Arts" (2016) 参加

Archive of YUKIO SUZUKI projects

鈴木ユキオプロジェクトのこれまでの軌跡をすべてまとめたアーカイヴサイトです。
舞踏を始めた頃、SAL-VANILLA、室伏鴻 Ko&Edgeの活動への参加の記録や、
自身のカンパニーの変遷などの情報もすべて網羅しています。
今後、レパートリー作品のリストアップやメディア記事などをさらに充実させる予定です。
The archive website of YUKIO SUZUKI projects opened!!
You can see his some works, details of his activities and many fryers.
We continue to construct.

https://kingyocompany.wixsite.com/yukiosuzuki-archive

Contact Us

鈴木ユキオへの出演依頼や活動に関するご質問はこちらからどうぞ
Please feel free to contact us with questions about Yukio SUZUKI and his projects.

kingyo.company@gmail.com