YUKIO SUZUKI projects

What is DANCE? This's just DANCE.

About

‘97年アスベスト館にて舞踏を始め、2000年より自身の創作活動を開始。しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスで、多くの観客を魅了する。現在は、「YUKIO SUZUKI projects」として幅広く活動展開し、「ダンストリエンナーレトーキョー」「シビウ国際演劇フェスティバル」等に参加。バレエダンサーや小学生、身体に障害のあるダンサーへの振付や「スピッツ」や「エゴラッピン」「plenty」等のMV・「ミナペルホネン」のカタログモデル出演、ダンサーとして、室伏鴻・中村恩恵・小野寺修二・白井剛などの作品に出演。また、舞踏のメソッドを基礎に身体を丁寧に意識するワークショップを各地で開催している。トヨタコレオグラフィーアワードでは、‘05年にオーディエンス賞、‘08年に次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。'12年フランス・パリ市立劇場「Danse Elargie」では10組のファイナリストに選ばれた。

【受賞歴】
2003 STスポット「ラボアワード」受賞。セッションハウス「LBP」観客投票第一位獲得
2005 トヨタコレオグラフィーアワード2005『やグカやグカ呼嗚』にて「オーディエンス賞」受賞
2007 京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート
2008 トヨタコレオグラフィーアワード2008『沈黙とはかりあえるほどに』にて「次代を担う振付家賞(グランプリ)」受賞
2011 「週刊オン★ステージ新聞」新人ベスト1振付家に選出
2012 パリ市立劇場「Danse Elargie 2012」にて10組のファイナリストに選出

【主な活動歴】
地域創造・現代ダンス活性化事業登録アーティストとして、国内各地域での活動を展開
パフォーマンス・キッズ・トーキョー(吉祥寺シアター/2011)(三鷹市公会堂/2016)
セゾン文化財団よりアーティストに対するサポート「フェロー(ジュニア・シニア)」助成(2008-2012年度)
お茶の水女子大学・舞踊教育学コース非常勤講師、日本工学院専門学校・ダンスパフォーマンス科講師、日本女子体育大学や早稲田大学での講師や振付委嘱作品の発表

【海外での主な活動】
香港アートフェスティバル-Asia Dance Platform(2009)
Time-Based Art(TBA) Festival(アメリカ・ポートランド/2010-2011)
シビウ国際演劇祭(ルーマニア/2011,2012)
パリ市立劇場 Danse Elargie(フランス/2012)
Odisha Biennale 2013(インド/2013)
Time to Dance (ラトビア・リガ/2014)
Singapore International Festival of Arts (SIFA)(シンガポール/2015)
TANEC PRAHA(チェコ・プラハ/2015)
Asian Coultual Council(ACC)のサポートにて半年間NYに滞在(2015-2016)

=================================

Yukio Suzuki is a dancer and choreographer. In 1997 he began studying butoh dance and later performed in works by Ko Murobushi and so on. And in 2000 he founded his own company "YUKIO SUZUKI Projects". The basic principle of his interpretation is not the technique, but the character of the dance language, for which he has been acclaimed even outside of his native Japan. He has been touring around over 40 cities in the world, and his pliant, delicate and tenacious movements have been enthralling the audience. Recently he has also been creating pieces for other dance companies and leads workshops. His works have won several important awards in Japan, and in 2012 he took part in Danse Elargie 2012 at the Theatre de la Ville in Paris, where he placed among the top ten.

"The new realm of contemporary dance pioneered by Yukio Suzuki, an inheritor of the compeling body movement of butoh"
(Quotation from website "Performing Arts Network"Japan")


【Main International Activites】
"agnes b" party /"La Biennale di Venezia" opening performance <1999,Italy>
Contemporary dance showcase 【Japan+East Asia】 <2008,USA/Japan Society>
Indonesian Dance Festival <2008,Indonesian>
HongKong Arts Festival―Asia Dance Platform <2009,Hong Kong>
INCHEON INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL <2009, Korea>
Time-Based Art (TBA) Festival <2010-2011,USA/Portland>
Sibiu International Theatre Festival <2011-2012, Romania>
Boulder Butoh Festival 2011 <2011,USA/Colorado>
Earth Festival 2012 <2012, England>
Danse Elargie 2012 <2012, France>
"55: Music and Dance in concrete" US tour <2012,USA/Port townsend, Arisona, Seattle>
Odisha Biennale 2013 <2013, India>
Time to Dance (Laiks Dejot) 2014 <2014, Latvia, Riga and Cesis>
TANEC PRAHA <2015, Czech>
Singapore International Festival of Arts (SIFA)<2015, Singapore>
Grantee by Asian Coultual Council(ACC)<2015-2016>
















