YUKIO SUZUKI projects

What is DANCE? This's just DANCE.

About

‘97年アスベスト館にて舞踏を始め、2000年より自身の創作活動を開始。しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスで、多くの観客を魅了する。現在は、「YUKIO SUZUKI projects」として幅広く活動展開し、「ダンストリエンナーレトーキョー」「シビウ国際演劇フェスティバル」等に参加。バレエダンサーや小学生、身体に障害のあるダンサーへの振付や「スピッツ」や「エゴラッピン」「plenty」等のMV・「ミナペルホネン」のカタログモデル出演、ダンサーとして、室伏鴻・中村恩恵・小野寺修二・白井剛などの作品に出演。また、舞踏のメソッドを基礎に身体を丁寧に意識するワークショップを各地で開催している。トヨタコレオグラフィーアワードでは、‘05年にオーディエンス賞、‘08年に次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。'12年フランス・パリ市立劇場「Danse Elargie」では10組のファイナリストに選ばれた。

【受賞歴】
2003 STスポット「ラボアワード」受賞。セッションハウス「LBP」観客投票第一位獲得
2005 トヨタコレオグラフィーアワード2005『やグカやグカ呼嗚』にて「オーディエンス賞」受賞
2007 京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート
2008 トヨタコレオグラフィーアワード2008『沈黙とはかりあえるほどに』にて「次代を担う振付家賞(グランプリ)」受賞
2011 「週刊オン★ステージ新聞」新人ベスト1振付家に選出
2012 パリ市立劇場「Danse Elargie 2012」にて10組のファイナリストに選出

【主な活動歴】
地域創造・現代ダンス活性化事業登録アーティストとして、国内各地域での活動を展開
パフォーマンス・キッズ・トーキョー(吉祥寺シアター/2011)(三鷹市公会堂/2016)
セゾン文化財団よりアーティストに対するサポート「フェロー(ジュニア・シニア)」助成(2008-2012年度)
お茶の水女子大学・舞踊教育学コース非常勤講師、日本工学院専門学校・ダンスパフォーマンス科講師、日本女子体育大学や早稲田大学での講師や振付委嘱作品の発表

【海外での主な活動】
香港アートフェスティバル-Asia Dance Platform(2009)
Time-Based Art(TBA) Festival(アメリカ・ポートランド/2010-2011)
シビウ国際演劇祭(ルーマニア/2011,2012)
パリ市立劇場 Danse Elargie(フランス/2012)
Odisha Biennale 2013(インド/2013)
Time to Dance (ラトビア・リガ/2014)
Singapore International Festival of Arts (SIFA)(シンガポール/2015)
TANEC PRAHA(チェコ・プラハ/2015)
Asian Coultual Council(ACC)のサポートにて半年間NYに滞在(2015-2016)
Buffer Fringe Performing Arts Festival(キプロス/2017)

=================================

Yukio Suzuki is a dancer and choreographer. In 1997 he began studying butoh dance and later performed in works by Ko Murobushi and so on. And in 2000 he founded his own company "YUKIO SUZUKI Projects". The basic principle of his interpretation is not the technique, but the character of the dance language, for which he has been acclaimed even outside of his native Japan. He has been touring around over 40 cities in the world, and his pliant, delicate and tenacious movements have been enthralling the audience. Recently he has also been creating pieces for other dance companies and leads workshops. His works have won several important awards in Japan, and in 2012 he took part in Danse Elargie 2012 at the Theatre de la Ville in Paris, where he placed among the top ten.

"The new realm of contemporary dance pioneered by Yukio Suzuki, an inheritor of the compeling body movement of butoh"
(Quotation from website "Performing Arts Network"Japan")


【Main International Activites】
"agnes b" party /"La Biennale di Venezia" opening performance <1999,Italy>
Contemporary dance showcase 【Japan+East Asia】 <2008,USA/Japan Society>
Indonesian Dance Festival <2008,Indonesian>
HongKong Arts Festival―Asia Dance Platform <2009,Hong Kong>
INCHEON INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL <2009, Korea>
Time-Based Art (TBA) Festival <2010-2011,USA/Portland>
Sibiu International Theatre Festival <2011-2012, Romania>
Boulder Butoh Festival 2011 <2011,USA/Colorado>
Earth Festival 2012 <2012, England>
Danse Elargie 2012 <2012, France>
"55: Music and Dance in concrete" US tour <2012,USA/Port townsend, Arisona, Seattle>
Odisha Biennale 2013 <2013, India>
Time to Dance (Laiks Dejot) 2014 <2014, Latvia, Riga and Cesis>
TANEC PRAHA <2015, Czech>
Singapore International Festival of Arts (SIFA)<2015, Singapore>
Grantee by Asian Coultual Council(ACC)<2015-2016>
Buffer Fringe Performing Arts Festival(2017, Cyprus)
















Schedule

● 出演者募集中  Looking for Participants ●
Venue:東京/すみだトリフォニーホール Sumida Triphony Hall, TOKYO
参加無料 Admission Free
ご予約 Reservation:sumidasummer2018@gmail.com
         ●専用応募フォーム●


2018年7月21日、すみだ×新日本フィル交響楽団フランチャイズ30周年「サマーコンサート2018」で、鈴木ユキオが振付するストラヴィンスキー作曲「火の鳥」の出演者を募集しています。すみだ在住・在勤・在学の方(小学4年生以上)なら、経験を問わずどなたでもご応募いただけます。オーケストラの共演をご一緒しませんか?詳細は、上記専用予約フォームかチラシをご覧ください。
We are looking for the participants of Yukio's new creation collaborated with New Japan Philharmonic (The performance day is July 21st). The people who live in Sumida, or work in Sumida or go to school in Sumida. We are looking forward to meeting you!
チラシはこちらから The Flyer


4.21 (sat), 2018 体験ワークショップ for サマーコンサート
         Trial Workshop for Summer Consert

Venue:東京/すみだトリフォニーホール Sumida Triphony Hall, TOKYO
Time: 16:30- (studio open 16:00)
参加無料 Admission Free
ご予約 Reservation:sumidasummer2018@gmail.com
         ●専用予約フォーム●


2018年7月21日、すみだ×新日本フィル交響楽団フランチャイズ30周年「サマーコンサート2018」で、鈴木ユキオが振付するストラヴィンスキー作曲「火の鳥」の出演者を募集しています。こちらは、その体験ワークショップです。どなたでもご参加いただけますので、ぜひご応募ください。
ご希望の方は専用予約フォームからご予約いただくか、メールに「お名前」「性別」「生年月」「連絡先のメールか電話番号」「ダンス・運動・表現の経験の有無とその内容」をご記入の上、ご送信ください。
It is the trial workshop for Yukio's new creation collaborated with New Japan Philharmonic. Please feel free to contact us!! We are looking forward to meeting you!


  

6.7 (thu)-6.11 (mon), 2018 ストップギャップダンスカンパニーとの対話
            Yukio Suzuki_STOPGAP Dance Company EXCHANGE

Venue: イギリス/STOPGAP Dance Company


鈴木ユキオが、イギリスを拠点に活動を展開している、障害を持つアーティストを含むダンスカンパニー「ストップギャップダンスカンパニー」を訪れ、現地のダンサーやアーティストと共に、ワークショップやプレゼンテーションを通して、お互いの創作活動のリサーチを行います。
<参加メンバー>
鈴木ユキオ・ストップギャップダンスカンパニーの障害有/無のダンサー・神原健太・その他欧州のアーティスト
<内容>
・ストップギャップの創作プロセスのプレゼン
・鈴木ユキオワークショップ
・鈴木ユキオと障害者有/無のダンサー達で、創作プロセスのリサーチとシェア

Yukio Suzuki will visit to STOPGAP Dance Company in England for research, conversation, workshop. STOPGAP is one of the most famous dance company consisting of disabled and non-disabled artists. It would be a good chance for them to get to know each other better.
[Participants]
Yukio Suzuki, disabled and non-disabled artists from STOPGAP Dance Company, Kenta Kambara and other artists in Europe
[Program]
// Presentation of the creation process by STOPGAP Dance Company
// Yukio Suzuki's workshop
// Conversation and Research about the creation process of each other
イメージはこちらから The Image


7.21 (sat), 2018 すみだサマーコンサート2018
        Sumida Summer Concert 2018

Venue:すみだトリフォニーホール Sumida Triphony Hall, TOKYO
Time: 14:00 start

【プログラム Program】
I バッハ:管弦楽組曲第 3 番 ニ長調 BWV1068 Bach: Orchestral Suite No.3 in D major BWV1068
Ⅱ ストラヴィンスキー「火の鳥」Stravinsky "Fire Bird"

指揮 conductor:原田慶太楼 Keitaro Harada
振付・演出・出演 choreograph and dance:鈴木ユキオ Yukio Suzuki
出演 Performers:安次嶺菜緒・赤木はるか・竹内英明・町田妙子・宮脇有紀・田花遥・田端春香
         山田暁・鈴木伽実・小谷葉月・栗朱音・一般参加のみなさん

すみだ×新日本フィル交響楽団フランチャイズ30周年記念「すみだサマーコンサート2018」
すみだトリフォニーホールの大ホールを舞台に、ダンスとオーケストラの共演です。新しい舞台の楽しみ方にご期待ください。
Yukio Suzuki will create the new work choraborated with New Japan Philharmonic.