Schedule

9.2 (sat), 2017 【SAYUSA -踊る新嘗祭】
        《Left-Right-Left》

Venue:神奈川/横浜能楽堂 本舞台 Yokohama Noh Stage, Kanagawa
Time: 14:00 start (13:30 open)
Fee: 3,500yen (全席指定 All Seats Reserved)
ご予約 Reservation:ONLINE TICKET SERVISE  TEL: 045-263-3055
詳細はこちらから Detail Information

NY在住のイタリア人演出家・振付家ルカ・ヴェジェッティ氏の作品に、ダンサーとして、笠井叡さん、中村恩恵さんとともに、鈴木ユキオが出演します。
Yukio Suzuki will join the dance project "SAYUSA" at Noh Theatre as a dancer with Mr. Akira Kasai and Ms. Megumi Nakamura.
チラシはこちらから The Flyer


9.9 (sat), 2017 【鈴木ユキオ 土門拳記念館で踊る】
        《Yukio Suzuki meets Ken Domon》

Venue:山形/酒田市、土門拳記念館 Ken Domon Museun of Photography
Time: 17:45 start (Duration: about 30min)
Fee: 1,000yen/高校・大学生 (Students) 210yen/ 中学生以下無料 Under 14 years old FREE
   *土門拳記念館の入館料を含む including the fee of museum
ご予約 Reservation:希望ホール KIBOU Hall

<パフォーマンス後、フォトセッションあり>
幻想的な空間で研ぎ澄まされる身体がダンスを生み出すその瞬間を、写真に収めてみませんか?(参加無料)

ダンサー・鈴木ユキオが、写真家・土門拳と対峙する。
どこまでも広がる水面と、海岸線のような石段、そして静かに佇む、イサム・ノグチ作「土門さん」。
土門拳の全てが詰まったこの場所で、身体と感覚を自由にすること。
きっと誰もが、目の前で起こることを写真におさめたくなる瞬間があるー。
Yukio Suzuki will dance at the outdoor space of Ken Domon Museum of Photography.
You can join the photo session after this performance. Please join us!
イメージはこちらから The image photo


9.29 (fri), 2017 ワークショップ in 酒田
       Yukio Suzuki's WORKSHOP in Sakata city

Venue:山形県酒田市/希望ホール Kibou Hall in Sakata city, Yamagata
Time: 18:30-21:30
Fee: 500 yen
募集人数 Capatity:30名   30persons
ご予約 Reservation:希望ホール KIBOU HALL  TEL: 0234-26-5450 

鈴木ユキオ ワークショップ「カラダから始まるダンス」
みんなが持っている「身体」を意識して、感じることから始めよう。気づいたら、ステキな「ダンス」を踊っている自分に出会うかも!?
Yukio Suzuki's workshop "Dance Begins from Body"
Let's try feel your own body. You will meet your beautiful dance nobady knows.
チラシはこちらから The Flyer


9.29 (fri)- 12.3(sun), 2017 クリエイション in 酒田
         Yukio Suzuki's CREATION in Sakata city

Venue:山形県酒田市/希望ホール Kibou Hall in Sakata city, Yamagata
Time: <前半 First term> 9/29 18:30-21:30, 9/30 18:00-21:00, 10/1 13:00-19:00
   <後半 Second term> 11/30 18:30-21:30, 12/1 18:30-21:30, 12/2 13:00-19:00. 12/3 9:00-13:00 (Prformance start from 14:00)
Fee: 3,700yen / 1,700yen (students)
募集人数 Capatity:20名   20persons
お申込み Application:希望ホール KIBOU HALL  TEL: 0234-26-5450 