7.26 (thu), 2018 鈴木ユキオ 新作【病める舞姫】
     Yukio Suzuki's new work "Yameru Maihime"(The Ailing Dance Mistress)

Venue:東京/日暮里 d-倉庫 d-soko, TOKYO
Time: 19:30 start (19:00 open)
Fee: <前売 adv.> 一般adults 2,500yen ・学生students 2,000yen (当日 to door +500yen)
  三回券・通し券は劇場でのみ取り扱い
ご予約 Reservation:●ご予約フォーム●

振付・演出・出演 choreograph and dance:鈴木ユキオ Yukio Suzuki
音 sound:井上裕二(Dill) Yuji Inoue


「ダンスがみたい 20」参加公演
鈴木ユキオが、土方巽の著作「病める舞姫」に挑みます。自身のルーツである「舞踏」と改めて向かい合うこの機会に、ぜひお立会いください。
This performance is one of the festival "We want to see a dance vol.20".
Yukio Suzuki will create new piece inspired by the text from Tatsumi Hijikata"s "Yameru Maihime" (The Ailing Dance Mistress). Yukio will confront his root "Butoh" thirough this performance.
イメージはこちらから The Image


9.8 (sat) - 24 (mon), 2018 メキシコツアー First Term
             Mexico tour -First Term-


鈴木ユキオがメキシコに滞在し、幾つかのプロジェクトに参加します。詳細は後日、こちらでご案内します。
(助成:公益財団法人セゾン文化財団

【鈴木ユキオ ソロ公演「number NINE」】
 9/10-11 @Teatro de la Danza, メキシコシティ
【ワークショップ】
 9/13-16 @ 未定(メキシコシティ)
【コラボレーションプログラム「The Circle of unpredictable」】
 9/17-23 @ Casa del Lago, メキシコシティ  *22日・23日はパフォーマンスあり
 参加アーティスト: Adrian Gama (ヴィジュアルアーティスト), Esteban King (キュレーター),
 Aura Arreola (ダンサー), Milo Tamez (パーカッション), Arturo Ortega (エレストロニクス),
 Dora Bartilotti (サウンドアーティスト) and 鈴木ユキオ


This autumn, Yukio Suzuki will visit to Mexico for his creation with local great dancers, another collaboration project with various artists, Yukio’s solo performance and workshop supported by The Saison Foundation.

【Yukio Suzuki's SOLO performance「number NINE」】
 10-11 September @Teatro de la Danza, Mexico city
【Workshop】
 13-16 September @ TBA(Mexico city)
【collaboration project「The Circle of unpredictable」】
 17-23 September @ Casa del Lago, Mexico city  *Performance on 22-23rd
 Artists: Adrian Gama (visual artist), Esteban King (curator), Aura Arreola (dancer), Milo Tamez(percussionist),
 Arturo Ortega (electronics), Dora Bartilotti (sound artist) and Yukio Suzuki (dancer)

イメージはこちらから The Image



10.4 (thu) - 31 (wed), 2018 メキシコツアー Second Term
             Mexico tour -Second Term-


鈴木ユキオがメキシコに滞在し、幾つかのプロジェクトに参加します。詳細は後日、こちらでご案内します。
(助成:公益財団法人セゾン文化財団

【振付プロジェクト「Contagions」】
 鈴木ユキオが現地のダンサーに15日のリハーサルをかけ、振付し、新作を発表します
 10/22-23 (公演) @Teatro de la danza
【ワークショップ】
 10/25-26・10/29-30 @Guadalajara
【鈴木ユキオ ソロ公演「number NINE」】  10/27 @LARVA, Guadalajara


The second term of Yukio Suzuki's residence in Mexico.
【Choreograph Project「Contagions」】
 Yukio Suzuki will create the new work with local dancers and artists.
 22-23 October (performance) @Teatro de la danza
【Workshop】
 25-26・29-30, October @Guadalajara
【Yukio Suzuki's solo performance「number NINE」】  10/27 @LARVA, Guadalajara

イメージはこちらから The Image



Latest Works

微分の堆積 Accumulations

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine, 堀井妙子 Taeko Horii, 赤木はるか Haruka Akagi and more

premiere: Tokyo/Theatre TRAM, 2016

春の祭典   The Rite of Spring

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine

premiere: Tokyo/d-soko 2015

EVENESCERE

choreograph and dance: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki

premiere: USA/ TBA Festival, 2011
"Butoh Festival" (France/ 2014) 参加
" Cuerpos en Revuelta (Bodies in Revolt) - International Butoh Festival in Latin America-" (Mexico/2016)参加

Lay/ered

perfomer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 山川冬樹 Fuyuki Yamakawa

premiere: Tokyo/Monnaka Theatre, 2015
"Shingapore International Festival of Arts" (2016) 参加

Archive of YUKIO SUZUKI projects

鈴木ユキオプロジェクトのこれまでの軌跡をすべてまとめたアーカイヴサイトです。
舞踏を始めた頃、SAL-VANILLA、室伏鴻 Ko&Edgeの活動への参加の記録や、
自身のカンパニーの変遷などの情報もすべて網羅しています。
今後、レパートリー作品のリストアップやメディア記事などをさらに充実させる予定です。
The archive website of YUKIO SUZUKI projects opened!!
You can see his some works, details of his activities and many fryers.
We continue to construct.

https://kingyocompany.wixsite.com/yukiosuzuki-archive

Contact Us

鈴木ユキオへの出演依頼や活動に関するご質問はこちらからどうぞ
Please feel free to contact us with questions about Yukio SUZUKI and his projects.

kingyo.company@gmail.com