鈴木ユキオが、山形県酒田市に滞在し、写真家・土門拳の作品をモチーフにした新作ダンス作品を創作します。現在、この作品の出演者を募集しております。ぜひ、この機会に、一緒に舞台を創りませんか?
Yukio Suzuki will create the dance work inspired from Ken Domon, the famaous photographer. We are looking for the dancers. Will you create it together?
チラシはこちらから The Flyer


10.13 (fri)-14 (sat), 2017 【SAYUSA -踊る新嘗祭】
        《Left-Right-Left》

Venue:USA, NY/ジャパンソサエティ Japan Society, NY
Time: 19:30 start
Fee: $35/$30 Japan Society members
ご予約 Reservation:ONLINE TICKET SERVISE  
詳細はこちらから Detail Information

NY在住のイタリア人演出家・振付家ルカ・ヴェジェッティ氏の作品に、ダンサーとして、笠井叡さん、中村恩恵さんとともに、鈴木ユキオが出演します。
Yukio Suzuki will join the dance project "SAYUSA" as a dancer with Mr. Akira Kasai and Ms. Megumi Nakamura.


11.25 (sat)- 26 (sun), 2017 【堆積 -Accumulations-】
             《Accumulations》

Venue:京都/京都芸術劇場 春秋座 "Shunju-za Theatre", is operated by Kyoto University of Art and Design
詳細はこちらから Detail Information

2016年3月「warp mania #1」@シアタートラム にて発表した【微分の堆積】をリクリエイションして京都で上演します。
ノーベル文学賞受賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチの『チェルノブイリの祈り――未来の物語』をテクストに、男女5名のダンサーが作り出す、静謐でゆがみ続ける空間。人間の無邪気さと愚かさ、そして命のたくましさと尊さが、浮かび上がる。
Yukio Suzuki's latest work《Accumulations》. This work is using the text of "Voices From Chernobyl" from Svetlana Alexandrovna Alexievich.


12.3 (sun), 2017 市民参加作品【土門さんとワタシ】
       Yukio Suzuki's new work 【Mr. Domon and I】

Venue:山形県酒田市/希望ホール Kibou Hall in Sakata city, Yamagata
Time: 14:00 start (13:30 open)
Fee: 1,000 yen / 大学生以下無料 Under Students FREE
ご予約 Reservation:希望ホール KIBOU HALL  TEL: 0234-26-5450 

鈴木ユキオ振付作品「土門さんとワタシ」
子どもの頃の永遠に続く時間。
全てが新鮮で驚きの連続で、怖さと好奇心が混ざり合ったあの瞬間。
そんな記憶を抱きながら、今の僕たちの体で「今」を踊り続けよう。
写真家・土門拳の作品をモチーフに紡ぎ出される新作ダンス作品。公募で集まった一般市民出演者とともに、「今」の身体表現に挑みます。
【Mr. Domon and I】choreographed by Yukio Suzuki
Yukio Suzuki will create new dance work inspired by Mr. Ken Domon, the famous photographer, with people in general.
チラシはこちらから The Flyer


Latest Works

微分の堆積 Accumulations

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine, 堀井妙子 Taeko Horii, 赤木はるか Haruka Akagi and more

premiere: Tokyo/Theatre TRAM, 2016

春の祭典   The Rite of Spring

choreographed by 鈴木ユキオ Yukio Suzuki
dancer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 安次嶺菜緒 Nao Ashimine

premiere: Tokyo/d-soko 2015

EVENESCERE

choreograph and dance: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki

premiere: USA/ TBA Festival, 2011
"Butoh Festival" (France/ 2014) 参加
" Cuerpos en Revuelta (Bodies in Revolt) - International Butoh Festival in Latin America-" (Mexico/2016)参加

Lay/ered

perfomer: 鈴木ユキオ Yukio Suzuki, 山川冬樹 Fuyuki Yamakawa

premiere: Tokyo/Monnaka Theatre, 2015
"Shingapore International Festival of Arts" (2016) 参加

Contact Us

鈴木ユキオへの出演依頼や活動に関するご質問はこちらからどうぞ
Please feel free to contact us with questions about Yukio SUZUKI and his projects.

kingyo.company@gmail.com